借金一本化
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【茅場町】串処 小林 ~旬の食材を活かしたフォトジェニックな串揚げを茅場町で粋に食す♪



茅場町で長引いた用事が終わった時には、
既にとっぷり日が暮れていました。

しかも祝日の夜。
普段は証券系のサラリーマン達で賑わいでいるだろうこの街も
どこもかしこも灯りが消えていて、文字通り真っ暗。 Σ( ̄ロ ̄lll) シマッタ!



そんな中、一つだけ灯りがともったお店を見かけると
とてもあたたかな嬉しい気持ちになるのは私だけじゃないはず。笑

一見、扉を広く開放できるお店の造りに、
『大衆酒場かな?』とゲコゲコは頭をよぎったけど、
その真っ白な凛とした“のれん”に、
そうではない佇まいを感じたので迷わず扉を開く。



白と木目を基調とした、清潔感あふれる店内。

コの字のカウンター席が基本で、テーブル席は4人掛けが1つだけ。

この広すぎず狭すぎない距離感が、
目の前で揚げてくれる串揚げ屋さんにちょうどよい距離感。

どうやら、少し遅めの私達は、
少し早めのお客さんが帰った後のお客だったようで
店内はひろびろ貸し切り状態。

その為か、二人なのにテーブル席に案内して下さいました。
カウンター好きなので、本当はカウンター席がよかったんだけど、
まあ、ここは広々使わせて頂きましょう。 (o^^o)



まず、手元に置かれた“おしぼり”が、
水玉模様が涼しげな豆絞りの“てぬぐい”にキュンとくる。

しかもいいかほり。 (*´艸`)

藍色のコースターも、彫り模様の入ったお箸にも黒い石の箸置きにも
どれもワタシ好みのキュンとくる和のしつらえだけど、
一番興味をひかれたのがそのゲタ。



寿司屋のゲタと一緒にしてよいのかわからないけれど、
この木枠に白い石をはめ込んだ“ゲタ”が
店内の清廉とした雰囲気をなお一層引き立てる
特別なアイテムに見えた。

後で聞いた話によると、この白い石は溶岩石の一番軽い石で、
この木枠と合わせて、職人さんのひとつひとつ手作りのゲタなんだそう。
なんと、今注文しても3ヶ月待ちに人気商品。

油切れもよく、洗ってもすぐ乾くそうで、見目も麗しい、
とても斬新なゲタだと思いました♪



こちらのお店、メニューは2種類。

本日のあて三種とサラダ、串揚げ7本の『串セット』。
本日のあてからはじまり、先付、向付、串揚5本と続く
会席料理のような『衣着揚々コース』。

どちらも、セットやコースを一通り食べて、まだお腹に余裕があるなら
アラカルトを追加するシステムのよう。

もちろん、お腹もぺこぺこですので
〆のお食事まで付く『衣着揚々コース』をチョイス。



【自家製ジンジャエール】、【パナシェ レモンのビール】

まるで、逆さ東京タワーとピサの斜塔のような個性的なグラスで登場。



【本日の酒のあて : ミモレット銀杏】

まるで、ミモザの黄色い可憐な花のようなミモレット銀杏。

まろやかでコクがあり、銀杏の風味に深みが増す味わい。
美味しくて、お酒もないのにソッコー完食。笑
チーズ好きにはたまらんひと品。



【先付 : おぼろ豆腐 鼈甲飴 布海苔】



キメの詰まったお豆腐の上には、鼈甲色の餡と、
ツルっとなめらかなコリコリ食感の布海苔。

へぎそばのあののど越しを作る布海苔、原型を初めて見ましたが、
普通の海苔の色なんだ! Σ(゚□゚
へぎそばの緑色を想像していました。笑



【向付 : 烏賊そうめん、かんぱち 盛り合わせ 納豆醤油】

お造りの盛合せ、使用する醤油が変わってます。
お刺身醤油と納豆醤油。

納豆醤油はもちろん変わってるけど、
お刺身用の醤油を出してくれるところも珍しくないですか?



そして、納豆醤油。

これ、なかなかイケますよ!
イカがいきなり塩からみたいに熟成されたような深みが増します。



【串揚 : きす大葉揚げ 梅肉ソース】

キスは揚げ物にするとその淡白な味わいがふっくらと甘みを増しますね~。

梅肉ソースがさっぱり夏の味わい。



【串揚 : サーモン黒ゴマ揚げ とびっこタルタルソース】



見た目の黒光りする黒ゴマの中から、薄紅色のサーモンがこんにちわ。
黒ゴマ衣のプチプチっと香ばしい食感と風味がたまらない。



【アップルタイザー】

アップルタイザーが置いてあるお店、珍しくてオーダー。



【天使の海老】

この、“天使の海老”って、天使のようにかわいらしい(エビが?ってツッコみは無しでw)とか、
天使のように羽を広げたような姿とか、そういう意味合いのメニュー名かと思ったら、
海老の品種のことだったんですね。

“天国に一番近い島”として知られるニューカレドニアで
徹底した品質管理で養殖されたパラダイス・プロ-ンという品種のエビ。
高品質なエビちゃんらしいです。



【箸休め : 江戸野菜】

江戸川の小松菜、立川の独活、滝野川の牛蒡、金町の蕪。

4種類の江戸野菜に、グレープフルーツの塩ソースともろみが添えられて提供。
この、グレープフルーツ果汁に塩麹を加えたソースが
酸味と苦みとでもまろやかさもある爽やかなソースで美味しい。



【串揚 : 金針菜】

シシトウのように見えること緑色の植物、
実はワスレグサという花のつぼみ。



ずっと気になっていたこの衣。

いわゆる串揚げのパン粉の細かい衣とも違う、
少し黄色っぽい粒々したキラキラ光る衣は、セモリナ粉を使った衣だとか。

パリっとして、それでいて軽く油のしつこさを感じさせない風味の良い衣。
しかも、食材が羽衣をまとったようにうっすら付いているので、
素材の味わいはもちろん、見た目もとても美しい。



【串揚 : 旬の一本 稚鮎】

若いほろ苦さのひとくせがまたオトナの味な稚鮎。



【抹茶】

少し甘みのある抹茶。

コースの5本の串揚げを頂いたので、ここからはアラカルトでオーダー。
気になる串揚げがいろいろあって、選ぶのに迷います。 (o^^o)



【厚焼き玉子】
スタッフさんの『驚きますよ~』という一言で即決。



オムレツのように、こまかく寄せて焼かれたふわふわ厚焼き玉子が
サクっと細かい衣に包まれています。

食材によって衣を変えているそうですよ。



【牡蠣の春巻き】

パリカリの薄衣の中から、ぷるっぷるの牡蠣がこんにちわ。



【長芋磯辺揚げ】

丸太状の厚みのある長芋に、海苔とみたらしのような甘じょっぱいタレ。
でんでん太鼓みたいでかわいいフォルムに萌え。 (*´艸`)

このホクホクとろりとした食感がたまらん。



【生ハムカマンベール】

本当は、スタッフさんオススメの『蛸クスクス揚げ パクチー』を
オーダーしたんだけど、この日は残念ながら完売。

クスクスの串揚げってどんなビジュアルだったんだろう?
パクチーの串揚げってどんな味だたんだろう?
再訪を誓った瞬間☆



そんなこんなで、じゃあこれでとオーダーした【生ハムカマンベール】。

チーズスキが好きにならないはずはない、テッパンなひと串でした。 (*´ェ`*)

かじれば衣からあふれ出る、とろっとろのカマンベール。
それを包む塩味の効いた生ハム。

てっきり、生ハムを包んだ状態で揚げるのかと思いきや、
仕上げにまとわせるこのビジュアルもまたステキ。

この辺で串揚は打ち止めにして、〆に参りましょう~♪ ヽ(´▽` )/~♪



【〆の一本 : 松阪豚カツ】
【お食事 : 土手煮、白米、香の物】

〆の一本とお食事はセットで登場。



説明された食べ方は、〆の一本の【松坂豚カツ】を、
最初のひとつをレモンや塩でそのまま、



残りのふたつをこの濃厚な土手煮にダイブさせて、迷わずオン・ザ・ライス☆

女性向けに配慮されたのかデフォルトなのか、
ご飯と同じくらいの量のキャベツが乗っているのも、ワタシ好み♪ (*´艸`)



まあ、なんてそそられるビジュアル系。笑

こんなオトナでオサレな雰囲気の和食屋さんで、
普段ならお行儀悪くてできないことだけど、
土手煮をたっぷりかけてご飯をサラサラと頂きました。

至福のひととき。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



最初は私達一組だけで、『貸し切りだね~』なんて言っていた店内も、
あれよあれよと3~4組入り満員御礼。

アジア圏の観光客さんもいらっしゃっていたようですが、
茅場町の夜は遅始まりなのかと驚きました。

〆のお食事も2種類あるからもう一つの麺類も食べてみたいし、
今回食べられなかったクスクスパクチー揚げ(略しすぎw)も食べてみたい。
さらにリーズナブルでコスパも高すぎる『串処 小林』さんは、
ここ目当てで茅場町に行くのもいいなと思わせてくれるお店でした。 (o^^o)





--------------------
串処 小林
 ⇒ 食べログ
住所 : 東京都中央区日本橋茅場町2‐16-8 1階
電話 : 03-6661-7959
--------------------






串処 小林居酒屋 / 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


関連記事
スポンサーサイト




tag : 日本橋~茅場町
 ≫和食 | 【2016-07-18(Mon) 23:04:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |