借金一本化
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【飯田橋】馬肉酒場 G-1 飯田橋店 ~本場・熊本直送★こんなにバリエーション豊かなのかと驚かされた馬肉Night♪



前の前のずいぶん前の職場の近くで
懐かしのメンバーと晩ごはん。馬ごはん。

いやぁ~、この辺り、変わらないね。



住所は飯田橋だけど、水道橋駅から来た方が
このビルは近いんだよね。

いろいろ懐かしみながらお店へ。

エスカレーターを3階まで行くと、
目の前に大きなお馬さんを描いた壁で一発でわかる。

おお、よく、牛や鶏の部位の説明図ってあるけど
馬のやつは初めて見たわ。笑



店内はなんていうの?アメリカ西部時代?ウエスタン?カントリー調?
カッコイイけど全体的に絵本の世界観みたいでかわいらしい。



【レモンスカッシュ】

乾杯はスカッとレモンスカッシュ。



【お通し : 牛肉の煮込み】

いきなり、お通しは牛さんでした。笑

しかし、根菜たっぷりの野菜もお肉もとろっとろに煮込まれて、
あっさりやさしいお味。

温かかったらもっと最高なんだけど。笑



【ロメインレタスのシーザーサラダ】

ああ、しょっぱなから馬関係ないメニュー。笑

リオのカーニバルの羽かよ!と思わせるアグレッシブなロメインレタス。
こんなにお野菜たっぷりのサラダが780円(税抜)でいいのか?と嬉しくなる。

パリパリのロメインレタスをザクザクカットして、
粉チーズとコクのあるチーズソース、
フライドオニオンやクルトンのサクサク食感と一緒に
もりもり平らげました。



【新鮮馬肉の『生』ステーキ】

スタッフさんのオススメからチョイス。
馬にこだわるこちらのお店だからできる“生”ステーキ。

まず何がいいって、このフォトジェニックなプレゼンでしょうね。 (*´∀`*)



馬肉は生食ができるお肉なので、生肉スキーとしてはもちろん“生”で。
きざみ山葵、粒マスタード、ニンニク、ピンクペッパーの薬味と供にお刺身で。

“生”に飽きたら卓上の鉄板でお好みの焼き加減でどうぞ、
とオススメされましたが、やっぱり“生”が一番ウマい♪



【燻製馬の自家製ポテトサラダ】

今度は、しっかり“馬”がらみなサラダ。

ポテトサラダの中には、燻製した馬肉のコンビーフ的なものが。
噛めば噛むほどじわじわ馬のウマみがにじみ出るポテサラでした。



【クワトロ“馬”カルパッチョ】

カルパッチョだってお馬さん。

しかも、赤身、フタエゴ、コウネ、ハツでクワトロ=4種類。
ハツは初めて食べたかも♪

何がステキかって、人参がお花の飾り切りで、
ビジュアルもこだわっているな~って。
どこまでも女子会向け。



【究極かたまり肉 馬肉の1ポンドステーキ】

こちらもスタッフさんのオススメからチョイス。
数量限定と聞いて、じゃあそれで!ってソッコーオーダーしたよ。笑

刻みわさび、ごま油しお、トマトポン酢の薬味と供に。



低カロリー&低脂肪のお肉なのに、こんなにしっとり仕上がるんだと驚き。

ステーキというよりローストビーフ的なビジュアルだけど、
好みの厚さにカットしながら食べられるこのプレゼンテーションが
みんなでワイワイ楽しみながら食べられていいね。



【アセロラソーダ】

ドリンクもヘルシーにアセロラで♡



【馬カラと鶏カラの相盛り】

初めて聞いたよ、馬肉の唐揚げ。 (*゚O゚*)

しかも、特製タレを絡めた『馬カラ』と
秘伝タレに漬け込んだ『鶏カラ』の相盛りなんて欲張りメニュー。

レアな馬肉の唐揚げを見ていたら、今ハヤリの牛カツみたいな
レアカツもいけるんじゃないかと思えてきた。



【極ウマ!!出汁巻き玉子の馬ボロネーゼ乗せ】

焼き上げた人を称賛したくなるほど、焦げ目の無い美しい焼き色に、
幾重にも均等に巻かれた低反発枕のような厚み。
もちろん、お出汁ひたひたでじゅわぁ~。



あっさりした出汁巻き玉子に、赤身のウマみが活きたボロネーゼ。
たっぷりの削りチーズのコクがアクセント。

ボロネーゼってヘタすると脂ギッシュになるけど、
馬肉でつくるとなんともあっさりと繊細に仕上がるのね。



【ジンジャエール】



【8時間煮込んだ 馬スジのトロトロ煮込み】

日本人が想像する煮込みというより、シチューだね、これは。
デミグラス濃厚なビーフシチューならぬ馬シチュー。



バケットも付いてくるから、これを〆ごはんのかわりに頂きました♪



【馬刺しのイクラ雲丹醤和え】

イクラ雲丹醤油かと空目したのは、“雲丹醤”でした。
雲丹は最高級の調味料…なのね。笑



【三ツ矢サイダー】

瓶入りで登場するとテンションがあがるね、三ツ矢サイダー。
この青いエンブレムのレトロ仕様な瓶が、
三ツ矢サイダー飲んでるって実感できる♪



【季節のソルベ】

季節のソルベは柚子。



【濃厚バニラアイス】

まるで前の写真との間違い探しみたいですが、こちらはバニラ味。

デザートもひと品と考える私は、この2口3口で平らげられる
ちょこっとアイスなんて一つじゃ足りないのよ!笑



【ジャスミン茶】



個室ももちろんくつろげるけど、
ここのお店はフロアのテーブル席でも寛げます。
何でだろう?このアメリカ西部劇のドラマに出てくるような
日本人のあこがれるお家感が、トリップさせてくれるのかな?笑

おもわずオサベリに花が咲いた晩ごはんでした。 (*´艸`)





--------------------
馬肉酒場 G-1 飯田橋店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都千代田区飯田橋3-10-9 アイガーデンテラス 3F
電話 : 03-6261-5102
--------------------







関連記事
スポンサーサイト






tag : 飯田橋
 ≫各国料理 | 【2017-01-11(Wed) 22:54:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |