借金一本化
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【神田】立ち飲みビストロ 神田マルニ ~高架下で立ち飲みとは思えないお料理のクオリティーに舌を巻く♪



そもそも、お酒が得意ではないですし、
ずっと立ち続けている根性もないヘタレなので
完全なる立ち飲みってとんとご無沙汰していました。

それに、立ち飲み屋さんって、“飲み”たい人が集まるお店だから
“食べもの”は二の次的な扱いのイメージで。
食べ派の私はむしろお呼びでないジャンルのお店なのかなーと。



こちら、JR神田駅東口直ぐの高架下にあるお店も、
いつもなら誘われてもなかなか足が向かないお店。



【ジンジャエール】

今回たまたま雨宿りの間ちょっと一杯おつきあい、、、
という感じで入ったら、まー!お料理が美味しくて!笑

本格フレンチを学んだというシェフの“気軽な立ち飲みフレンチ”を
すっかり堪能してしまいました。笑
いいね!お味もコスパも最高!



【お通し : 手のひらパン】

お通しにパンを提供するビストロやバルって最近多いなと思うのですが、
パン好きとしては、いくらパン食べ放題とか言われても
(こちらのお店が食べ放題かは不明)
スッカスカの軽~いパンなんてそんなに食べたくないよ! ヾ(。`Д´。)ノ
と内心思ってる今日この頃。

しかし、こちらのパンは人気のパン屋さんが監修しているだけあって
外はパリっと中は水分量が多くむっちりしっとり。
ツヤと粘り気、噛めば噛むほど風味が広がる生地は
なるほど、『マル煮』の店名にもある“煮”込み料理にぴったり。

温め直して提供して下さるので、香りもよくほっかほか。



カウンターの下は、引き出しや棚といった収納スペースがいろいろ。

おしぼりやカトラリーはテーブルの引き出しに、小皿も棚に収納されていて、
カバンは足元のボックス上の棚に入れることができます。

立ち飲み屋さんならではの省スペースな収納も
まるでインテリアのようにスタイリッシュでカッコイイ。



【師匠のパテドカンパーニュ】

若いおにいちゃんスタッフしかいないのに“師匠”とはこれいかに。笑
とこかにいるのかな?師匠。笑

自家製ピクルスが添えられたパテドカンパーニュは、
あっさり軽めだけどうまみはしっかり。



【ビーツとゴンゴンゾーラチーズのサラダ】

2種類のかわいらしいビーツにマーマレードのジュレが涼やかなサラダ。
ビーツと言えば、真っ赤なものかと思っていましたが、
なんとこの白とピンクのストライプのもビーツなのだとか。かわいい!

フルーティーな甘さのジュレに、塩味とコクのゴルゴンゾーラが相性バッチリ。



濃い木目を基調としたウッディなインテリアと白い壁。

英国カントリーのような店内に、なんとお皿はまるで日本の民芸陶器のような
ずっしりとした厚みと温かみのあるほっこりしたもの。
しかも柄のセンスがいいので、お料理がなんともフォトジェニックで
おもわず写真撮りたくなる♪



【ひたひたコンソメの卵焼き】

出汁巻き玉子好きの脳内が、
『お出汁代わりのコンソメがひたひたするほどたっぷりの玉子焼き?』
と変換されたのですが、まさかこのスタイルとは!

ひたひたは、内側でなく外側でした。しかもオムレツ。



濃厚なコンソメがオムレツの周りをひたひたと満たし、
大きなスプーンでガバっと掬って頬張るしあわせ。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



【最後の一滴までうまい牛すねの赤ワイン煮込み】

メニュー表の『(煮)シェフの渾身』からのチョイス。

48時間をかけて煮込んだお味は、濃厚だけど後味軽く重くなりすぎない。
お肉の煮込み料理って、脂が浮くほど濃厚なものがあると思うのですが、
こちらの煮込みは旨味と味わい深く濃厚なのに、お肉の脂の重さとかが全くない。



しかし、とろっとろのお肉はゴロゴロ。

パンが合わないわけがない!



【魚貝と白身魚のブイヤベース】

こちらも、パンにぴったりですよとスタッフさんにオススメして頂いた
『(煮)定番』メニューからのチョイス。

海老にムール貝、白身魚はなんだったかな?スズキ?
ふっくらと焦げ目が香ばしく焼かれた肉厚なたん白な白身が、
スパイシーなブイヤベーススープにぴったり。

なんか、スープカレーみたいにスパイシーで
これまたパンがよく合うのですよ。



【クリストフおじさんの煮込みハンバーグ】

『クリストフおじさんって誰やねん!』って突っ込んだら、
『今日はおじさんお休みなんですよ~。笑』
『でもちゃんと昨日仕込んどいてくれてますから!』と。
マジか、おじさんホンマにおるんか。笑

ってことで、
『じゃあ今日はクリストフおにいさんのハンバーグだ!』と勝手に命名。笑



ゴツゴツ肉感たっぷりのハンバーグが
チーズとろける具沢山濃厚トマトソースに満たされて食べごたえ十分。

さすが『(煮)スペシャリテ』。



【カツサンド】

カツサンド好きとしては、〆メニューに見つけたら見逃せない。

しかも、お通しの『手のひらパン』を使っていると聞いたら
絶対美味しいに決まってる。



登場したのは、いわゆる豚カツサンドをイイ意味で裏切る
オサレスタイルなビジュアル。

ざっくり粗めの千切りキャベツに、パンには辛子とオーロラソース。
そして、豚カツというよりは細かいパン粉のカツレツがサンド。

洋風のカツサンドは、なるほどワインに合いそう。
風味豊かなパンも主役のカツサンドでした。



【ヌガーグラッセ】

デザートもオサレドルチェがラインナップ。
まさか立ち飲み屋さんで『ヌガーグラッセ』を食べられるとは。

カラメリゼされたヘーゼルナッツたっぷりぎっしり。
甘すぎず、カラメルがほろ苦いオトナのドルチェ。



ちょっと一杯のつもりで飲んで、いつのまにやらあれこれ食べてました。笑

立ち飲み屋さんらしくポーションも控えめで、その分お値段も控えめ設定。
ってことは、あれこれ食べられる上にコスパもイイってことで満足感高し。

もともと煮込み料理が大好きでパンも大好きなので、
ここの“日常使いできる伝統フレンチの味”っていうのに
まんまとドはまりしてしまいました。笑

今度、普通に帰りにカツサンド食べに来ようかなとたくらみ中。 (*´艸`)





--------------------
立ち飲みビストロ神田マルニ
 ⇒ 食べログ
住所 : 東京都千代田区鍛治町2-13-24
電話 : 03-6206-9551
--------------------


関連記事
スポンサーサイト






tag : 神田
 ≫各国料理 | 【2017-07-05(Wed) 22:14:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |