借金一本化
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【中目黒】和えに ~甲殻類好き和食好き出汁好きにはたまらんすぎる!!6月にOPENしたばかりのエビカニ専門店♪



最近、ウォーキングという名の目黒川さんぽに味をしめてるワタクシ。

この日も、涼しくなってきた夕方ごろからナカメ散策。



山手通りをてくてく歩いてると見つけた看板。

ちょうど空き地になったから見えるようなこんな場所に看板が?! (*゚O゚*)
入口は反対側のお誘いにいざなわれ、ちょっと大通りからはずれてみる。



そうだよね~、ここには東急ストアがあるはず。
この辺にお店なんてあったんだ~、なんて言いながら看板のあった辺りへ。



おおぉ~、またナカメっぽいデザイナーズなんちゃらなオサレビルが。笑

ははぁ、6月にOPENしたばかりだから、
あんなリアルタイムな場所に看板があったんだ~。 (*゚O゚*)

『和えに』という変わった名前にも惹かれて入ってみることに。



店内はちょっと変わった作りになっていて、
入口入ったらすぐに厨房が見えます。

厨房を囲むようにカウンターがあり、
窓側はスツール椅子のテーブル席、
ぐるっと周り込んだ奥には普通の高さの?テーブル席が。



奥のテーブル席の間には可動式の壁(パーテーション)があり、
フレキシブルに個室に早変わりできる仕組み。
これ、おもしろい!

温かみのあるブラウンの木目と黒、打ちっぱなしのコンクリのバランスが
和の温かみとモダンさを感じさせ、オサレなグルメさんが集まってるのも納得。

OPENして1か月とは思えない盛況ぶりでした。

なかなかお客さんが途切れないから、
かっちょいい店内の写真を撮りたかったのに
チャンスが無くてがっかりしたくらいに。笑



入ってすぐに、カウンターに並ぶ一升瓶で分かるように
どうやらお酒が充実したお店みたい。

メニューも、お料理は今日のオススメみたいな1枚っぺらでしたが、
ドリンクはしっかり木で装丁されたものでした。

お店を見つけた時から気になっていた『和えに』の意味。

この後、お料理が美味しすぎてスタッフさんに聞きそびれたことを
これを書いている今とても後悔していたけど、さすがネット社会、
Googleセンセイはなんでも知ってる。笑

中目黒にある人気のシーフード専門店『クラブハウスeni』
和食業態が『和えに』さんらしい。

エビ・カニ専門店の和食業態ということで
『和えに』の“えに”は、海老の”え”と蟹の“に”を合わせたもの。

ほほう、なるほど!謎は解けた!
Googleセンセイありがとう、今夜は眠れる♪笑 ヽ(´▽` )/~♪



ってことで、おめでとうの乾杯♪ (ちがうw)



【馨和 KAGUA Blanc】、【自家製ジンジャエール】

ビールは、プレモル、香るエールからオールフリーまで
サントリーさんのいいとこどり。
後は、COEDOの伽羅と『馨和 KAGUA』という初めて見る名前が。

そりゃ、オーダーしちゃうでしょ。笑



自家製ジンジャエールの他にも、普通にウィルキンソンの甘口、辛口もあり、
お茶だって烏龍茶じゃなくて八女茶に知覧ほうじ茶だったりと
ノンアル人間がわくわくするラインナップ。

あっ!富士プレミアムスパークリングウォーター、
飲みそびれたこと思い出した!



オススメはと尋ねれば、今日はイイ岩牡蠣ありますよってことでオーダー。

甘いジンジャエールって食事には合わないから
乾杯でさっさと飲み切っちゃいたいタイプなのですが、
この自家製ジンジャエール、すりおろし生姜がたっぷりで
でも辛すぎずすっきりした味わい。

これはお料理に合うわ~。 (o^^o)



【産地直送“生牡蠣”】

本日の【産地直送“生牡蠣”】は、兵庫・坂越産の岩牡蠣。

デカイよ!

上にはぽん酢のジュレ。



ぷるんどころかぶるんぶるんで、滋味深い濃厚な味わい。

これひとつで私なら夏バテ解消できる気がするよ!笑



【パリパリピーマンの自家製海老味噌ディップ】

ピーマンがメインのメニューってなんだよ!
ってことでオーダーしたら出てきたのがコチラ。

まぎれもなく、主役張れるピーマンです! Σ(゚□゚

本当にパリパリなんです。
パプリカの肉厚ジューシーさとも違う、パリシャクな食感。
しかも、苦みとかなくて、ホントにピーマンかよ!
ってびっくりするくらい爽やかさん。



わーわーわー、これは生で食べるべきピーマンですね。
美味しい♪
ピーマン嫌いの人はこれ食べれても
ピーマン克服したと思わないで欲しいくらい。笑

ほんのりラー油のコクと辛みが効いた海老味噌も、
海老の味が活かされたしょっぱすぎないあっさり味噌。

これはお酒飲まない人でもどんな野菜もススムわぁ~♪ (*´ェ`*)



【数の子とパクチーのお浸し】

パクチー好きはオーダーするでしょ☆のひと品。

しかし、あの個性の強いパクチーさんなので
和食と相いれることは無いと思っていましたが、
これはすごく和になじんでる! (*゚O゚*)オオオ

エキゾチックビューティーに、いきなりものすごい流暢に
日本語しゃべられたくらいのギャップ萌え。笑



【自家製 松前漬け】

たっぷりの小柱が入った松前漬け。

お酒も炭水化物もそんなに興味ない私は、
こういうお酒のアテとかご飯のお供みたいなお漬物や佃煮みたいな
味の濃いものって苦手だったりするのですが、
これはそのまま食べても美味しい。

しかも、旨味がじわじわ濃いので、
そういう意味で思わずご飯が食べたくなる!



【甘海老とズワイガニのユッケ】

とろっとろまったりと熟成された甘海老に、
ウズラの卵黄が絡んで最強のユッケに!



焼き海苔に挟んで食べるスタイル。

前菜からいきなりエビ×カニ専門店の
ホンキを見せつけられた感じ。



【産地直送の新鮮な魚介たち】

お造りは3種類、カンパチ、イナダ、しめ鯖。

美しく〆られたしめ鯖、鮮度のよい海鮮にいつもは感動するところが、
今日は『なんだー、お造りにエビカニは出てこんのかー。 ('ε'*)』
と思ってしまうほど。笑



【宮城県伊達サイダー】

ご当地サイダーを置くお店は多いですが、
なぜ故、宮城県の伊達政宗なのか聞いとけばよかった。笑

しっかり甘めの炭酸強めのサイダーは、デザート向けかも。



ころころのバクダンきた。(うそ)

そうそう、個性的な和の器がいちいちステキなんです。



【三種の神器 うにとトリュフと温泉卵】

うにとトリュフと温泉卵と。

ふむ、この三役者、確かに三種の神器か。



薫り高い濃厚とろとろにうっとりしてたら、
今度は白いバクダンきた。

余談ですが、このとろとろで玉子ご飯したいと強く思ったので、
この白い椀の中が白米であることを切望したことをここに告白。笑



【フォアグラとオマール海老の”極み”茶碗蒸し】

その白いお椀は、『茶碗蒸しです~』と説明されて渡されたけど、
その蓋を開けた時、茶碗蒸しだと思えなかったよ。

だって、このフォアグラとオマールごろごろなビジュアルですから。笑



茶碗蒸しって、病気の時でも食べられる
やさしい味わいのサブ的スタンスのお料理だと思ってたけど、
これはメイン張れる一品になってます。

フォアグラから出る濃厚な脂が、ソースのようにオマール海老と
茶碗蒸しに絡みまくって、もはや別の料理みたいだ。 (*゚O゚*)



【パリパリ海老真丈 トリュフ塩】

春巻きのようなパリパリの皮に包まれた海老真丈は、
パリパリもっちり、エビプリッ☆



【柚子蜜茶(ICE)】

脂ものが続いたので、柚子蜜茶でサッパリと。 (*´ェ`*)

柚子蜜茶大好きなので、置いてあって嬉しい♪





【和えに名物!!!オマール海老とズワイガニの炊きたて炊き込みご飯 いくらのせ】

〆のコチラが『和えに』さんの名物ということで、
炊きあがりに時間がかかると聞いて先にオーダー。

まさかこんなスゴイの出てくるとは! Σ(゚□゚

深めのスキレットにも収まりきらない迫力のオマール海老が
なんともアグレッシブで、一瞬でテンション上がった!



このオマールさん、『私、ぷりっぷりよ~♡』って誘ってくる♪ (*´艸`)

オマールとズワイガニとイクラのビジュアルだけで贅沢だけど、
この炊込み御飯、本当に贅沢なのはそのご飯にアリ! (`・ω・´)b

ひとくちめからブワっと口の中に広がる、甲殻類の旨味の衝撃波。
えび味噌、かに味噌でも混ぜ込んでるのか?ってくらいの
滋味あふれるいくつもの旨味が重なり合った深みのある濃厚な味わい。



それもそのはず、甲殻類まるごとに香味野菜やあれやこれやいろいろを
(教えてもらったのに失念w) 合わせてしっかり出汁を取った、
いわゆるフュメ・ド・ポワソンを贅沢に使っているそう。

そりゃ、ウマイわ。

一品目からこれを食べてもいいと思うぞ。
そのくらい満足感の高いひと品。



御椀はしじみ汁。

もう、最後の最後まで濃い出汁の応酬。
こりゃ、舌も胃袋も身体もよろこぶわ。 (о´∀`о)



【自家製抹茶ババロア ほうじ茶アイス添え】

ほうじ茶アイスがウマイ!

いつもなら、スイーツの方にテンションが上がるワタクシですが、
『和えに』さんではお料理の方でテンションもボルテージも上がって
デザートはサラリと終わってしまいました。 (*´▽` *;)ゞ

お料理が美味しすぎて燃え尽きたか。笑



今度はこの一枚板のカウンターで“にゅうめん”食べたいな♪





--------------------
和えに
 ⇒ 公式サイト食べログ
住所 : 東京都目黒区上目黒1-20-2 加藤ビル2F
電話 : 03-6412-8018
--------------------




和えに魚介・海鮮料理 / 中目黒駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


関連記事
スポンサーサイト




tag : 代官山~中目黒
 ≫和食 | 【2016-07-09(Sat) 23:20:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |