借金一本化
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Event】『にっぽん、グルメ街道』@東京駅一番街★3月25日グランドオープン ~東京発出店『広島 電光石火』、新業態『博多かねふく ふく竹』♪



東京駅八重洲側の商業施設『東京駅一番街』に
3月25日(土)『にっぽん、ぐるめ街道』グランドオープン♪

コンセプトは、北海道から九州までの各地から
『郷土色を打ち出したその土地の味』を提供する店舗の集結☆
東京初出店や新業態といった“初めて”を通じて、楽しさや驚きの提供。

そんな、その土地の味の楽しさや驚きを
ひと足お先にメディア向け内覧会で堪能して参りました、 ヽ(´▽` )/~♪



実は昨年11月に第一期開業を迎えていた『にっぽん、ぐるめ街道』。
今回のグランドオープンでさらに4店舗の新規開業がありました。

  ・ お好み焼き 『広島 電光石火』
  ・ 明太子、郷土料理 『博多かねふく ふく竹』
  ・ 黒豚とんかつ 『鹿児島 黒かつ亭』
  ・ 干物、地酒 『諸国 ひものと』

4店舗の中から、『広島 電光石火』と『博多かねふく ふく竹』
2店舗にお邪魔し、お店オススメのメニューを堪能させて頂きました。



【広島 電光石火】

広島のお好み焼きニューウェーブが東京発出店。
ミシュランガイド広島2013年特別版にも掲載された話題店。



大好きなお好み焼きのニューウェーブと聞いて、ワクワク。

やっぱりお好み焼き屋さんに行ったら鉄板前に陣取って楽しまねばと、
もちろん座ったのはライブ鉄板捌きが楽しめるカウンター席。



カウンターに座ると、お水とお皿、“ヘラ”と一緒に
広島ソースでおなじみの『オタフクソース』が
一人一ボトルセットされて感激♪

誰に気兼ねすることなく、思う存分ソースかけ放題じゃないですか♪



どの辺がニューウェーブなのか?

おにいさんのちゃかちゃかと軽快な鉄板さばきに
感心しているうちにあっという間に完成!



見せ場の仕上げは目の前でやってくれるという、
鉄板で食べる醍醐味を知ってる、ナイスホスピタリティ♡



【電光石火】

看板メニューの名前は、店名もそのままズバリ【電光石火】。

そんな刺さりそうなネーミングとは裏腹に、なんともかわいらしいビジュアル。
まるまるふんわり♪



オムソバのようなビジュアルの、ソース、生地、キャベツなど
素材にこだわった美しいオム包み風お好み焼き。

その素材のよさを最大限に引き出すために、
野菜は押さえずふっくら仕上げがこのまんまるの理由なのでしょうか。
マジかわいい。 (*´艸`)



たっぷりの九条ネギにたっぷりの大葉で、
ソースの甘みの中にさわやかな香味がアクセント。

お好み焼き、特にソバ入りは重いと思われがちですが、
この大葉のさわやかさがペロリと食べさせてくれます。
これは女性好みのお好み焼きまちがいなし。



【電光石火】には、
肉、玉子ダブル、そばorうどん、イカ天、大場、ネギかけ、
が入るのですが、広島以外の人はこの“イカ天”と聞いて
あのイカの天婦羅を想像するはず。

しかし、広島でいうところの“イカ天”とは、
駄菓子のいかフライのこと。

久しぶりにイカ天入りのお好み焼きを食べてご満悦。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



大好きなオタフクソースもたっぷりかけ~る♪

最初は、広島お好み焼きにしては小さくて足りるかなぁ?
と思いましたが、ちょうどよい量ですね。



そして、お次のお店が【博多かねふく ふく竹】

こちら、博多の老舗明太子メーカー『かねふく』さんの飲食業態。
『かねふく』さんの明太子をふんだんに使った
名物明太子もつ鍋の他、、九州の素材を活かした郷土料理を提供。



【長崎直送 お刺身三点盛り】、【明太子の天ぷら】

朝、長崎で水揚げされその日のうちに空輸便で届く
新鮮なお刺身三点盛りは、アオリイカ、ムツ、アジ。

お醤油は、九州の甘いお醤油と関東のお醤油とが提供されるので
ご当地の味そのままを楽しむことができます。



そして、『かねふく』さんと言えば
やっぱり明太子を食べないと話は始まらない♪

こちら、かねふくさんの明太子の中でも、
とびっきり大きなプチプチの明太子を贅沢に天婦羅にした逸品。

ああ、あったかいご飯が欲しくなる♪



希望者には【明太もつ鍋】も頂けるということで、もちろん頂きました。



明太子入りのもつ鍋は初めて。

ピリ辛ぷちぷち食感のもつ鍋もなかなかオツなものですね。


東京駅の地下街なので、電車の待ち時間でのクイックな利用はもちろん、
普段使いとしても東京駅にいながらご当地の郷土食が味わえて食べ歩く楽しみも出来そう。

東京駅は駅構内だけでなく駅近までいろんな見所がありすぎて
まだまだ開拓しきれそうにありません。わくわく。 (о´∀`о)





** coneccさまのご紹介で内覧会に参加しました。 **

 ・ にっぽん、グルメ街道 https://conecc.jp/f/22190.1069
 ・ 東京駅一番街




関連記事
スポンサーサイト






tag : conecc
イベント&モニター | 【2017-03-23(Thu) 14:36:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |