借金一本化
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【錦糸町】六の、、、 (Roku no TaRazu) ~迷わず行けよ!行けばわかるさ!★ディープ錦糸町の裏路地のまさに隠れ家♪



ディープな街、錦糸町。

駅前の意味不明なリングのオブジェもまだ健在なんだ! Σ(゚□゚
って思ったくらい久しぶりに訪れました。笑

そんなディープな街のディープな隠れ家にお供してきました。
ホント、“お供”という表現がぴったりなくらいくっついて行っただけ。笑
自分だけではたどり着けない、いや、お店に気付けない、
気付けてもその扉は自力では開く勇気がない、そんな隠れ家的お店でした。



場所はロッテシティホテルの裏手。

お隣のギンギラ明るいラーメン屋さんに隠れて
お店の看板の灯りさえ見逃してしまいそうな路地裏のビル2階。



ひとりだったら、ホントにここにお店があるの?と不安になって
引き返したに違いない、エレベータも無い雑居ビルの階段を上がると
防火扉が閉まったままじゃないのか?というような扉が。

イチゲンさんなら絶対扉を開けるべきか、とりあえず一度考えると思う。
でも、そこで迷うな。迷わず行けよ!行けばわかるさ!
と、猪木さんの名言まで出したくなるほど、(笑)
扉の向こうにはステキなお店が待っていました。



店内は、L字カウンターに、テーブル席、小上がりが
数テーブルのこじんまりした店内。
外から見た雰囲気からは想像もつかない程、
重い扉の向こうの清潔感あるアットホームな雰囲気に
ホッとしたのはここだけの話し。笑



シンプルなメニューにはお料理とドリンクは
ビール、白州、山崎、ソフトドリンクの記載のみ、そして、
“日本酒、焼酎、ワイン、果実酒はスタッフにお尋ねください”
のひとこと。

どうやら、店主が好みやお料理にあったお酒を
オススメしてくれるお店のよう。



お料理のメニューもシンプルですが、ゲコゲコの私も満足できるほど
素材を活かした創作料理が楽しめました。 (о´∀`о)

カウンターの端っこに座ったので、カウンターの中でくるくるとお料理を作る
店主さんの手さばきが見えるのがまた楽しい。

この日は次から次へと訪れるお客さんで満員になるほどなのに、
バイトさんがお休みということで本当にお忙しそうな中、
テキパキとお料理を作る様子は本当に見ていてまったく飽きない。
カウンターのお店ってやっぱり大好きだわぁ~。 (*´ェ`*)



【ジンジャエール】、【お通し】

乾杯はジンジャエール。
お通しは、【新玉ねぎのポタージュ】と【カリカリ全粒粉のクレープ】。

この新玉ねぎのポタージュがほんのり自然な甘さで、
ポタージュというよりディップに近い濃厚さ。
カリッカリに揚げられた全粒粉のクレープにディップとしてもパリポリ。



【ウィルキンソン炭酸水】

ソフトドリンクは、ジンジャエールの他に、烏龍茶、緑茶、ほうじ茶と
繊細な和食の味を邪魔しないお茶のラインナップが豊富な中、
一番嬉しかったのがこの“炭酸水”があること。

お店としては、割り材の炭酸水を置いているだけかもしれませんが、
お料理にはミネラルウォーターとか無味無臭なものを好む私としては
シュワシュワ気分も楽しめる炭酸水ってホントにベスト!

ウィルキンソンは炭酸強めでパンチもあって、今の季節にぴったり♪



【真鯵の酢醤油漬け 和からしの香りで】

しっかりヅケられた(〆られた?)真鯵は、
程よい酸味で胃が刺激され食欲がわいてきます。 (*^^*)

日本酒に合いそうなさっぱりとしながらも
醤油で味が締まっている酢醤油の漬けに、
和からしがなんとも絶妙なアクセント。



まな板の上の大きなレンコンを見たら食べたくなった、



【レンコン農家直送 揚げ焼き新れんこん】

茨城のレンコン農家さんから直送の立派な新レンコンは、
ほっくりシャクシャク食感よろし。

みずみずしさの中に甘みもある、さすが新レンコン。



【イズシカのロースト 薫塩と昆布締卵黄ソース】



塩にもこだわりがあるぞうで、何種類も揃っていました。



その中から、ゲランドの塩(だったかな?違ったかもww)に薫香を付けたお塩と、
昆布の旨味豊かな卵黄ソースでイズシカのローストを頂きます。

さっぱりとした赤身肉に、コクと深みのある卵黄ソース、
キリっと味を引き締める岩塩がぴったり。



【自家製ツナと玉ねぎのグラタン】

瑞々しい玉葱に、自家製ツナとホワイトソースがたっぷり。

この自家製ツナがシンプルながらとても美味しくて、食感がよい。
シャキシャキ感が残る新玉ねぎともぴったり。



【PKY(パセリ薫る焼きおにぎり)】

パセリ味噌(でいいのか?)を中に包んで握ったものと、
ご飯と和えてチーズをのせたものと、2種類の味が楽しめる焼きおにぎり。

味噌と焼きおにぎりはテッパンだけど、爽やかな苦みのあるパセリが
こんなにオトナな焼きおにぎりになるとは!

小ぶりのおにぎり2つなので、〆にちょうどよいサイズなのもヨロシ。 (*^^*)



お酒好きにはもちろん、食べ派も満足できる創作料理のお店。

心残りは店名の『六の、、、』の意味を聞きそびれたことか。笑
今度は空いてそうな少し早めの時間に訪ねて、
ゆっくりと店主さんとお話ししながら楽しみたいなと
錦糸町を後にしました。 (*´ェ`*)






--------------------
六の、、、 (Roku no TaRazu)
 ⇒ 食べログFacebook
住所 : 東京都墨田区錦糸4-6-7 2F
電話 : 03-3623-8857
--------------------

関連記事
スポンサーサイト






tag : 錦糸町
 ≫和食 | 【2016-08-15(Mon) 22:17:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |