借金一本化
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
前のページ  | Home |  次のページ
【芝浦】焼肉 Garden たまち ~厳選和牛をオサレ空間でタッチパネルでカジュアルに♪



芝浦と言えば、食肉市場も近くにある
こだわりの焼肉屋さんが多いエリアというイメージ。



そんな芝浦・田町駅からほど近くのこちらのお店は、
外観はシックで、扉を開けば1階は真っ白で清潔感あるカフェのよう、
しかし2階にあがれば、黒をベースにしたダウンライトで落ち着いたBarのようという、
利用シーンによって使い分けることが出来るなんとも使い勝手のよさげなお店。



1階も2階も、木目と煉瓦、グリーンと同じ要素を使って
どちらも温かみがあるのにこんなに雰囲気が違う演出が出来るのは、
こちらのお店を展開してるのがリフォームやリノベーションなど
住宅事業も手掛ける企業さんだからなのかも。



そんなお店コネタのような情報もさりげなく宣伝してる
タブレットを使ってタッチパネルで注文する、
なんとも合理的な焼肉屋さん。

いいねぇ~、こういう合理的なサービス大好きよ。

スタッフさんがテーブルにつかず離れずでサービスしてくれるお店もいいけど、
焼肉のように親しい人としっぽりとかワイワイ楽しみたい食事は
スタッフさんにあんまりウロチョロされたくない。笑
ピンポンで呼び出しするより、ダイレクトに注文できてスマート。



お店唯一の予約必須なラクジュアリー個室も
タッチパネルサービスならおこもり感もさらに満載でしょう。

直ぐに埋まってしまうので早めの予約が必須というこの個室。
次はこっちでしっぽり楽しみたいワ。



【そば茶】

大きなビルも多い芝浦方面の田町の街を
木枯らしに吹かれながら会社から帰宅を急ぐ
サラリーマンを眼下に見ながらお肉タイムスタート。

イマドキの焼肉屋さんらしく、ヘルシー系のお茶のバリエーションが豊富で
それこそメタボ世代のサラリーマンはありがたい。



【キムチ盛り合わせ】

キムチ、カクテキ、オイキムチ。

単品では、ニラキムチなんて珍しいキムチもありました。



【やみつきのりサラダ】

お店一番人気というサラダ。

韓国のりの風味と、白髪ネギ、ごまの相性が抜群の
まさにボウルいっぱいペロリとやみつきなサラダ。



【プレミアム8点盛り】

厚切りタン、上ハラミ、カイノミ、上カルビ(わきばら)、
カメノコ、シンシン(あしのおにく)、イチボ(おしり)、ランプ(おしり)。

盛り合わせは他に、6点盛り、プレミアム10点盛り、
本日のプレミアムおまかせ盛りとバリエーションもいろいろ。

お肉の部位に明るくない私は、こういう色んなオススメ部位を楽しめる
盛り合わせがあると本当にありがたい。



やっぱり赤身肉さいこう!



【フィレ(シャトーブリアン)】

いいお肉の代名詞『シャトーブリアン』。
ヒレ肉の中でも厳選の希少部位。



こういういいお肉は、スタッフさんに焼いてもらうサービスがある方が
最高の状態で味わえてよいのですが、
まあ、自分で焼いたお肉はかわいいもので多少失敗してもおいしいもの。笑

これも、リーズナブルだからこそ自分で焼くという冒険もできるというもの。



【ジンジャエール】



【厚切りタン塩】

牛タンはやっぱり厚切りがいい。

程よい厚みとまるっとした大きさもあり食べ応えも十分。



表面を軽く焦げ目がつくほどに炙るように焼き上げて
レモンを絞って頂きます。



【黒ウーロン茶】



【トモサンカク】

びっしりときめ細かいサシが入った『トモサンカク』。

モモ肉とは思えない霜降りカラーにおもわずサンチュもオーダー。
お肉を美味しく健康に食べる為には、野菜もたくさん食べないとね。



【サンチュ】

エゴマの葉と辛味噌もついて、
これだけでもサラダ感覚でもりもり食べられそう。



『トモサンカク』もサンチュも、
どちらも程よい厚みがあり大振りにカットされているので
野菜まきまきお肉まきまきにピッタリコンビ。



お肉も野菜もくるりとローリングしてパクリ。

トモサンカクのジューシーな肉汁まで余すことなく包み込んで
ヘルシーにもりもり頂きました。



【焼き野菜】

“青木農園の三浦野菜”と冠された野菜メニューに
どんな感じで登場するのかな?とワクワク待っていたら
なんとホイルに包まれて登場。

おお、なんかじらされてる感じで萌える。

網の上にホイル包みを置いて、ぷっくり膨らむまで待つこと数分。



ホイル包みを破り開くと、蒸気と供にふっくらみずみずしく蒸しあがった
ぴっかぴかの野菜達がお目見え。

彩りよい根菜やキノコ達、特にズッキーニが甘くてジューシー。



【ソーセージのチーズフォンデュ】

チーズフォンヂュといえば、野菜やパンなど
女性的な彩りもよいヘルシーなメニューというイメージがありますが、
こちら、やっぱり焼肉屋さんで若い男性向けなのでしょうか、
ソーセージがメインというわんぱくさ。



焼肉屋さんのチーズフォンデュは、
もちろんチーズを温めるのは網の上。



ソーセージも網の上で焼いてから、
ぐっつぐつのチーズを絡めてアッツアツを頂きます。

ぷりっとほとばしる肉汁に絡まる濃厚なチーズ。



【ジャスミンティ】

華やかな香りでさっぱりと。



【和牛にぎり(2カン)】

ちょっと想像と違う和牛にぎりが登場。

シャリの上のネタは、アラカルトメニューにもある
『和牛ローストビーフ昆布〆』がON。

アラカルトでオーダーしようかなと思ってたメニューだったので
ここで再会できるとは得した気分♪



【ソルティライチ】

甘いドリンクでデザートタイムに突入。



【森永アイスクリームトリオ(塩大福、草餅、マミー)】

田町と言えば、ご存じの人も多いかと思いますが、
駅前にドドンと森永製菓さんがある街でもあります。

ってことで、この森永アイスクリームトリオ、
特に『マミー』のシャーベットはなんとも懐かしい
ショリショリと甘い味わい。 (*´艸`)

お肉食べた後にさりげなく乳酸菌摂取。



2階はシックなBarみたいな雰囲気と形容しましたが、
実は焼肉屋さんなのに焼き場の無いカウンター席もあり
焼肉せずにお酒だけを楽しみに来るBar利用のお客さんもいらっしゃるそう。

店内も、ご近所と思われるサラリーマンさん達で賑わっていて、
厳選和牛をリーズブルで味わえるということで、
若いサラリーマングループがいたのも印象的。

焼肉なんて、上司におごってもらうものだと思っていましたが、(笑)
最近の若いサラリーマンは違うんですね~。

というか、このコスパのよさは上司におごらせなくても(笑)
普通に若い世代でもカジュアルにスマートに焼肉を楽しめるお店だと思いました。













--------------------
焼肉 Garden たまち
 ⇒ 公式サイト食べログぐるなび
住所 : 東京都港区芝浦3-14-17 肥後ビル 1F・2F
--------------------














tag : 浜松町~田町
 ≫和食 | 【2018-01-18(Thu) 21:47:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【中目黒】焼肉 ぽんがぜろ 中目黒店 ~今年の焼肉はじめはとりわけイイお肉を高コスパで♪



中目黒、ちょっとご近所ごはん。

今年最初の焼肉、“焼肉はじめ”はイイお肉で♪

お店は、同じ系列の目黒にある『韓菜園 焼肉ぽんが』がとても気に入ったので、
中目黒のお店も行きたいなとチェックしていたこちらへ。



中目黒駅から祐天寺方面へ高架沿いを徒歩数分。

飲食店が数店入ったビルの2階にあります。
この飲食店ビル、なかなかよさげなお店がいろいろ入ってそうで
美味しそうな雰囲気を放ってました。笑



店内は、フロアにテーブル席がいくつかと、
その周りを囲むように個室が数室。
個室は、テーブル席と小上がりの和室がありました。

どの席も、大人数でにぎやかにというより、
カップル二人連れとか3~4人でしっぽりという落ち着いた雰囲気。
さすがナカメ~。



【BENIジュース】

ハイビスカスの甘酸っぱいソフトドリンクで乾杯。



【ぽんがZEROサラダ】

まずはサラダでベジファースト。

店名を冠したサラダは、ごま油と塩胡椒のシンプルなドレッシング。
たっぷりの白髪ねぎといりごまが、これまたシンプルなアクセントに。

こういうシンプルな味が一番やめられないとまらなくなる。



【炙りユッケ】

ユッケ大好き人間がオーダーしないわけないひと品。

表面を香ばしく炙られた、鮮度の良さを感じさせる美しいお肉の小山に
明るいオレンジ色の大きな卵黄がオン。



ほんのり甘みを感じるさっぱりしたタレに
卵黄がまろやかに絡んで蠱惑的なあじわい。

ふわぁぁぁ、やっぱりユッケはやめられない。



【白センマイ刺し】

センマイは脂肪が少なく鉄分、亜鉛が豊富とのことで、
隠れ貧血の私は迷わずオーダー。

丁寧な下処理を感じさせるセンマイはまっしろ純白。
シコシコしゃきしゃきのセンマイの歯ごたえと
千切りキュウリと白髪ねぎのみずみずしい食感が楽しいひと品。

センマイ自体にほのかな酸味で味が付いていますが、
添えられた甘辛味噌をちょちょっと付けて食べてもまた
ひと味違った味わいが楽しめます。



【とうもろこしのひげ茶】

韓国焼肉屋さんといえはやっぱりひげ茶。

この香ばしい香りがたまらん。



【お通し : みそったれキャベツ】

小葱?たっぷりの甘辛味噌ダレとしんなりキャベツ。
キャベツを食べる手が止まらない魅惑の味噌ダレ。



【自家製キムチ盛り合わせ】

キムチ、オイキムチ、カクテキ。

辛すぎない、旨味で甘くまろやかな辛みのキムチ。
オイキムチは水キムチ?でさっぱりお口直しにちょうどよい。



【混ぜナムル(挽肉入り)】

ぜんまいや小松菜、人参、もやしなど、野菜ナムル盛沢山の中に、
たっぷりのひき肉ときざみ韓国のりで、パンチと食べごたえ満点。

ただの複数ナムル和えではなく、挽肉サラダ的なボリューム感。



七輪も入って、いざ!肉焼きの準備は万端!



【特選厚切りタン塩】

タンはやっぱり厚切りが一番タンの旨味も食感も
余すことなく楽しめると思っているので、
メニューに“厚切りタン”の文字を見つけた時から
スタッフさんがイチオシですとオススメしてくれなくても
オーダーしようと思っていました。笑



厚みのあるタンをじっくり四面八方を焼き付けることで
中に肉汁がたっぷり詰まってぱんぱんに膨れてきたら食べごろ。



レモンと岩塩をオススメされましたが、
シンプルにレモンだけを搾って頂きました。

ぱっつんぱっつんのタンにサックリと歯が入るサクサク食感。
あふれる肉汁、だけどくどくない、サラリとした脂がいいね。



【特選厚切りハラミ】

“厚切り”第二弾はハラミ!





シンプルにわさびで。

適度な脂肪が焼かれるととろけていって、
やわらかな肉質の中に噛みしめるほどに赤身のコク。



【レモンンスカッシュ】

レモンより蜂蜜?シロップ?の甘みしっかりの
関西の『ひやしあめ』を思わせる味わい。



【特選フィレ肉ステーキ(150g)】

厳選稀少部位からのチョイス。
特選のヒレ肉がどどんと150g!贅沢!

“脂肪が少ない部位”として知られるヒレ肉ですが、
イイお肉ともなるとこんなにサシが入ってるのね!
こんなに霜降ってて赤身肉とか言っちゃっていいのか?!

そんなことを考えながら、
うっとりの美しいお肉を見つめる至福の時間。笑



お肉はスタッフさんが焼いて下さるので安心。

こんな上質なお肉、自分で焼くより心得たスタッフさんが
最適の状態で焼き上げてくれるのを
口を開けて待っている方がいいに決まってる。

焼き網もこまめに(ホントにこまめに!)取替て下さるホスピタリティ。



薬味は、わさび、一味唐辛子、おろしにんにくとお醤油。

シンプルにわさびで頂きました。

あれだけ繊細なサシが入っていたので、脂を覚悟したのですが、
舌の上で脂がほぐれるようなやわらかさながらも
赤身の旨味がぶわっと広がり後味はさっぱり。

やっぱり繊細な赤身肉なんだなと改めて思い知らされました。



【海鮮ニラチヂミ】



たっぷりの野菜と海鮮が入ったもっちりとした生地。
表面はカリっと、中もっちもち。

タレが添えられていましたが、素材の味を引き立てた薄味仕立てで
そのままで十分おいしくサクサクぺろりと平らげました。笑



【すりおろし梨ジュース】

すりおろした梨のシャリシャリしたのど越しがジューシー。
これも、韓国焼肉屋さんで定番のドリンク。



【アロエジュース】

アロエの果肉たっぷりのさっぱり系ドリンク。



【厳選 おすすめ赤身肉5点盛り】

カメノコ、マルカワ、シンシン、トモ三角、イチボ。

特選ヒレに続いて、赤身メニューをチョイス。



これこそスタッフさんに焼きをおまかせすべきお肉盛り。

食べてみて改めて部位によって味わいも食感もまったく違うんだなと。
部位に合わせてスタッフさんに最適に焼き上げてもらうのが吉。



『トモ三角』が本日の赤身一番のお気に入りに。



【イチボの焼きしゃぶ】

おすすめ&稀少部位メニュー。

大判のイチボと、日本一こだわり卵にひとくちご飯がセットで登場。



私が焼いたら一発でお肉縮れちゃうわ焦がすわで大変だろうな~
と思う大判のやわらかいイチボを、
職人技でサササッと焼き上げるスタッフさんステキ。



焼き上がったイチボをくるくるとまとめて、
濃いオレンジ色の卵黄にオン。

メニューにもあった、“日本一こだわり”というこの卵、
実は、『日本一こだわりの卵』という名前の卵。なるほど。



そんな『日本一こだわりの卵』
たっぷり絡めたイチボをひとくちご飯にオン。

ひと口分だけど、全部をお肉で食べてしまわずに半分残して、
残りの半分のご飯に余ったタレ付きの卵をかけてTKG。



【極上ホルモンミックス盛り】

その日のオススメ部位が盛合せで提供されるこちら。
この日は、サクサクミノ、上ミノ、ヤン、極みホルモンでした。

初めて聞く部位『ヤン』とは、(写真左上)
牛の2番目の胃(ハチノス)と3番目の胃(センマイ)をつなぐ部位。

ぱっと見、白いゴマダレにでも和えてあるのかと思ったほど
網目の脂に包まれたホルモンの部位。



しかし焼き始めると、センマイらしい網目模様が。

これがとろける脂身とふわふわサクサクした食感で
なかなか病みつきになるホルモンでした。



【石焼チーズピビンパ】

『石焼ピビンパ』にはチーズありなしがあり、もちろんチーズありで!



こちらも、肉焼きと同じくスタッフさんにおまかせして
ザカザカまぜまぜして頂きました。

チーズも玉子もイイ感じでオコゲができて、
カリカリ部位ととろとろ部位が絶妙のバランス。



【ユッケジャンスープ】

ご飯のお供にスープは必須!ってことで、ユッケジャンスープ。

4種類あるスープの中でも、“食べるスープ”と言われるほど
たっぷりの野菜と玉子、お肉でボリューム満点。



辛みもあるけど旨味やコクが強いので、
たっぷりの具材も美味しく堪能しながらぺろりと完食。



【“コラーゲンたっぷり”コムタンスープ】

コムタンスープも美味しかった。 (*^^*)



【ルイボスティ】

抗酸化成分たっぷりのノンカフェインなルイボスティで
焼肉の後をさっぱりと。



【ダークチョコレート】、【ホットしょうが茶】

デザートにダークチョコレートな濃厚アイスと
身体を温めるホットなしょうが茶で〆。



女性の美や健康に嬉しいソフトリンクが色々揃っていて、
ノンアル派だけでなく、焼肉ってヘビーってしり込みしている
メタボーなお方もヘルシーに焼肉が楽しめそう。

何より、厳選されたA4・A5ランクの黒毛和牛や、
こだわりの野菜や卵、手間暇かけた自家製へのこだわりを
このお値段で楽しめるのは本当にコスパが高すぎ。

大満足な2018年焼肉はじめになりました。 (*^^*)




--------------------
焼肉 ぽんがぜろ 中目黒店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS中目黒 2F
--------------------












tag : 代官山~中目黒
 ≫各国料理 | 【2018-01-14(Sun) 20:49:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【三軒茶屋】お肉とオーガニック野菜 マルノワ‐marcnoir‐ 三軒茶屋 ~コースのコスパが高すぎる★今日足りなかったビタミンをオーガニック野菜サラダで♪



今年最後の忘年会は、オサレタウン三軒茶屋で。

シンプルな構成のコースがとてもボリューム満点でリーズナブル。
しかもそれが、ヘルシーオーガニック野菜とがっつり塊肉料理の
両方が楽しめるとあってはコスパ高すぎ。



女性はもちろん、男性も満足できそう。
ワイン好きなら店長さんのこだわりのセレクトできっと楽しめるはず。



あいかわらず三軒茶屋は小路が入り組んでわかりづらい。

さらに、こちらのお店、不動産屋さんの2階にあるのに気付いても、
2階への行き方が分かりづらい。笑

ビル裏手(横手?)の階段を上ったらお店の真っ赤な扉がお出迎え。
オーガニクでグリルでサラダなBARという看板を見てテンション上がります。



本日は、3種類あるコースのうち真ん中のコース。

コースはどれもその日入った新鮮な食材で作るコースということで、
ビタミンサラダ、メイン、冷前菜(盛合せ)、バケットと
構成だけ提示してあるシンプルなもの。

店長さんがセレクトしてくれるワインがオススメということで、
『このコースの安さは、ワインのツマミ程度の量なのかしら、、、』
ノンアル派は心配になるほど。

まあ、そんな心配は全くご無用でした。



【San pellegrino】

イタリアなガスミネが置いてあるので、
どうやらイタリアンなお店なのかしら?と思ったり。



ご一緒のみなさんは、【泡・白・赤のグラスワイン3種セット】
をオーダーしていたので、テーブルはまるで試飲会のような様相に。

ひとりひとりの好みを聞いたうえで、店長さん(たぶんw)が
オススメワインをセレクトして下さいます。



【お通し】

『濃厚オマール海老の冷たい茶碗蒸し』。

オマール海老の旨味濃厚で、さらに茶碗蒸しというより
パテやペーストみたいな舌触りもしっかり濃厚。



【ビタミンサラダ】

『今日足りなかったビタミンサラダ』と謳っているのも納得。
40種類以上の無農薬野菜、有機野菜を使った上に、
さらにボリュームまで満点なサラダ。



私のポンコツ写真では伝わってないのがもどかしいこのボリューム。

無農薬、有機野菜をこんなにてんこ盛りにして
このコース料理の料金で大丈夫なのかしら?と心配になるほど。

葉物野菜や根菜はもちろん、フルーツから雑穀までバラエティー豊か。



【バケット】

フィセルくらいの少し細めサイズで、
クラスト厚めのバリバリと中むっちりな感じが好み。



【冷前菜(盛合せ)】

お皿がテーブルに来た瞬間、思わずうわぁ!と歓声があがる。

お皿の大きさというボリュームもだけど、
15種類というバリエーションの豊富さにも感嘆の声。



『新食感のサーモンマリネ』、『下仁田葱と白魚のフリット』、
『モンサンミッシェル産 ムール貝と木の子ののマリネ』、
『天然ブリとアボカドのタルタル』、『カキのコンフィ 赤ワインビネガー風味』、
『切りたてパルマ産生ハム』、『ロースハム』、『モモハム』、『短角牛サラミ』、
『とりあえず。田舎風パテ』、『白レバームースのカナッペ』、
『無農薬のキャロットラペ』、『紫キャベツマリネ』、『セロリマリネ』、『オリーブ』

サーモンマリネと聞くと、ぺらっぺらのサーモンを想像するかもしれませんが、
こちらのサーモンマリネは肉厚!
低温調理したサーモンは、お刺身のようであり、
もっとなめらかでシルキーな別の何かのようでもあり。



パテドカンパーニュ、レバームース、サラミ、生ハム、2種類のハムと
シャルキュトリもバリエーション豊か。

『北海道エゾレ社シャルキュトリ盛合せ』というメニューもあったので、
そちらの製品なのかも。



【ジンジャエール】



【ウーロン茶】

ノンアルをヨナヨナエールのグラスで出してくれる嬉しさよ。



【メイン】

『とてもしっとりなんです、大山とりの胸肉が。真空調理。』、
『エゾ鹿のステーキ』、『スペイン産 イベリコ豚』

鶏、鹿、豚と3種類のお肉が塊肉の低温調理でそろい踏み。



野趣あふれる赤身の旨味のエゾ鹿も、
きめ細かくサシが入り、程よく水分が抜けて
脂と赤身のまろやかな旨味が凝縮されたイベリコ豚も
よかったですが、やっぱり大山どりの低温調理が秀逸!

鶏ハムのようであり、しっとりなめらかな食感は中トロのようでもあり。
かけられたクリームソースがまたとろけるシチューのようで肉が飲めそう。笑



【本気で作った普通のオムレツ】

とろけて飲めそうと言えは、アラカルトでオーダーしたオムレツ。

3種類のハーブとチーズ入り。
ハーブは、タイム、ローズマリーともう一つはなんだっけ?セージ?



玉子焼きにはネギが天下一品だと思っていたのですが、
チーズ濃厚な卵料理には少しクセのあるハーブもぴったりなのね。



【ミモレットチーズたっぷり じゃがいものクリームグラタン】

その名の通り、ミモレットが山盛りで登場。
これはチーズ好きはオーダー必須!



ホワイトソース絡むざく切りにされたホクホクのポテトがたっぷり。

ホワイトソースにもポテトの量に負けない
たっぷりミモレットの濃厚な味わいがクセになるグラタン。



コースが品数少な目でリーズナブルだったので、
回転率の高いバル感覚のお店かと思いきや、
どのお客さんものんびりお料理とワインを楽しんでいる
居心地の良いお店。

おせち料理も受付けているらしく、
ご近所さんや常連さんが多いお店なのかなと。



のんびりしすぎてデザートを食べそびれたので、
次回は『デザートプレート盛り合わせ』(なんと5種類!)を忘れずに
イベントごとかなにかの際に利用してみたいと思います。





--------------------
お肉とオーガニック野菜 マルノワ‐marcnoir‐ 三軒茶屋
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-16 2F
--------------------














tag : 世田谷区
 ≫BAR・BAL・BISTRO | 【2017-12-14(Thu) 22:22:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ  | Home |  次のページ