借金一本化
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Event】第2回クロネコヤマト アンバサダーミーティング ~テーマは『小歳暮(こせいぼ)』 #クロネコアンバサダー



『クロネコヤマト アンバサダーミーティング』第2回は、
ヤマト運輸が提唱する『小さな贈り物』のコンセプトについて知っていただき、
『モノを贈ること』の意味を再発見するというもの。

もちろん登場するのは、2015年4月から
新しくサービスが始まった『宅急便コンパクト』

その『宅急便コンパクト』を利用して、
テーマの『小さな贈り物』のひとつの提案でもある
『小歳暮(こせいぼ)』についてのアイデアや利用シーンについて、
同じテーブルのブロガーさんやクロネコヤマトさんと一緒にワークショップ。

テーブルについて下さったクロネコさんは
以前ドライバーもされていたそうで、
私達利用者と直接触れ合う機会があるドライバーさんのお話は
とても身近で共感できるところがいっぱい。



クロネコヤマトさんの企業紹介の中で、

『物流を通して、皆様に愛される企業へ』

というスローガン(?)があったけど、
宅急便というサービスの進化はもちろん大切だけど、
やっぱり私達利用者と直接ふれあう機会の多い
ドライバーさんが愛されないと、サービスも愛されないよね~
なんて、最近、大手さん以外にも増えてきた配送企業さんの
サービスを利用してみて思ってみたり。

もちろん、
“もっと早く、より高い品質で、ローコストで、更に便利に。”
の『バリュー・ネットワーキング構想』には大賛成ですよ♪ ヽ(´▽`)/~♪



ネットショッピングをよく利用している身としては、
その時の配送料が基準になっちゃって、
普段自分が宅配便を利用する時の料金がその2倍3倍となると
えー!個人的に気持ち込めて贈る時の方がお金かかるんー!?
って思いたくもなるもんね。笑

個人的に営業所へ持ち込んで配送する宅急便って、
実家とか親戚とか知人とか、たいてい決まった人に集中してるから、
そういう指定した送り先が割引になるサービスがあるといいのにね。
某ケータイ会社の家族割みたいなさ。



せっかく『クロネコメンバーズ』って会員サービスもあるんだし、
そこに登録してる送り先をサイトを通して配送申込みしたら
割引サービス適用できるとか、
システムをちょちょいと作っちゃってよクロネコさん。
(むちゃぶりww)

もちろん、お年寄りにサイト申込みとか難しいだろうから、
そこは営業所店頭の『ネコピット』を利用するとかね。

ってか、お年寄りにも利用しやすいネットサービス作るのが
一番いいんだろうけど。笑

あと、『クロネコメンバーズカード』はスマホアプリにして下さい。
どんどん電子マネー系のサービス使えるカード作ったって、
財布の中が膨らむだけで困りますわ~。
(結局持ち歩かず家でホコリかぶるだけだから作ってないけど。爆)



いきなり、クロネコさんへの日ごろのグチから始まってしまいましたが、
今回のアンバサダーミーティングのテーマは
『小さな贈り物=宅急便コンパクト』。

どうせ荷物を送るなら大きな箱にいっぱい詰めて送った方が
回数も少なくすむし料金的にもお得じゃない?
という、貧乏性かつめんどくさがりな私にとって、
正直、『宅急便コンパクト』はECサイトやネットオークション、
企業さんの書類発送とか、
法人的な人意外だとどんな時に使うの? (´・ω・`)?
という疑問しか無いサービス。



イベントの中で、『小歳暮(こせいぼ)』という
“贈り物を気軽に楽しむ”
“あたたかい気持ちから始まる小さな贈り物”
という発想を聞いて、なるほどと納得。

そうか、お店とか旅先とか“気持ちが動いた”時、
あれこれ欲張らずサッと気軽に贈る時に使うのか! (*゚O゚*) ナルホロ

まあ、だとしたらもう少し料金安くあってほしいけどね。爆


<参考>宅急便コンパクトの通常料金表(税込) 2015年11月10日現在
※画像は、ヤマト運輸公式サイトからお借りしました。

関東から中国地方への発送が702円+専用BOX65円。
そこから、クロネコメンバー割 BIG、デジタル割、持込割を適用した
最大割引料金が446円(税込)。

ここでいう『クロネコメンバー割BIG』は、
クロネコメンバーズ電子マネーカードのしかも“クロネコメンバーズBIG対応”カードを持ち
かつ、50,000円以上チャージしてる人ってマジですか! Σ(゚□゚

電子マネーにそんなにチャージする人いる?
しかも、他の電子マネーと一体型のカード作っても
そのチャージした金額はクロネコメンバー割でしか使えないって
一体型カードの意味半減ぢゃね?! Σ(゚□゚

ついでにツッコむと、店頭端末『ネコピット』で
送り状を作成した場合に1個につき50円引き割引の
『デジタル割』って、超めんどくさくないですか?
それ、クロネコメンバーズのネットサービスで何とかならんもん?
(使ったことないから、情報連携してるの知らないだけかもしれないけど。)



『持込割』の営業所に直接持ち込んだら1個につき100円割引は
まあ、分かるとしても、全部適用しようとしたら、
『宅急便コンパクト』もって営業所持ち込んで、
店頭で『ネコピット』端末操作して送り状発行して、
予め50,000円チャージした『クロネコメンバーズBIG対応カード』で決済する、
なんか、デジタルなようで超アナログ!超めんどくさい!



専用BOX軽いし、営業所めっちゃ近いから持込はアリとしても
『クロネコメンバーズ電子マネーカード』(しかもBIG)がくせ者でござる。
ただ、物理的にカードが増えるのと、5万円チャージした電子マネーが
宅急便にしか使えないってことが心理的にイヤなだけなんだけど。笑

ってことで、多分割引適用しても持込み100円割引で
667円(専用BOX込)支払うと思うんだけど、
やっぱりワンコインが理想だな~。



話を戻して、 『宅急便コンパクト』。笑 (*´▽`*;)ゞ

この 『宅急便コンパクト』にはご当地仕様のものがあり、
広島、沖縄、徳島、横浜と、ご当地ならではの特産品や
シンボル的な動物などがデザインされたとても郷土色豊かなもの。
なによりカワイイ♪ (*´艸`)

しかもそのご当地Box、ご当地のクロネコさんが
地元の人のニーズを受けて自発的に誕生したというから興味深い。

沖縄、横浜はなんとなくわかるけど広島、徳島ってなんで選ばれたんだろ?
と思ったら、選ばれたんじゃなくて自分達から作りたい!作らせて!
って発起して出来たってことなんだそう。

やりますな!広島と徳島のクロネコさん♪ ヽ(´▽`)/~♪

広島で、地元の人が自分好みのもみじ饅頭を
宅急便コンパクトに詰めて贈り物として送っていて、
中身が広島っぽいからボックスも広島っぽいのがあったらいいね、
って、そんな要望から生まれたそうな。
徳島もそんな感じ。

こういう動きが、地方にもっと自発的に広がるとステキだよね♪ (o'∀'人)



ここで、横浜Boxを担当した横浜市さんも登場して、
横浜が選んだ横濱ブランド『ヨコハマハイカラレーベル』の商品を
横浜Boxに詰める、小さな贈り物『小歳暮』体験♪



横濱ブランド『ヨコハマハイカラレーベル』のグッズを見て、
さすがヨコハマさん、グッズのチョイスもクオリティも高し! Σ(゚□゚
と驚いたことは言うまでもない。オサレすぎる。笑

この中から、テーブルを担当して下さったクロネコさんオススメの
餃子ちゃんストラップや、横濱デザインの和タオル、てぬぐいをチョイス。



横浜Boxは、ベイブリッジをはじめとした横浜ベイエリアの夜景と
県の鳥でもあるカモメがモチーフ。

Boxを開けると、横浜の観光情報にアクセスできるQRコードも。



緩衝材がわりにラッピング素材を使うと、
シンプル簡素な『宅急便コンパクト』も立派な贈り物に変身。

気持ちを贈るとなると、ラッピングとか考えちゃいますね、やっぱり。



いかに隙間なく無駄なくダンボールにはめ込むかに
注力してた宅急便“荷造り”とはやっぱり違うわ。笑

『小歳暮』楽しい♪ (*´艸`)



『宅急便コンパクト』には、専用の送り状が必要。
図らずしも横浜Boxのカラーとぴったりの水色でした。

そして、上の写真の黄色い台紙のシールは、
せっかくのご当地仕様の宅急便コンパクトのボックスデザインが
送り状を剥がしてボロボロにならないように保護するシール。

このシールをボックスに貼って、その上に送り状を貼ると
剥がすときキレイに剥がれるという優れもの。



なんと!
横濱ブランド『ヨコハマハイカラレーベル』
期間限定ショップ羽田空港ポップアップショップで、
お買い上げ2,000円以上のお客様先着1,000名プレゼントの
特製ノベルティバッグをお土産に頂きました♪ ヽ(´▽`)/~♪

これまたオサレ☆

ヨコハマ市民でも、ましてや神奈川ケンミンでもない私が、
ヨコハマさんのステキを贈りたい!の気持ちを詰め込んだ、

“あたたかい気持ちから始まる小さな贈り物” =小歳暮(こせいぼ)

さてさて、誰に贈りましょうか♪ (*´艸`)






** 【クロネコヤマト アンバサダープログラムのミーティング】に参加しました。 **

 ・ ちっちゃいもの送るなら。|ヤマト運輸
 ・ ヨコハマハイカラレーベル


関連記事
スポンサーサイト






tag : AMN 銀座
イベント&モニター | 【2015-11-10(Tue) 23:50:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |