FC2ブログ
借金一本化
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ(タブ)
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
八重洲 魚錠 八重洲店


食べ比べイベントのお次は、 (→過去記事
『魚錠』さまの自慢の魚料理を味わうという名目のもと、大宴会の開催♪



瓶ビールが長テーブルに並ぶと宴会っぽいですよねー。 ^^



カスターセットの奥に見えるお醤油、魚錠さま特製の『魚錠こだわりの醤油』。
お魚を美味しく頂く為に、お醤油にもこだわっているそうです。

まずは一杯、と落ち着く間もなくお料理がどんどん運ばれてきます。
これだけビールの写真を出してなんですが、私が飲んだのはウーロン。


【刺身: 本気の刺し盛り(2~3人前)】

魚錠さまの「本気でやれ!」というポリシーから誕生した【本気の刺し盛り】。

お値段のことを言うのはヤボってものですが、
軽く3人前のこの刺し盛りで980円。
生シラス、マグロ、真鯵、平貝、ハーブ鯖、平目、鰹のたたき、タコ。



長崎の新しいブランド魚、ハーブで育てられた【ハーブ鯖】。
これは、脂はのっているんだけど軽くて、でもしっとりとした身肉。

ハーブの効果で、鯖自体が健康になり風味がよくなるだけでなく
抗酸化作用とかで日持ちもよくなるんですって。
えー、魚にもハーブが効くんだ! Σ(゚□゚



これ、平目って言われていたけど、何ていうヒラメだろう?
身がやわらかくて、これも美味しかったわ~。


【サラダ: マーメイドサラダ & 海鮮ポテマヨサラダ】

通常メニューは【マーメイドサラダ】と【海鮮ポテマヨサラダ】は別々のものですが
今回は一緒に盛ったそうです。 オトコ前!


【焼き物: マグロ頭、カマ焼き】

どーん!どどーん!

マグロのカシラ焼きをそのまま食べるのは初めてです。
しかもでかい。

なんで正面からちゃんと写真を撮っていないかって?



このデカイ胸ビレが邪魔して、うかつにお皿を動かせないからですよ!
テーブルの端を突き抜けてました。 豪快だけどジャマ。



お頭といったら、もちろん目の周りの一番ウマイところは頂きました。
目の周りの筋肉のキュッと締まった肉に、目のところのとろとろしたコラーゲン。



伊藤社長さまのマグロのお頭持った『ドヤ顔』も炸裂。

このマグロのカブト焼きは、何円か以上のコースメニューへの
オプションとしてしか提供されていないようです。


【煮物: メローの煮付け】

メロって銀ムツって名乗っちゃいけないお魚ですね。
正式名称は何とかアイナメ。
(『マジェランアイナメ』でした。Wikipediaさまさまだわぁ~。)

絶対憶えられない。 マゼラン海峡アイナメ。



ふっくらとした身と、ぷるんとした皮身。

少し濃い目に甘辛く煮付けられていたけど、身の厚みもあるし
皮目のゼラチン質もたっぷりなので、薄味好きの私でも苦にならない。
これまたたっぷりの白髪ネギも良いアクセント。

お魚の煮付けが大好きなので、
居酒屋なのに煮付けがあるっていうだけでポイント高い。 (*^^*)


【揚げ物: はだかいわし、赤アンコウ、特大エビフライ、めひかり】

初めて食べるお魚があると嬉しい。

『はだかいわし』と『赤アンコウ』は、そのお魚自体が初対面だし、
『めひかり』はフライで食べるのは初体験♪ (*^^*)

エビフライ以外のどの魚も、骨ごと食べられるので
カルシウム摂ったーって満足感。



魚錠さまでは、水揚げされたけど商業ベースに乗らない魚、
消費者に支持されない魚など、美味しいのに評価が低くなり、
漁師も採算が合わず獲らなくなってきている魚をどんどん取扱い、
様々な調理法で美味しい魚料理として提供。

そんな消費者にとって『珍しい』、けど美味しい魚に
スポットライトを当ててくれるのだそう。
よかったのぅ、お魚さん。 ・゚・(ノД`;)・゚・

私も、食べたことが無い地方の美味しいお魚が
東京で食べられて嬉しいわぁ。


【焼き: マグロ頭、カマ焼き(キハダマグロ)】

マグロのカブト焼き再び。
今度は少し小ぶりのキハダマグロさんが登場。

せっかく登場してもらったけど、
タイムオーバーで食べられなかったのが心残り。。。
これはさすがにパッキングできないだろう。



テーブルがセッティングされて何が始まるのかと思ったら、、、



板前さんお二人でライブ握り寿司。
30名あまりのお寿司をどんどん握って下さいました。


【寿司: アナゴ、ヒラメ、マグロ(ダルマメジ)】



ヒラメのお寿司、この艶めかしいフォルムがまたなんとも。 (*´艸`)

しっとりとやわらかく、そして少し弾力のある歯応え。
私には少しシャリが大きいけど、
普通の人なら満足感大のボリュームだと思う。



そして、今日はよい金目鯛が入ったからと、ご好意で握り追加。



むーん!

これまた妖艶なお姿。
そしてその形容のごとく艶めかしく官能的に喉元を過ぎていく。
あぁ、旨いものって儚いのよねぇ。 c=(*´ `*)



そしてまたなぜかマグロ追加。

今日の食べ比べの成果を試すべく、何マグロか推考。
…う~ん、、、メ、メバチ、かな??

答えは分からず。


【汁物: あら汁】

お寿司を食べた締めはやっぱりあら汁ですな。

このあら汁、「赤だしだろ、味噌汁は!」という
生粋の名古屋っこである伊藤社長もお墨付きの、
なんと『白味噌』仕立てのあら汁。

白味噌らしい甘みとコクが濃厚なところが、
きっと赤出汁の深みのあるコクを彷彿とさせるからでしょうか。
どちらも味噌が濃厚なあら汁だと思う。

私にはちょっと甘すぎたかな。
あら汁は潮汁なみにアラの出汁が効いたほうが好みだから。



魚錠さまではお得なランチもやってます。
たしかGW明けからレディースランチもするとかしないとか。
記憶が曖昧ですわ。 (´∀`;A``

今後はメニューに洋食系も加えようかと検討されているということで、
例えは?と尋ねたところ、
「フィッシュ&チップスとかね。」と返ってきた。

おお!それはいいっ! (*゚▽゚*)

ダレンとダレたフィッシュ&チップスも、『らしくて』いいけど
美味しい白身で作られたフィッシュ&チップスも味わってみたい。
今は特に『名古屋色』を出した料理は提供していないということですが
タルタルの赤味噌アレンジとか、名古屋の旨味を取り入れるのはありだと思う。
魚屋にとらわれない魚屋さん、楽しみ~♪ ^^


----------
魚屋の居酒屋 魚錠 八重洲店
----------

*****



素敵なおネエさんが、意気揚々と嬉しそうに取り出したるは、、、『福子宝飴』。

天下の奇祭『豊年祭』、別名『ち●こ祭』のヤツか!
と思ったけど、Google先生に聞いてみたらどうやら川崎でも
そんな奇祭があるらしい。

どっちなの?! ネエさん!! <(´□`;)>``

今頃オウチで美味しく頂いてるのかしら。 (*´艸`)



そんな素敵なおネエさんにお土産頂いちゃいました。 Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!

きゃー!! 嬉しいけど、私何も用意していなかったから恐縮しちゃう。
でも、ロクシタンのハンドクリーム、
そろそろ買わなきゃと思っていたから嬉しいっす!

ありがとうございます~♪ (*^▽^*)

しかし、自慢げに『福子宝飴』見せびらかした後に
センスよいロクシタンのプレゼントを渡すなんて。笑
そんなふり幅の広い、素敵なおネエさんに惹かれまくりです。 (*´艸`)




魚屋の居酒屋 魚錠 居酒屋 / 日本橋駅東京駅三越前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト




tag : ブロコミ! 丸の内~八重洲 魚料理 居酒屋
 ≫和食 | 【2011-04-26(Tue) 22:03:18】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
呼んじゃいました(笑)
ご訪問&コメントいただきありがとうございます。

シーモネーター師匠さまのブログ、
私もよく拝見させて頂いております!
師匠さまも会場でお会いしてみたかった方の一人だった!
そういえば。笑

弟子も負けてないですねー。
ひとり遊びが(も?)お上手なようで。 (*´艸`)

美味しいものが目の前にあると
食い気一色になるから、ダメですねー。 (´▽`;)ゞ
2011-05-04 水 20:03:11 | URL | utsuro #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-04 水 18:35:22 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |