FC2ブログ
借金一本化
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ(タブ)
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【町田】地鶏と本格和食 無尽蔵 町田駅前店 ~名古屋コーチンの旨味たっぷりのしゃぶしゃぶは〆のうどんすきまでぺろり♪


特段、鉄子でもなんでもないのですが、
踏切があるような私鉄が走る郊外に行くと
行き交う電車を眺めたくてムダに踏切にひっかかる
そんなイナカモノ(ヒマ人ともいう)です。



こちらのお店は、そんな開かずの踏切がある
小田急線・町田駅の東口側、踏切脇にあるビルの地下1階。

マツキヨと踏切に挟まれた茶色のビル。
細長いし入口が奥まったところにあるので、うっかり通り過ぎられそう。



エレベーターを出てからたくさんの一升瓶にお出迎えされる。

しかし、私の目に留まったのは“名古屋コーチンのすきやき”の文字。
夜はすっかり冷え込んできて、やっぱりお鍋が恋しくなる季節。



【名古屋コーチンのしゃぶしゃぶ鍋】

そして、さっそくオーダーしたのは“しゃぶしゃぶ”。

だって、濃い系よりあっさり系が食べたくなったのですもの。笑
しっかり味濃いめのお鍋はもっと寒くなるまでとっておきます。

キラキラと煌めく黄金色のお出汁に、
香ばしく焼かれた焼き葱の緑が映えだわぁ~。



きのこスキーの心を鷲掴みにするきのこの山に、
お花のように繊細に盛り付けられた、薄切りの名古屋コーチン。

さすが地鶏の代名詞“名古屋コーチン”サマ、
肉質のよさを感じさせる赤みの濃い身肉に、
濃厚な旨味がぎゅっと詰まってそうな濃いクリーム色の脂身。



その美しく盛り付けられた名古屋コーチンさんに敬意を表したくて(?)
うっかりそのままお鍋にIN。

、、、してから思い出した、
そういえばコレ、しゃぶしゃぶだった。爆



ちょっと火を通しすぎたかしら、、、と心配になりましたが、
切り方がお上手なので名古屋コーチンらしい弾力のある肉質を
むぎゅむぎゅっと楽しめるちょうどよさ。

噛むほどに味わい深い名古屋コーチンさんから染み出たお出汁がまた美味しくて、
お好みでポン酢をオススメして頂きましたが、お出汁だけで十分。



【フリージングハイボール】

熱々のお鍋で温まった身体をクールダウンしてくれるのは、
キンキンに冷えたフリージングハイボール。



うれしいキノコてんこ盛りには、ポン酢をたらして頂いてみました。

濃厚な名古屋コーチンの旨味が染み出たお出汁に
酸味がプラスされてさっぱりと。



【出汁うどんすき】

他にもいろいろ食べていたのでお鍋の〆はいいかなぁ~、
と思いましたが、『〆はうどんすきがありますよ』とスタッフさんが教えてくれて
やっぱり追加オーダー。笑

薬味に九条葱がたっぷり盛られて贅沢。



おうどんさんは、お出汁を吸わせてやわやわになるまで煮込むのが好み。
(たぶん、四国を除く西日本の人はそうなんじゃないかな?)

名古屋コートンの旨味染み出たお出汁をたっぷり含んだおうどんは
うまい脂をまとってキラキラ。
ちゅるるるると一気に啜ってお腹ぽかぽか。



【お通し : 肉巻き(名古屋コーチン)、茄子の煮浸し】

もちろん、しゃぶしゃぶ鍋だけでなく他にもいろいろ。

お通しから名古屋コーチンを使った前菜にテンションがアガる。
冷製にしてさらに増した肉々しい弾力。
力強い旨味には柚子と茗荷がさっぱりでぴったり。



【九条ネギと豆腐の金胡麻サラダ】

茗荷もそうですが、薬味スキなので九条ネギを冠したサラダをチョイス。

お豆腐サラダということであっさり系かと思いきや、
コク深く香りのよい金胡麻ドレッシングで
ヘルシーササミやお豆腐のサラダなのにしっかり食べ応えアリ。



【季節の鮮魚五点盛り合わせ】

秋刀魚、勘八、鮪、中トロ、帆立の5点盛り。

塩で食べる中トロの焼き霜造り(湯引きだったかな?)が
ひと手間かかってさっぱりと。



秋の訪れを感じさせる秋刀魚は、九条葱を合わせた生姜で。

ひと手間くわえた薬味がこれまた美味しくて♪
塩の中トロと合わせてもおいしかった。



鶏が自慢のお店に来てこんなことをいうのも憚られますが、
魚スキーの心をガッツリ掴んで離さなかったのがこの勘八。

とりあえず刺し盛りオーダーしたけど、
後でメニューで気になった『ごま勘八』オーダーしよう~
と考えていましたが、まさかの刺し盛りにご登壇。

なにこの脂ノリっのりの厚切り勘八!

お醤油につけた時のパっと広がる脂が、その脂ノリのよさを物語る。
細かく入れられた飾り包丁がまた、皮目をキラキラと見せ、
厚切りの脂ののった身はぷりっと程よい弾力となめらかさ。



余談ですが、帆立はヒモ好きな私。

甘みのあるやわらかでコリッコリの食感がよろし。



【手捏ねつくねの朴葉焼き】

私の写真の腕前ではこの朴葉焼きの大きさが伝わらなくて無念。
そんじょそこらのナンよりデカイよ!(分かりづらい)

なにげに、素揚げの舞茸と茄子が
まるごと秋をほおばっているようでシンプルに美味しい。
手鞠のような可憐な飾り切りのラディッシュ、
これは食べるべきか迷った。(どーでもいいww)



主役の“つくね”は、大きくてパリッパリの朴葉から外しづらいという難点はあれど、
卵でふっくらやわらかなつくねの中にはたっぷりのネギとコリコリ軟骨入り。

テリテリの甘辛いツメタレに、たっぷりの九条葱の香味がアクセント。



【カルピスソーダ】



【わらび餅と抹茶アイス】

お鍋で温まったらアイスでクールダウン。



黒蜜たっぷりかけて、甘党もご満悦。



U字の通路を取り囲むように個室のシックな扉がズラリと並び、
お手洗いから戻る時はお部屋間違いに要注意。
(酔っぱらったらなおさら!)

若いグループのお客さんで賑わっていたことからもわかるように、
コース使いのお客さんが多そうで、
最初にアラカルトにも使える飲み放題をオススメして頂いたのも納得。
(そんなに飲めないので、飲み放題はお断りしてしまったけど、、、)

ご近所と思われるお客さんのお部屋から、
『のんびり飲んでるからゆっくり来たらいいよ』と電話で話しているのが聞こえて、
周りに気兼ねなく待合せに使えるのも個室ならではだなぁなんて思った町田の夜。





--------------------
地鶏と本格和食 無尽蔵 町田駅前店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都町田市原町田6-15-16 コヤマビル B1F
--------------------






関連記事
スポンサーサイト






tag : 東京23区以外
 ≫和食 | 【2018-10-25(Thu) 21:00:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |