借金一本化
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【銀座】地きんめ鯛専門 銀座 はなたれ ~赤いキンメと緑のお抹茶★白身のトロは赤い宝石、銀座でしっぽり東急プラザのオトナの隠れ家♪



金目鯛といえば、高級魚の代名詞的存在。

そんな金目鯛をいろんな調理法で提供してくれるだけでなく、
なんと、金目鯛の中でも『とろ地きんめ鯛』とカテゴライズし、
重さ800~1100g、脂肪含有率が10%以上のもの
名実ともに最強の地きんめ鯛を提供しているお店、
それが『地きんめ鯛専門 銀座 はなたれ』。



店名の『はなたれ』とは、“初垂れ(ハナタレ)”、
焼酎を蒸留する初期行程で取れる原酒のことらしい。

ハタ某だじょーとかチームナックスとか想像してしまった。 (/ω\)``キャー



今年3月末にOPENして半年以上経った東急プラザ銀座の11階。

いくつかあるレストラン街の中でも、まるで京都の町家づくりのような隠れ家感。
一瞬、黒壁が続いているのかと思って通り過ぎるところだった。笑

店内は、横長のU字カウンターがメインで、
テーブル席が少々と、なかなかにこじんまりした造り。
しかし、お隣との間隔をゆったりとっているところは
銀座らしい贅沢な空間。

席数が少なめなこともあり、あっという間にお客さんで満員御礼。
予約必須ですぞ。



はじまりは目の前で点てられるお抹茶から。



【生抹茶(冷)】

地きんめ鯛がウリのお店ですが、もうひとつ“お茶”もウリ。

この日は五代目店主がカウンターで腕を振るってました。
やっぱりね、和食にはお茶が一番合うと思うの。



こちらの『はなたれ』さんは、
横浜・伊勢崎町で創業明治三十年のお茶屋さん
『川本屋茶舗』さんとのコラボ店。

カフェタイムはスイーツなどカフェメニューも楽しめます。
もちろん、ディナータイムにも丁寧に作られた
お抹茶スイーツが楽しめるということで、今からワクワク。



【お通し : 揚げ出汁豆腐】



揚げ出汁豆腐はどこですかー?というくらい、
湘南釜あげシラスと北海道いくらがてんこ盛り。

こちらのお店は、専属バイヤーがその日朝獲れの鮮魚を仕入れているので
地きんめ鯛以外も魚介だけでなく野菜も鮮度の良い旬の食材がいろいろ。

カウンターにいたメートル的な役割かと思っていた人が
『明日も仕入れで朝早いんで帰ります!』 (`・ω・´)ゝ
って帰って行った時は笑った。笑



【お造り盛合せ】



蝦蛄(豊浜)、うに(根室)、生しらす(佐島・山茂丸)、生まぐろ(宮城沖)、
さわら(気仙沼)、いとより(沼津)、たこ(久慈)、アオリイカ(三河)。

いろんな海鮮を少しずつ楽しめるなんて、女性好みワタシ好み♪



これだけ旬魚やそれらを使った焼きや煮付けなどのメニューが豊富で、
ホントに何をオーダーしていいか迷う迷う。

この他にまだグランドメニュー帳まで。
こういう時はスタッフさんのオススメにお任せが一番。 (о´∀`о)



【生ほたて うに軍艦】

軍艦のシャリの代わりに“生ほたて”。

お塩が添えられていたけど、うにの風味で塩いらず。
私、シャリよりこっちのうに軍艦の方がいい♪



【とろ地きんめ鯛 うに巻きいくら】

築地でも脂乗り、旨味が一番の特上品と評価される
千葉・銚子沖のブランド釣り地金目鯛。

最初にしていきなり“とろ地きんめ鯛”の実力を見せつけられた!

うわっ!とろける!って、
うっかりありきたりな言葉しか出てこなかった。笑



【お造り盛合せ】

お品書きの旬魚が選びきれなかったから、お造り盛合せ2回目。

ぼたんエビ(北海道)、クエ(八幡浜産)、キンメ鯛(銚子)、
フッコ(スズキの稚魚、沼津)、煮あわび。



天然本くえのお刺身には、鱗の素揚げが。
これがまたパリパリして美味しい。



【生抹茶ソーダ割り】

メニューには載っていませんが、
さっきの生抹茶をソーダー割りでできますか?
と尋ねたら快く作って下さいました。

さすが、6代目。(あ、1個増えたww)

お抹茶の風味がしっかりしているから、ソーダで割っても味わいしっかり。
むしろ、程よい炭酸の刺激とお抹茶の渋みが和食にぴったりだと思う。
レモンとか柑橘入れてもいいかも。



【海おでん】

なんとも珍しい、旬の海鮮を使ったおでん【海おでん】は、
地きんめ鯛(銚子)、生まだら白子(釧路)、地はまぐり(千葉 大原)をチョイス。

大きめの“しらす”で出汁を仕込んだその時間、
なんと48時間というから手が込んでる。

たまり醤油で味付けされているので色味は濃いですが、
提供前にサッと煮込む感じなのかな?、味は素材が活きてます。

とろけるふわふわ白子は必食☆



【生玄米茶(温)】

少しほっこりしたかったので、玄米茶はホッとで。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



【大粒かきフライ】

広島・瀬戸内の大粒かきフライ。
写真ではその大きさがお伝え切れなくて残念無念。

ざく切り玉葱たっぷりのタルタルソースがクリーミーだけどさっぱりしてて、
大きな牡蠣でもぺろりといけます。



【羅臼昆布佃煮とマスカルポーネ】

クリームチーズと塩昆布とかの組合せはよくあるけど、
まさかマスカルポーネで来るとは! (*゚O゚*)

クリームチーズに比べ、マスカルポーネは塩味や酸味が少なく
まろやかな甘みがあるのでまるでデザートのよう。
これもいわゆる塩スイーツってやつか? (ちがうw)

たん白だけどミルクの味わいと昆布の旨味を感じられて
私はこっちの方が好きだな。 (о´∀`о)



【生玄米茶(冷)】

さっき温かいので飲んだ玄米茶を今度は冷やしで。

お茶が本当に美味しくて、お茶好きはぐいぐい進んでしまいますわぁ~。



【地きんめ鯛食べ比べお造り盛りせ】

とろ地きんめ鯛 熟成(銚子産 朝どり)、とろ地きんめ鯛 腹身(銚子産 朝どり)、
地きんめ鯛 昆布〆(勝浦産)、地きんめ鯛 霜降り(勝浦産)、肝、エラせんべい。

お造りの〆は地きんめ鯛づくしで。 (о´∀`о)

きんめ鯛の肝、レアで初めて食べたけど、けっこういけますね。
熟成もよかったけど、身が引き締まった昆布〆もまたうまし。



【地魚なめろう 塩と味噌の二種盛り】

何のお魚か聞くのを忘れまたが、鯵とか単品ではなく
マグロとかいろんなお魚が叩かれていると思います。

細く短冊切りされた海苔で巻き巻き。
胡麻とか薬味が入っているので、私はそれだけでも美味しかったですが、
添えられた岩塩やほんのり甘めの西京味噌?を付けても日本酒のアテにぴったり。





【とろ地きんめ鯛 極上しゃぶしゃぶ】

1~2人前の小さなサイズから楽しめるのがちょうどいい。
〆の雑炊付きです。

地きんめ鯛のアラと鎌倉野菜をお鍋に入れて準備完了。



準備完了と言っても、すべてスタッフさんが良きに計らってくれます。
お任せ~。 (о´∀`о)

最初の地きんめ鯛は、サッとしゃぶで、タレと大根おろしと一緒にさっぱりと。
次の地きんめ鯛は、しっかり煮込んでほっくりした白身を堪能。
最後に、地きんめ鯛のお出汁が染み出たお鍋に、残りの鎌倉野菜を入れて。



〆の雑炊はふわふわ玉子でとじ!
柚子胡椒を添えて頂きます。

糸のように細かく落とす溶き卵と絶妙な火加減とで、
ふわふわとろりな地きんめ鯛ぞうすいは、なんともふんわりやさしい。

お鍋の〆と合わせて4回楽しめる、めくるめくしゃぶしゃぶでした。 (*´艸`)



【生抹茶アイスラテ】

〆にももちろんお抹茶。 (*´艸`)

黒みつはご要望に応じてみたいです。
もちろん、ご要望しました。笑



【期間限定 川本屋自家製パウンド使用 白玉抹茶ぱふぇ】

他にも『生抹茶アフォガード』とかあって迷いに迷ったけど、
期間限定と聞いたらやっぱりこちらを選びます。

『川本屋茶舗』さんご自慢の、自家製抹茶パウンドケーキ、ガトーショコラ、
バニラ&抹茶アイスクリーム、白玉、栗、ほうじ茶ゼリーといいとこどりパフェ。

生クリームでごまかさず、アイスクリームがたっぷり詰まってるのもワタシ好み♪



和のカウンターでパフェ。 (*´艸`)

こんな素敵シチュエーションで夜スイーツが食べられるだなんて♪
駅から超近いし、映画を見終わった夜とかのちょっとカフェに使えそう。



せっかくなので、七代目(また増えたw)にお抹茶を点てて頂きました。

ごちそうさまでした。 (о´∀`о)








--------------------
地きんめ鯛専門 銀座 はなたれ
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座
電話 : 03-6280-6256
--------------------


関連記事
スポンサーサイト






tag : 銀座
 ≫和食 | 【2016-11-23(Wed) 22:50:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |