借金一本化
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Event】北栄町のおいしい野菜を使った料理教室 ~コナンのふるさとは砂丘作物の宝庫☆



『おうちでできる♪ 野菜がおいしい料理教室』で、
鳥取・北栄町のおいしい野菜を使った
目からウロコなお料理を教えてもらいました。

野菜好きだけど、外食ばかりで自炊率の低い私は
いい歳して料理のレパートリーが少ないので
野菜がメインのお料理は色々学びたいところ。

大好き鳥取のイベントってこともあって、
ワクワクしながら参加してきましたよ♪ ヽ(´▽`)/~♪



今回フューチャーされるのは、
鳥取県中部にある『北栄町(ほくえい・ちょう)』

“コナンに会える町”というキャッチフレーズでお分かりの通り、
漫画『名探偵コナン』の作者 青山剛昌センセイの出身地。
なので、コナンのふるさとと言って過言ではない!笑

正直、鳥取県に生まれ育った私でも
東部(鳥取市)と西部(米子市)のことは分かっても
北栄町のある中部のことは知らないことだらけ。

平成の大合併で、北条町+大栄町⇒『北栄町』
になったことだって、ここ数年に知りました。 (*´▽`*;)ゞ



なので、中部のことは鳥取市から米子市に行く時の通過点としか
記憶に無かったのですが、『コナン駅=旧・JR由良駅』を見てピンときた!

あっ!免許センターのところだ! Σ(゚□゚

鳥取ケンミンはみんな免許を取りに行くときは
由良駅の近くにある免許センターに試験受けに行くんだよね~。
数少ない汽車(今でも電車じゃないところがミソw)の始発に乗って、
試験受けに行ったよ、そうそう~。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・

と懐かしく思い出してたら、なんと!
今は免許センターが東部・中部・西部と3ヶ所出来てるらしい!!
エェェェ!ヒドイ!あんなに苦労して行ったのに! Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン
このゆとり世代めっ! (ちがうww)



懐かしさのあまり、本題が思いっきり脱線しましたが、
北栄町は鳥取でも有数の農産地。

『鳥取といえば?』の高回答率1、2を争う鳥取砂丘。
そのくらい鳥取は砂丘地が多い県で、
北栄町にも約1,000haにも及ぶ『北条砂丘』が広がってます。

手間をかけるほど良い土となる黒ボク土、
300年以上の研究により確立された砂丘地農業。
それぞれの地質を活かした農業で
北栄町は国内有数の優良砂丘農業地帯として発展してきたそう。



そんな砂丘地を活かした農産物には、
料理教室で使用された食材、
『砂丘らっきょう・大栄らっきょう』、『白ネギ』、
『砂丘長いも・ねばりっこ』の他にも、
北条砂丘ぶどう、大栄スイカ、メロン、トマトなどいろいろ。

『大栄スイカ』は、ドバイにも高値で輸出されるほど
海外でも人気もの。 (o^^o)



砂丘地農産物であるぶどうや長いもを使用した
ワインや地酒もあり、鳥取で最も有名なワイン『北条ワイン』は、
国産ワインコンクールでも高い評価を得るほど。

私も都内のレストランで食事をした時、
鳥取や島根のワインがぶどうの生産地としても
醸造所としても評判いいですよとオススメされた時は
内心にんまりしたことも。 (*´艸`)



ちなみに、今回の料理教室イベントの講師
野菜料理研究家のカノウユミコ先生
北栄町が生んだ最高の特産品。笑 ^^



北栄町の農家さんに生まれ北栄町ふるさと大使も務めるカノウ先生は、
家庭で簡単に楽しめる野菜料理教室を主宰しさまざまなメディアで活躍。

ベジタリアン料理教室も主宰されるカノウ先生の
今回の料理教室で紹介されたお料理は、
シンプルかつ素材の個性を新発見できるレシピばかり。



これなら私でも手軽に美味しく作れそう!
そう思わせてくれる北栄町のおいしい野菜を使った
野菜がおいしい料理5品がこちら。

  ねばりっこのだんご汁
  ラッキョウとイチゴのディル風味マリネ
  ブロッコリーのグリーンそぼろ
  ねばりっこと人参のキムチ風
  焼き白ネギのブランデーソース漬け



カノウ先生のワンポイントアドバイス。

野菜の美味しさを活かした料理する時は、
料理する道具、調味料にこだわるべし。

例えばこの白ネギを焼いているフライパン。
世の中にはお得に買える使い捨てみたいなフライパンもあるけど、
しっかり厚みのある熱伝導のよいフライパンなど
弱火でじわじわじっくり火を通して
野菜のウマミを引き出せるものを選ぶべし。

調味料もウマミ調味料に頼らず、『さしすせそ』の調味料にこだわり、
こちらも野菜のウマミを引き出せるものを選ぶべし。



そして、目からウロコだったのが『ブロッコリーのグリーンそぼろ』。

茹でて食べるしか発想が無かったブロッコリーを
そぼろにして彩りそのままに美味しいだけじゃなく
保存性も高まるだなんて、なんてステキレシピ♪ (o'∀'人)

ひき肉の代わりにしいたけを使い、
しょうがと白すりごまで食べ応えをプラス。

ビタミン、カロテンだけじゃなく鉄分も多く含む、女性に嬉しい食材。
このグリーンそぼろは活用しない手は無い☆ (`・ω・´)q



シンプルに素材の美味しさを活かしたこれらのお料理は、
レシピも頂きましたが本当にお手軽すぎて
レシピ無くても今回料理教室に参加して
センセイの実演を見ただけでお家で気軽に再現できそう♪

まさに、素材の個性という根本的な所を再発見させてもらえたから、
そのアイデアを憶えていたら自分でもカスタマイズして
もっと料理の幅が広がりそうだと思いました。 (о´∀`о)



で、ねばりっこのだんご汁を実演していた時の
『ねばりっこのとろろをスープに落としたら、
かきたま汁みたいにふわふわスープになりますよ~。』
というカノウ先生のアイデアが、
スープ好きの私の琴線にビンビンに響いたのでやってみた。

白ネギをじくじく弱火で焦げ目が付くまで焼いて、
そこに水を入れて『本枯鰹節・飲むおだし(かつお・昆布入り)』をIN。
この『本枯鰹節・飲むおだし』、手軽なティーバッグだけど
原材料が鰹と昆布というシンプル・イズ・最高クオリティモノ。
超オススメ☆

鰹と昆布の出汁のウマミに、
香ばしく焼いた白ネギから滲み出た甘みと香り。
そこに、ふわふわなくちあたりのねばりっこ。
お腹があたたまる冬にぴったりのスープになりました♪

ねばりっこをそのままだと粘りが強すぎてツミレ状になりそうだったので、
お出汁で溶いてやわらかくしたのがふわふわのポイントだけど、
うっかり固まる前にかき混ぜてしまったので、
シャンパンゴールドの出汁を濁らせてしまったのが残念無念。 orz...

今度は粕汁で応用してみたいな。 (o^^o)



イベント会場だった『とっとり・おかやま新橋館』

帰りに1階のアンテナショップでお買い物がてら物色。



なんと、料理教室イベント参加者が買ったのかどうなのか、
鳥取県のらっきょう売場がごっそり品切れしてました。 Σ(゚□゚



それとも、この『1日4粒で血液サラサラとも言われています』
っていう、キュートな手書きPOP効果か?

常々、カレーにはらっきょうだろ! ヾ(。`Д´。)ノ
と思っている私は、関東の真っ赤な福神漬け文化には
常々食傷していたので、この勢いで付け合せにはらっきょうという
選択肢も増えて欲しいな。

願わくば、そのらっきょうが鳥取県産であればなおうれし。 (о´∀`о)

鳥取の砂丘らっきょうには、
大きく分けて北栄町産と福部産があるのだけど、
(ちなみに、鳥取砂丘に近い産地が福部産。)
アンテナショップに福部産のらっきょうしか残ってなかったワ!
北条砂丘の北栄町産が食べたいワ!って時は、
JA鳥取に注文するって方法もアリ。


<らっきょう漬>
鳥取中央農業協同組合 大栄支所 組合員課
〒689-2221 鳥取県東伯郡由良宿561
電話 : (0858)49-1153
FAX : (0858)37-5280



実は、野菜売場が充実している『とっとり・おかやま新橋館』

マルシェのように並べられた色鮮やかな季節の鳥取の野菜たち。
白ネギは北栄町のお隣倉吉市のものでしたが、
葉ネギは北栄町・平田さんのものでした。

そうそう、関東(東日本?)では白ネギが一般的だけど、
西日本では葉ネギが一般的なのよね。
私も、ネギといえばほぼ緑の部分が占める葉ネギだと思ってたし。笑

でも、この加熱した甘みはやっぱり白ネギならでは。
それぞれの特徴を活かしてお料理に活用できるようになりたいな~。 (*´ェ`*)


<ねばりっこ・白ネギ>
とっとり・おかやま新橋館
〒105-0004 東京都港区新橋1-11-7
電話 : (03)6280-6474




関連記事
スポンサーサイト






tag : 新橋~虎ノ門 アンテナショップ巡り 鳥取 Other_Event&Monitor
とっとりネタ | 【2016-01-11(Mon) 22:14:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |