借金一本化
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Event】小名浜港の福島県水産試験場にて『試験操業における放射能の自主検査体制』のご説明。  #福島の水産物を知るモニターツアー



小名浜港の福島県水産試験場にて
『試験操業における放射能の自主検査体制』をご説明して頂きました。



安心して食べて頂くために
水揚げ日ごとに各市場で自主検査を実施。



検査機器は、いわき市に3種類を計9台。
研修を受けた漁協職員が検査。
国の基準100Bq/kgの中、
自主基準である50Bq/kgを出荷方針とし厳しく検査。
現在、ほとんどが不検出。

検査機器の3種類は、検体の重量による分類の他、
検査時間の長短、ミンチにせず
切り身で可能とかいくつかあるけど、
高級魚は検体が少量で済む方でってのが、ちょっとほっこり。笑



ただでさえ風評被害で価格が満足いくものでない中、
試験操業中で投網1回とか制限があるのに
検体でさらに出荷量が減るのは死活問題だよね。

他県に放射性物質の心配があるかというとそれは限りなく低いだろうけど、
これだけ安心安全に取り組んでる (しかも自腹だ!Σ(゚□゚)
県ってあるだろうか? いやない!(反語)



検査を3時間程で完了させないと
水揚げ後、流通に間に合わなくなる。

しかし、1魚種1検体で手を抜くことなく取り組んでる
福島県さんは、心から信頼に価すると思ふ。
(о´∀`о)





- * - * - * - * - * - * - * - * -
リビングWebさまのご招待で、
福島県主催の『福島の水産物を知るモニターツアー』に参加しました。
- * - * - * - * - * - * - * - * -



関連記事
スポンサーサイト






tag : 福島の水産物を知るモニターツアー
イベント&モニター | 【2016-11-13(Sun) 17:12:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |