FC2ブログ
借金一本化
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ(タブ)
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【秋葉原】魚の間 (ウオノマ) ~赤備えの甲冑がお出迎え★海外のお客さま歓喜まちがいなしの和風個室居酒屋♪



秋葉原駅・中央改札から徒歩数分にある
いきなり赤備えの甲冑がお出迎えする完全個室居酒屋さん。

このインパクトはスゴイよね。
さすが、サブカルの街・秋葉原。楽しい趣向がスギる。笑





さらに赤い甲冑さんは一升瓶はべらかしてるし、
エレベーターが開けば日本酒やら焼酎やらがズラリ。

日本の食(酒?w)文化、和のしつらえを楽しんでくださいという
“エンタメ性バツグンのおもてなし”が伝わります。





通路を挟むように両側に襖のお部屋がズラリ。
温かみのある灯りに照らされた小上がりの個室は掘りごたつ式で、
履物を脱いで寛げます。

お手洗いに行くときはお部屋ごとに草履も用意されているので
脱ぎ履きがめんどくさいイマドキの靴を履いていても安心。



【獺祭3種飲み比べ】

獺祭50、獺祭磨き三割九分、獺祭磨き二割三分の3種類。

こんな和の雰囲気にあてられてか、
いつもはとりあえずビールなところを日本酒で乾杯。

グラスも獺祭仕様で雰囲気醸しまくり。



【お通し】

ねぎとろ湯葉巻き、鶏胸肉(トリュフ醤油)、あん肝(ゆずジュレ)。

ネギトロ、あん肝と定番のツマミも、
繊細な飾り切りの盛付けとトリュフ醤油やゆずジュレとの組合せで
和洋折衷なオサレツマミに。



【活鮮魚盛合せ 5点】

カンパチ、中トロ、ボタン海老、ぶえん鰹、サーモンの5点盛り。

ボタン海老さんの存在感がスゴイですが、
実はその下にもっとスゴイ中トロさんが隠れています。
コレ、ほんとに中トロか?! Σ(゚□゚
ってくらい、霜降り大トロみたいなピンクの厚切り。
とろけますよぉ~。

こういう脂身あまいとろけるお造りラインナップも
海外のお客さまに好評ですよね。



【鶏のたたき】

グランドメニュー?以外の10月のおススメメニューからのチョイス。

モモとムネの2種類のしっとり鶏たたきを、
ごま油とたまり醤油で頂きます。

添えられた山盛りのオニオンスライスや白髪ネギと茗荷の薬味を
くるりと巻くのも余裕な大きな切り身に感激。

店名からお魚料理がお得意なのかと思いましたが、
鶏料理もとても美味しい♪



【玉乃光】

岡山の酒造さんの日本酒。



【九条ネギ添え厚焼き玉子】

緑が鮮やかな九条葱が映える、濃い黄金色の厚焼き玉子。

食材の色合いのコントラストも鮮やかですが、
藍と朱の半月型の器もステキ。



【かしわ天と野菜天婦羅】

そろそろと秋の訪れを匂わせる、
色付く前の紅葉をあしらった天婦羅盛り。

盛付けにどれも高さがあって彩りや盛付けもダイナミックで、
写真映えインスタばえまちがいなしなプレゼンテーション。

梅ダレと抹茶塩でさっぱりと頂きます。



野菜天は太くて長い“まこもだけ”。
天婦羅衣に包まれたみずみずしいしゃっくりした食感がいい。

写真では伝わりづらいですが、実は“かしわ”の天婦羅も大きい。
ムネ肉一枚まるっと揚げてるんじゃないか?ってくらい厚みのある大きさなのに、
厚みを感じさせないほどにしっとりやわらか。

下に敷かれているのは“おかひじき”の天婦羅かな?
もちろん美味しくいただきました。



【豪華金目鯛の煮付け】

メニューを開いた時からアナタに決めてました!
ってくらいココロ待ちにしていたキンメの煮付けさん。

お魚大スキなので、煮魚に目が無いのです。 (o^^o)

『金目鯛の煮付け、出来るにはできるのですが、
 今日はちょっと小ぶりですがよろしいですか?』
最初にスタッフさんからこんなお断りの言葉を頂いていましたが
いえいえ、人数的には(ほぼ私がひとり占めするしww)ちょうどいいサイズ感。



付け合わせのお野菜もてんこ盛り。

おもわず、煮魚には白飯だろ!と言いたくなるほど
しっかりした味付けなので、
この山盛りの白髪ネギと九条葱がイイシゴトしてくれます。

ブラウンえのきと花型の大きなお麩かな?と思ったら、
なんと大きくて肉厚な蓮根の飾り切り。
芸が細かい。



【わらび餅の抹茶アイス添え】、【黒蜜きな粉アイス】

晩秋を感じさせるどっしりと落ち着いた色合いの器に、
黒蜜と抹茶アイスがバエる。



たっぷりの黒蜜をわらび餅にも抹茶アイスにもかけまくって
スイーツまで美味しく完食。



お店の場所はガストの赤い看板が目印のビル。

ただ、エレベーターがビル1階の細い通路の先の
奥まった場所にあるのでちょっと迷うかもしれません。





--------------------
魚の間 (ウオノマ)
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都千代田区神田佐久間町1-15 川初ビル 8F
--------------------








関連記事
スポンサーサイト






tag : 秋葉原
 ≫和食 | 【2018-10-18(Thu) 21:30:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |