借金一本化
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Event】第3回 ピンクリボンセミナー in 宇都宮 ~憶えておきたい“高濃度乳腺”と“PEM”★乳がんは早期発見で9割以上完治する癌!(`・□・´)ノ



以前ブログでも紹介しました、
【第3回 ピンクリボンセミナーin宇都宮】に参加してまいりました。


参考)
【Event】告知:第3回 ピンクリボンセミナーin宇都宮 ~参加費無料★乳がん検診、乳房専用PET検査(PEM)がテーマ♪





10月はピンクリボン月間。

全国各地でピンクリボン運動
  “乳がんについての正しい知識を多くの人に知って頂き、
   その結果乳がんから引き起こされる悲しみから一人でも多くの人を守る活動”


が活発に行われていると思いますが、
そんな中で『NPO法人ピンクリボンうつのみや』さんが主催する
【ピンクリボンセミナー】は、年に一度この時期に行われており、
今回で3回目だそう。

私も、今回のセミナーはもちろん
世の中でたくさん行われているであろう『ピンクリボン運動』自体、
友人に誘ってもらわないと気付くきっかけもなかったと思います。



しかしなんで宇都宮なんだろう?と誰もが疑問に思うはず。
(私も何でわざわざ?って思ったしww)

それは、セミナーに興味を持つきっかけになった『PEM(ペム)』、
世界中で注目され、日本には2台しかない
【乳房専用PET検査装置 (PositronEmissionMammography)】を
導入している『宇都宮セントラルクリニック』がある市だから。



そして、宇都宮市は
“全国初★乳がん検診受診率50%達成”を目指し、
『NPO法人 ピンクリボンうつのみや』さんが
乳がんに関する知識を広く伝えたり、
乳がんの早期発見を啓発することを目的として活動。

その『ピンクリボンうつのみや』の代表が
『宇都宮セントラルクリニック』の理事・佐藤氏ということも
宇都宮市の活動を活発にしている要因なのかなと思いました。



今回セミナーに参加して、今までただただルーチンワーク的にこなしてきただけの
乳がん検診にも乳がんについても理解を深めることができたし、
何より女性として自分の身体に興味関心を持つきっかけになったことに、
セミナーに誘ってくれた友人にも、活発に活動している
『ピンクリボンうつのみや』さんにも感謝ですよ。 (о´∀`о)



セミナーは2部構成。

<第1部>
宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科 竹原めぐみ先生
 『乳がん基礎知識入門 ~行こう、受けよう、乳がん検診~』

まずは第1部で、乳がんについての基礎知識を教わりました。



『乳がん』の罹患率(病気にかかる人の割合)は、
女性の“がん”で第1位。
2010年は12人に1人。

ただし、死亡率(その病気によって死亡する率)は第5位。



つまり、『乳がん』は、
かかる人は多いけど、それによって死亡する人は
“他のがんに比べて”低い。

⇒早期発見して早期治療できれば治る可能性の高いがん

早期発見のためには、
 ・ きちんと検診を受ける
 ・ 自覚症状があったらすぐに『乳腺科』を受診

これが重要。



ちなみに、アメリカの罹患率は8人に1人だが、
欧米諸国含め死亡率は1990~1995年を境に減少傾向。

逆に、日本だけが未だ増加中。 ノ)゚Д゚(ヽ ヒー!

欧米諸国は、検診をきちんと受診し、早期発見&早期治療が行われるため、
乳がん患者が増加しても乳がんの死亡率は減少しているのだそう。

国の取組みが国民の人口増減に深くかかわっているということですね。



そんな『乳がん検診』は、
『高濃度乳腺(デンスブレスト)』との戦い。


==========
【高濃度乳腺】 Dense breast
  線維組織と腺組織が多く、脂肪細胞が少ない乳房のこと。
  日本人には高濃度乳腺が多い。
==========



究極のデンスブレスト状態は以下の通り。
 ・ 授乳中
 ・ 豊胸手術後
 ・ 乳がん部分切除術後


では、デンスブレストは何が問題なのか?

それは、マンモグラフィで白く写るはずの『がんのしこり』が
隠れて見えなくなる可能性が高いこと。

なので、マンモグラフィだけでなく、超音波も併用した方がよいが、
『石灰化』などマンモグラフィでしか写らないものもある為、
超音波だけでよいわけではありません。

しこり、乳頭分泌など自覚した場合は、
“検診”ではなく“医療機関”、
婦人科ではなく『乳腺科』を受診すべし!
(`・ω・´)b



健康診断を受けない人の常とう句が、
『自分の身体の変化は自分でわかるわ~』なんてイイワケ。

しかし、自分の身体なのに自分で気づけないところが
病気、ガン、乳がんの恐ろしいところ。

自分ではわからない身体の中の変化に“早期に”気付くためにも
『乳がん検診』による初期症状の発見は重要なのです。 (`・ω・´)b

 ・ 『非浸潤がん』での発見 = 超早期発見
 ・ 『しこり』としてまったく触れない乳がんの発見
 ・ 『センチネルリンパ節生検』が可能な乳がんの発見


『センチネルリンパ節』とは、乳がんが脇のリンパ節に転移する際に
一番はじめにがんが流れ着くリンパ節。

これを取って“がん転移”の有無を調べる方法が『センチネルリンパ節生検』。
比較的新しい検査方法なんだそうですよ。

そして、乳がんになっても治療法は日進月歩。

 ・ きちんと話を聞いて、納得のいく治療をうける。
 ・ 悩んだ時はセカンドオピニオンなども活用。

これは乳がんだけでなく、病気と向き合う為にも
必要なことだと私も思いました。



そして、男性だから大丈夫とか
ぜんぜん大丈夫じゃないこともポイント。

乳がんは“乳腺”にできるがんなので、
女性に比べ少ないが乳腺がある男性にも
乳がんができる確率はアリ。

女性の乳がん100人に対し1人の割合。
あら、意外と高い。 (=゚0゚=)



そして、ここから第2部。

<第2部>
NPO法人 ピンクリボンうつのみや 理事長 佐藤俊彦先生
『手術前に必ずPEM(ペム)を受けましょう!』

“乳がんは早期発見すれば9割以上完治する癌”
では、今注目の小林麻央さんはなぜ早期発見に至らなかったのか?

----------
 ・ 乳腺外科医の思い込み
  ⇒ 乳瘤で癌ではない?

 ・ 精密検査のレベル
  ⇒ 生検する腫瘤かどうかはMRIで判断

 ・ 半年後のフォローアップ

 ・ どうして生検しないのか?
----------

私もあまり小林さんのことについて詳しくないのですが、
ちょうど発病時期?が末っ子さんの授乳期間だったそうですね。

先述の、デンスブレスト状態のひとつでもある“授乳中”にあたり、
乳がんが発見しづらい状況だったそうです。

乳がん検診=デンスブレストとの戦い。
高濃度乳腺(デンスブレスト)の場合、2Dマンモグラフィだけでは不十分。

デンスブレストに有効な、
トモシンセシス、超音波検査(ABVS)、MRI、PEMを導入している
乳腺センターでの検診、特に複数の画像検査を行うことが重要ということ。

ちなみに、大きな大学病院だから早期発見につながる
可能性が高いというわけではないそうですよ。
小規模なクリニックでも、上記の検査装置を導入している、
もしくは提携しているところを選ぶことがポイント。

意外と大きな病院は、先進医療機器は導入までに
手間と時間が必要だったりするとか。
なるほどね~病院の見極めも利用者の務めってことか。 (*゚O゚*)



では、その検査装置【PEM(ペム)】って何ですか?という話し。

 ■ 『PEM(ペム)』とは?
  従来より細かい病変を見つけることが可能な装置。
  全身PETと比較して2.5倍~6倍と極めて高精度。


 ■ PEMはどのような時に使う?
  ・ 乳がん診断された時
    ⇒ 乳がんの広がりを確認
  ・ 乳がん術後の経過観察
    ⇒ 定期チェックで再発を市場薬診断
  ・ 豊胸手術後
    ⇒ 画像診断が限られることがある為
  ・ 他の検査でも不明な時の原因精査
  ・ PET検診に使用することで早期発見

その他、乳がんのセカンドオピニオン外来にも。


 ■ 気になる診断料金は?
 ☆2013年に保険適用になったそうです☆

 [保険診療]
   適用条件 : 乳がんと確定、全身PETを同時撮影
   自己負担額 : 4~5万円(3割負担)(全身PET含)
 [自費診療]
   8万円 (PEM料金のみ)


【PEM(ペム)】についての詳細は、『宇都宮セントラルクリニック』さんの
こちらの資料(PDF)を参照してください。

<参考>
 日本国内で初導入の『PEM』は、乳がんの早期発見、再診の『正確さ』とみつけやすさに優れた、乳房専用のPET検査装置(生検対応機)です。





あと、乳がんについては、第1部で登壇された
宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科 竹原めぐみ先生の新書、
【寿命を10年延ばす-「乳がん専門医」の教え】
が、とても参考になると理事の佐藤氏も太鼓判でした。 (о´∀`о)



私も時間を見つけて読んで、
乳がんについてもっと理解を深めないとなと
思わせてもらったセミナーでした。 (o^^o)

さてお次は、実際に【PEM(ペム)】を見せてもらいに
『宇都宮セントラルクリニック』さんに行きます! ヽ(´▽` )/~♪




**********

 ・ 宇都宮セントラルクリニック
 ・ 宇都宮セントラルクリニック 女性専用検診施設 ブレストセンター
 ・ PEMの詳細説明はこちら
 ・ 第3回 ピンクリボンセミナーin宇都宮
 ・ 寿命を10年延ばす-「乳がん専門医」の教え (中公新書ラクレ 564)


          




関連記事
スポンサーサイト






tag : Other_Event&Monitor 栃木
イベント&モニター | 【2016-10-15(Sat) 11:59:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |