借金一本化
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【西荻窪】もつ吉 西荻窪店 ~お久しぶりですレバ刺しさん★フレンチの技法“低温調理”で甦った“安心して食べられる肉刺し”を堪能♪



『進化形のレバ刺しが食べられるよ♡』
とのタレコミを受け、
それは聞き捨てなりませんな!とやってまいりました西荻窪。

JRの都区内パスの西限。
いつも吉祥寺に行きたい時に、
なんでフリーエリアがひとつ前までなんだよ!ヾ(。`Д´。)ノ
(それは吉祥寺が都内じゃないからw)
と、うらめしく思ってた西荻窪に初下車。笑



JR西荻窪駅南口のディープなストリートにワクワクしながら歩くこと徒歩数分。
そこだけ世界が違うかのようなシックな店構え。



1階は地元と思われるご家族連れでにぎわい満席状態。
2階へ案内して頂きました。

8月にオープンしたばかりと聞きましたが、早くも地元民に人気とは。
それもそのはず、名物『京風もつ鍋』で人気の
荻窪『もつ吉本店』の姉妹店なんだとか。

“もつ”自慢のお店が、そこにさらに
“肉刺し”、“レバ刺し”まで繰出して来たら
そりゃ人気出るってもんだ。 (*゚O゚*)

もつ吉さん、おそろしい子!  Σ(○□○lll)



【京都肉 肉刺し盛り合わせ 五種盛り合せ】

そしてこちらがその肉刺し。
牛レバー刺し、赤身刺し、大トロミスジ刺し、西京漬け、塩麹漬け。
西京漬け、塩麹漬けは肩肉、もも肉だったかな?

京都の胡麻油&ゲラントの塩、刺身醤油で頂きます。



2012年の牛肉の生食規制からいろんな飲食店、企業が
レバ刺し肉刺しに代わるものを模索してきましたが、
もつ吉さんがたどり着いたのは、フレンチの技法『低温調理』。

7日間を費やす下ごしらえと細かな温度管理などによる調理は、
話を聞くだけで気が遠くなります。 早く食べたい。(そこw)

ぷりっとした歯ごたえ、低温調理ならではのなめらかな口当たり。
5種類の肉刺しの中でもやっぱりレバ刺しが好きだな~♪ ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



ちなみに、お醤油も京丹後市の『坂長醤油』さんのさしみ醤油。

関東ではあまりお刺身に刺身醤油を使う習慣はないように思いますが、
西日本の日本海側出身の私は、お刺身には刺身醤油が定番。
なので、お醤油を使い分けてくれるお店はとても好感が持てます。 (о´∀`о)



【丹波の焼野菜盛り合わせ】

お肉が京都肉なら、お野菜は京丹波産のこだわり。

京丹波・美山町の農家さんから直接届く旬の京野菜を
シンプルに焼いた野菜は、香ばしさと甘みや旨味が凝縮。
鮮度のよさを感じさせる瑞々しさの中に
京野菜ならではの力強い味わいを楽しめます。



シンプルなお料理は、シンプルに塩と黒七味で頂きます。
うまうま。 (*´ェ`*)



【お通し】、【自家製蜂蜜レモンスカッシュ】

今ごろですが、お通しは冷製茶碗蒸し。
ジュレ状のお出汁が涼しげ。



それよりなにより!

京都肉も京丹波の野菜もよかったけど、一番感動したのが
この広島レモンたっぷりの自家製レモンスカッシュ☆

もつ吉さんでは、広島・大崎下島で生産される
約40年も前から農薬や化学肥料を一切使わない無農薬レモン
『太陽のレモン』を使用。

無農薬だからこそ、皮から何からまるごと
こんなにたっぷり使うことができるのね。 (*゚O゚*)
力強い香りや爽やかな酸味は格別。



【大人のレモンソーダ】

同じく、広島レモン果汁たっぷりのオトナのレモンソーダ。



【自家製ジンジャエール】

ピリリと辛みがこれまたオトナの自家製ジンジャエール。

京都の地酒や丹波ワインなどお酒の品揃えも素晴らしいのですが、
こだわりのソフトドリンクの数々に、感激の雨嵐。笑

西荻、なんてノンアル派にも優しい街なんだ。 (*´ェ`*)



【京湯葉 出汁ジュレ】

もつ吉さんご自慢の“おばんざい”からいくつかオーダー。

京都・北山『おゆば いまい』さんの最高級・一番汲みあげの“おゆば”。

これまた、ジュレ状のお出汁が涼しげで、
ほどけるような口どけの“おゆば”との相性バツグン。

一人で丼かかえてチュルルっといきたいくらい。笑



【初代ポテトサラダ】

超厚切り(というか角切り?)の自家製ベーコンのインパクトに
ポテトサラダの存在を忘れがちですが、
食べてみると京しば漬けのカリカリ食感と酸味がよいアクセント。

山盛りの九条ネギとちりめん山椒との相性もばつぐん。



【京都肉のなめろう】

一見、鯵かなにかのなめろうみたいですが、
こちらもしっかり京都肉の低温調理肉刺し。

味がしっかりついているので、これは日本酒に合うだろうな~。

まったくの余談ですが、なめろう=叩いた肉だからか、
このまま焼いてハンバーグにしたらさぞかしウマイだろうな~
って思ったのはここだけの話し。爆



【京都産 濃厚宇治抹茶】

見た目、青汁か?!と見まごうほどの、濃厚な緑色。

その深い緑色からは想像できないほど、
嫌な渋みや苦み、水っぽさもなく飲みやすい美味しいお抹茶。
さすが宇治抹茶。



【生姜茶】

辛いのかな?と思ったけど、普通にさっぱりとした生姜ドリンク。

もつ吉さんのソフトドリンクは、
ホンマ何飲んでもウマイな♪ (o'∀'人)



【生麩とモッツァレラチーズの揚げ出し】

これまた、京都・錦市場の生麩専門店の手作り生麩と
モッツァレラを使った揚げ出し。



生麩の揚げ出汁、もっちりねっとり新食感♪ (*'▽'*)



【自家製カレーコロッケ】

京都肉100%ミンチ(メンチじゃなくミンチってとこが関西♪)の
カレー風味ミートソースを使ったコロッケ。

てっきり、おいもほくほくミンチごつごつのコロッケかと思いきや、
マッシュポテトのようなクリーミーなポテトにミートソースで、
クリームコロッケのようななめらかさ。

これまた京しば漬け入りの具だくさんのタルタルがツボ。 (*´艸`)



【名物肉寿司 京都肉 塩麹漬け】

〆は名物肉寿司。

京都肉赤身、京都肉塩麹漬け、京都肉西京漬け、
3種類の中から1貫ずつオーダーできます。

さっきの肉刺しの中でレバ刺しの次にお気に入りになった
塩麹漬けをチョイス。



【自家製 ほうじ茶ブリュレ】

カラメリゼされた表面をパキっと割ると、
ほうじ茶の豊かな香ばしさ広がるとろっとろのブリュレ。



レバ刺し目当てで 『肉三昧じゃー♪ ヽ(´▽` )/~♪』
って西荻くんだりしたけど、
京都や京丹波のこだわり食材や出汁を利かせたおばんざいの数々は
どれをとっても西日本出身の私好みなものばかり。
何を食べても美味しかった~♪

この日はまだまだ暑くて名物『京風もつ鍋』はスルーしちゃったけど、
お鍋の季節になったらまた西荻に来ねばと誓った夜。 (ΦωΦ)





--------------------
もつ吉 西荻窪店
 ⇒ 食べログぐるなびFacebook
住所 : 東京都杉並区松庵3-38-13
電話 : 03-5344-9161
--------------------



関連記事
スポンサーサイト






tag : 杉並区
 ≫和食 | 【2016-08-27(Sat) 23:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |