借金一本化
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【溝の口】八海山バル 溝の口本店 ~お酒だけじゃない八海山がいろいろ楽しめる気軽なバル♪



はるばる来たぜ溝の口。

東急大井町線の終点駅『溝の口』。
乗り過ごして終点まで連れてかれた時に、
駅構内までは来たことがありましたが(笑)
降り立ったのは初めて『溝の口』。

私にとってそんな“終点で連れてかれる”というイメージが強かったので
ものすごい遠い街と勝手に思っていましたが、
乗り換えがちょっと面倒なだけで、実は全然近い町でした『溝の口』。笑



各線溝の口駅前のロータリー?を下に見ながら
高架になった遊歩道をあるいて東側すぐ。

1階のステラおばさんのクッキーを横目にエレベーターで6階へ。
2月にオープンしたばかりのピッカピカのお店が『八海山バル 溝の口本店』。



【八海山の原酒で仕込んだ梅酒】

テーブルに座ったらデフォでセッティングされていたのがこの食前酒。

添えられた紙が、この梅酒の説明文かと思いきや、
まんま商品名でした。笑



【八海山泉ビール ペールエール】

最初から八海山で飛ばしますよ☆

どうやらこのビール、春季限定だそうです。

 <参考> 春期限定 八海山泉ビール ペールエール 発売|八海山

確かに、春の陽気にぴったりのすっきりとした甘みと
ホップが爽やかなミディアムボディのアメリカンエール。

附き出しは、春じゃがいもの肉そぼろ餡。
ゆず皮が添えられてて、重くなりがちな小いもフライも爽やか。



【八海山サーモンのサラダ】

続いての“八海山”はサーモン。

『八海山サーモン』は、八海山からの一番水で育てた大型のニジマス。
卵も白子も持たないので身に旨味がぎっしりなのが特徴。

臭みがないのはもちろん、こんなにまろやかで
とろけるようなサーモンは初めて食べた!



ドライアイスのスモークに包まれてやってきたのが、



【お造りの宝石箱】

マグロ、タイ、ホタテ、ボタンエビ、ウニ、そして、



おっと、こっちにも八海山サーモンいた。笑

こちらのお刺身、冷凍技術が優れているのか、
もしくは全部活けで仕入れているのか、
本当にみずみずしくて身がやわらかでたおやか。

口に入れたとき、舌に吸いつくようにしなだれかかる
お刺身ってなんかちょっとエロいな。笑



【鶴齢 雪男 純米酒】

雪男という名前に興味を持ってオーダーしたら、
少年アシベのイエティとまっくろくろすけを
足して二で割ったようなカワイイの来た。 (*´艸`)

そんなかわいらしいラベルからは想像できない
ほんのり甘みさえ感じる水のようにスッキリした口あたり。

でも辛口のお酒。
日本酒の甘口辛口の基準はずっとわからず生きてます。笑



【ブラック牛かつ】

都内でも話題沸騰中の“牛かつ”が、
八海山バルではブラックになって登場。

なぜ黒いのかは聞かなかったけど、たぶん黒炭か何かではないかと。



この味噌マヨにつけて食べるようなのですが
(これも聞かなかったので想像、間違ってたらすみません。。。)
牛かつの赤みの締まった肉質はもちろん、
厚み揚げ加減が絶妙で、そのままサクサク頂くのがベスト。



【トリュフじゃがバター】

どの辺がトリュフなのかわからなかった庶民派です。笑
トリュフ塩ってことかな?

新じゃががとても季節ってこともあってか、
附き出しに始まりじゃがいもメニューが豊富でした。



【北雪 YK35 大吟醸】

新潟の中でも佐渡島の地酒。

これは私の中で“ザ・日本酒”という位置づけの
日本酒然とした香りと風味、味わい。

ようするに、大吟醸とは思えないほど
昔からの日本酒な味わいだと思うのです。(ほめてる)



【栃尾揚げ 神楽南蛮味噌】

新潟郷土料理好きとしては、見かけたら
オーダーせずにはいられない『栃尾あぶらげ』。

ステレオタイプ的な分厚いあぶらげに
具がサンドされているのを想像していたから、
ちょっとイメージは違ってたけど、
これはこれでふんわりトーストみたいで美味しい♪



【越後もち豚のグリーンアスパラ巻き】

豚肉のアスパラ巻きって美味しいよね~♪
それが、ぶっとくてシャッキシャキのアスパラで
ジューシーな脂身の甘みを持つ越後もち豚なら、ホント最高☆

日本人の嗜好にマッチした安全でおいしい日本一の豚肉を作ろうと、
四半世紀に渡り安全な原料だけを使った飼料と
徹底した豚の健康管理で作られたのが『和豚もちぶた』。

『和豚もちぶた』の中でも、特に新潟県内特定14農場で飼育された
銘柄豚肉を『越後もち豚』というのだそう。 (*゚O゚*)ヘーヘーヘー



【一白水成 純米吟醸】

“白”いお米と“水”から”成”る“一”番旨い酒、
との思いから名付けられた秋田の地酒。

こちらもふんわり甘みを感じる甘みと酸味のバランスの良い
スッキリした後味のお酒。
ジューシーな豚肉料理にもぴったり。



【へぎそば 中】

栃尾のあぶらげに続き、新潟郷土料理の中でも
一番大好きな“へぎそば”。

この深緑色の“ふのり”の色合い、ツルリとしたのど越しが最高♪ ヽ(´▽`)/~♪

ここまで、けっこうお腹いっぱいだったから
中サイズでも二人だと多いかもという心配はどこえやら。
あっという間に完食しました。笑



【来福 MELLOW 貴醸酒】

仕込水の一部に純米酒を使用した、
デザート感覚で飲める貴腐ワインのような甘い茨城の地酒。

甘口の白ワインのようなフルーティーな味わいは、
デザート代わにもぴったり。 (o^^o)



最後の八海山はスイーツ♪



【八海山ゼリー】、【八海山吟醸プリン】

どちらも八海山を使ったスイーツ。



プリンというよりはババロアのような
生クリーム感が強いもっちりぷるんとした食感。

お酒が得意でない私でも美味しくお酒を味わえる、
適度な量の八海山が使用されていて、
これは一番のお気に入り八海山になりました♪ ヽ(´▽`)/~♪



少し早い時間に予約をして訪れたのですが、
既に予約席以外は満員御礼の大人気店。

2月にオープンしたばかりなのに既に知られているんですねぇ~。
これは予約必須ですよ。



帰る頃にはテーブルに空きも出ていたので、2ターン目がねらい目かも。
もしくは、溝の口の夜って早いのかな?

あと、途中でなんかおかしいな?と思っていたけど
日本酒に詳しくないので気のせいかと思っていたことがあって、
やっぱりそうだったと帰ってから気づいたのが、
メニュー表に八海山の日本酒が載ってないってこと。



八海山バルなのに、冷蔵ケースには八海山がズラリと並んでいたのに、
ぐるなびには載ってるのにナゼ?と悩んでたら、答えはここに書いてあった。
テーブルに置いてあったこの『八海山のご案内』のリーフレット。

てっきり、新潟や八海山エリアの自然や郷土料理を紹介してる
観光パンフ的なものかと思って、後で読も~と持ち帰ってしまったのですが、
よく見たら、真ん中のページに八海山シリーズの値段(お店での)が書かれた
一覧ページがあった! Σ(゚□゚



がーん! Σ( ̄ロ ̄lll)

八海山バルに行って、オススメ地酒ばかり飲んで
八海山を飲まずに帰ってしまったよ。。。 orz...

今度溝の口に行った時には
リベンジせねばいけないお店ができました。



--------------------
八海山バル 溝の口本店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 神奈川県川崎市高津区溝口1-8-3 Mizonokuchi exビル 6F
電話 : 044-322-0708
--------------------






八海山バル 溝の口本店居酒屋 / 武蔵溝ノ口駅溝の口駅高津駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
スポンサーサイト
イベント&モニター | 【2016-04-14(Thu) 21:47:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |