借金一本化
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【銀座】CRUISE CRUISE THE GINZA ~伝統的なイタリアン×和の本質×フレンチの華やかさを心に残るサービスとともにラグジュアリーな街・銀座で♪



先輩方との懇親会で銀座です。オトナの街・ザギンですよ。

余裕のあるオトナは、時間の使い方もやはりお上手。
ディナーも早い時間からのスタートすることで、
その後の銀座の夜の街を楽しむ余裕もあります。

夜行性でバタバタと時間を駆け抜けるだけの若輩者の私は、
見習わねばならぬ時間の使い方です。



銀座の街の中心地、銀座コア7階にある
『CRUISE CRUISE THE GINZA(クルーズクルーズTHE GINZA)』は、
そんなオトナが洗練された時間を過ごすのにぴったりのレストラン。

エレベーターが開いたら、そこは店名の通り、
大きなクルーズ船の優雅さを感じさせるエントランス。



広々としたメインダイニングでのお食事もいいですが、
やっぱりオトナな時間は個室で過ごしたい。

ヨーロピアン調のクラシカルモダンなガラスの扉の個室は、
優雅な邸宅に招かれたようで、
まるで一軒家レストランを訪れたようなくつろぎの空間。



本日のメニュー。

アミューズ、前菜、リゾット、メインディッシュ、デザートに
パンとコーヒーが付く、全5品からなるコース。

品数も多すぎず少なすぎず、ちょっとした会食や
女性同士の集まりにちょうどよい感じ。

クルーズクルーズさんのこちらのコースは、
シェフやスタッフさんが目の前で料理を仕上げる
サーブやオペレーションが目でも楽しめる
出来立てを味わえるステキなコースなのだそう。わくわく。 o(^▽^)o



乾杯はノンアルのスパークリングにしてもらいました。
【Chamei】のスパークリングアップル。



ちなみに、ドリンクのメニューはこんな感じ。



【さんざし】

この後飲んだ『山査子(さんざし)』のジュースは、
クルーズクルーズオリジナルのもの。

店名の通り、造船会社から始まったクルーズクルーズさんは
長崎が本社で、さんざしジュースや焼酎など、
オリジナルのドリンクも開発しているのだとか。ほほう。



アミューズのお出まし。

ミルクのエスプーマと繊細な飴細工がふわりと雲のようにかかった
トマトのファルシが登場。



【アミューズ : トマトにファルシしたオマール海老のガスパチョサラダ キャビアと柑橘のグラニテ】

そこに、キャビアと柑橘のグラニテをひとさじで完成。



野菜たっぷりの冷製スープ・ガスパチョをイメージしたサラダは、
キラキラの野菜の宝石のように色鮮やか。

柑橘のグラニテがひんやりして、さっぱりとした始まりのひと皿。



【パン】

パンは、デュラムファインを使ったロールパンに、
オリーブを使った塩気の効いたクッペ。

パスタの粉(ディラム小麦)を使ったパンなので、もちもちして美味しい♪

美味しいからちびちび食べてたら、
先に食べ終わったみんなのお皿には
第2陣のプチパンと胚芽のプチバケットがサーブされてて、
私一人食べそびれるという失態。

さっさと平らげればよかったよ! 。・゜゜(ノД`)



【前菜 : 房州産スズミの低温コンフィチュール 菜園パレット仕立て】

出ました!クルーズクルーズGINZAさんの真骨頂☆
野菜の彩りが美しいカラフルパレット♪

野菜、バランス、色の3つのこだわりが白いお皿の上で表現された、
山海の幸と野菜をシェフのイマジネーションで組み合わせられたお料理。

まるで、スズキのポワレから、野菜の音符がポン♬と飛び出しているような
プレゼンテーションに思わず顔がにんまり。かわいすぎる。



こごみ、オオタニワタリ、タラの芽、ハス芋などなど
旬の春野菜がふんだんに彩られたお皿は、
どの一片を食べて崩してしまうのももったいない程美しい。

もちろん、ペロリと平らげますけどね。笑



シェフが大きなパルミジャーノ・レッジャーノ塊と供に登場。
目の前でリゾットを仕上げてくれるそうです。

チーズの塊と供に登場したということは、アレですね♪



特注のパルミジャーノの中でとろっとろにチーズにまみれるリゾット達。



それだけでも贅沢なパルマ熟成リゾットに
フォアグラを乗せて、ソースペリグーをサっとひと回し。



【リゾット : パルマ熟成リゾットにフォアグラを乗せて ソースペリグー】

こんな贅沢していいのか?ってほど、コク深い濃厚なリゾットの完成。

でもしつこくないんです、ペリグーのソースが濃厚なとろけるフォアグラと
パルミジャーノまみれのとろっとろのリゾットが合わさっても。

この赤ワインとトリュフが芳醇なフォンドヴォーのソース、
リゾットにはもちろん、パンにぴったりで、1滴も残さず頂きましたよ、もちろん。



メインディッシュの上にひらひらと舞うのはシャンピニオン。

大きさも香りもよいシャンピニオンが手に入ったので
生でスライスしてトッピング。



【メインディッシュ : 松阪牛と季節野菜のロティ ソルトフレークと山葵 そのコンソメの余韻…】

グリルされたシャンピニオンも香り高い。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・

でも、このお料理、これで完成ではないのです。



赤ワインのグラスのような丸いグラスに注がれたのは
あっつあつの湯気のぼるコンソメのジュ。



丸いグラスに注ぐことで、コンソメの香りをさらに深く感じることができます。

もちろん、グリルした牛肉と野菜との相性はバツグン。
うっとりとするほどの香りにいやされますよ。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



【GINZA和三盆プリン】

デザートの前に、クルーズクルーズ THE GINZA と言えばコレ!
の和三盆プリンを別オーダー。

ゴチになりますの番組でも紹介されたこともあるので、
ご存知の方もいらっしゃると思います。



やさしい甘みの和三盆を贅沢に使ったクリーミーな口どけのプリン。
そこに、香ばしいカラメルソースをたっぷりとろり。

コクのある深みのある甘さなのに、後味スッキリ。 (*´ェ`*)



【デザート : デザートワゴン~パティシエデセール色々~】

さあ!お待ちかねのデザートタイムはワゴンデセール♪ ヽ(´▽` )/~♪

6種類のデセールに、ちいさな焼き菓子3種類と、チョコレート。

お好きなものをオーダーして下さい!と言われて、
みんなが『じゃ!全部で!』とオーダーしたのは間違いない。
ってか、オーダーするに決まってる。笑



コーンのシュークリームなんですよって説明があったので、
てっきり甘みだけクリームに使ったとか、シュー皮にコーンパウダー使ったとか
そんな感じかと思ったら、スイートコーンが粒のままコーンクリームに入ってた。 Σ(゚□゚

でも、それがまたシャキシャキした粒の食感と爽やかな甘みが
シュー皮の香ばしさにぴったりだったのですよ。
これは驚きのでした。

旬が名残惜しいデコポンのタルトも美味しかったけど
(フルーツタルト好き♪)
メロンのブランマンジェがミルク感たっぷりで美味しかったな~♪ (*´ェ‘*)



コーヒーはカフェラテにして頂きました。

芸術的に美しいカフェラテで、まったりオサベリしても
まだまだ明るい初夏の夜。

この後、銀座ブラしても十分時間があって、
優雅な時間の使い方ってこういうことなんだな~って
教えて頂いた気がしました。 (о´∀`о)



特別な日はもちろんだけど、ちょっと有意義な時間の使い方しましょ
って時にもぴったりなお店だと思いました。

この後、メインダイニングで貸し切りのパーティーがあるそうで、
華やかなテーブルセッティングを魅せて頂いてうっとり。

ホントに目にも舌にも優雅なひとときを過ごせました♪



--------------------
CRUISE CRUISE THE GINZA (クルーズクルーズTHE GINZA)
 ⇒ 公式サイト食べログぐるなび
住所 : 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア 7F
電話 : 03-5568-8800
--------------------







クルーズクルーズTHE GINZAイタリアン / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト




tag : 銀座
 ≫各国料理 | 【2016-06-03(Fri) 17:31:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |