借金一本化
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【レビューブログ】『くもんの先生』説明会 ~いつもの生活+αの生活をお仕事に。



~~~~~~~~~~
くもんの先生って、どんな仕事?
 ⇒ 家庭や子育ての時間も大切にできる仕事です☆

~~~~~~~~~~

はいココ!テストに出ますよ!
大切なことなのでもう一度言います。
 『家庭や子育ての時間も大切にできる仕事』
なんです! (`・ω・´)b

『くもんの先生』って、お子さんをもったお母さんは特に
“頼るもの”だと思っていませんか?

そうじゃないんです!なかったんです!
家事や家族との時間も大切にしながら
“あなたが”出来るお仕事だったんです!そうなんです!

今回、【”くもんの先生”説明会】に参加させて頂き、
ワタクシ初めて知りました。



『くもんの先生』は、誰だって始められる可能性を秘めたお仕事。
子供が好き、家事と両立しながら働きたい、そんなきっかけでOK。
先生になりたい!なんて、初めから大そうな志を持つ必要ナシ。

なぜなら、そんな不安を一掃してくれる
『KUMON』の手厚いサポートが
あなたをバックアップしてくれるから。

基礎から学べ実践的な充実した研修、
指導経験が無くても安心の『KUMON』独自マニュアル、
生徒さんの難しい質問に困った時の先生専用ダイヤル、
約2か月間、5回にわたって様々な研修が無料で受けられます。

他にも、『KUMON』の実績とブランドが支える、
運営・開設に関するサポート、収入に関するサポートが充実。


説明会会場には、『KUMON』の教材がズラリ。

そんないきなりフランチャイズなんて私には無理! (><)``
そんな心配や不安は、経験豊富な『KUMON』
地域担当スタッフが手厚くサポート。

教室開設から運営まで、
多くの先生を支えた実績があるからこそ
未経験者でもこれから安心して始められる
環境とノウハウが『KUMON』にはありました。 (*゚O゚*)

詳しくはコチラ。
 ⇒ 各種サポート くもんの先生募集|公文教育研究会


おお!コレはCMで野村萬斎さんが
スラスラ~♫ハッロゥ~♫(巻き舌)って言ってるやつだ!ヽ(´▽`)/~♪


要は、こういう環境やノウハウが整っているのは、
創立者自身も高校教師として活躍しながらも、
赤点を取ってきた我が息子にどうやって
『将来にわたって役立つ学力をみにつけさせるか』を
半世紀以上に渡り研究し、実践してきた
生徒を育てる実績が活きているんでしょうね~。 (о´∀`о)

ちなみに、『KUMON(公文)』の社名の由来は、
創立者のお名前『公文 公(くもん とおる)』さんから。
ご存知でした?
私はへーへーへー!のトリビアでした! (o゚∀゚o)ノ


ベビー公文だって教材は充実! Σ(゚□゚

しかも、『生涯続けたくなるお仕事』だから、
教室開設後の定年はなし! Σ(゚□゚

どんな企業でも、終身雇用だってあやういこのご時勢。
意欲があれば、自分のペースで働き続けられるなんて
夢のようじゃないですか!


パズルのピースについてるポッチを摘むことで、
鉛筆の正しい持ち方も自然と習得できる仕組み! (*゚O゚*)


確かに誰でも始められるチャンスがあるお仕事ですが、
もちろん、先生になるからには学力テストと面接があります。
学力テストは、算数・数学、英語、国語の3教科について、
中学生レベルの基礎的なテストだそうですよ。

『KUMON』の先生は、教材の学習を通じて
生徒の“学ぶ力”を引き出すプロフェッショナルを目指すもの。
答えや解き方を教えるのではなく、
生徒が自ら解く力を引き出すという『指導者の役割』を認識し、
サポートすることが重要ってことなんですね。 ^^



自分の子供が、学校で塾で、大人にどうやって教えて欲しいか、
どう見守って欲しいかを考えたら、
おのずと自分が何を身に付けてどう生徒と向き合うべきかが分かり、
自分自身の学習レベルやスキルも上がっていくのかも知れませんね~。

生徒の成長を身近に感じ、先生として自身も成長していく、
そんな生涯をかけて働ける、やりがいのある仕事なのかも、と思ったり。 ^^



初期投資で10万弱必要だし、最初の2年はロイヤリティーも半分以上で、
収支モデルでも最初は援助金とトントンの金額だったりと、
十分な収益を得るにはそれなりの年数と実績が必要そうですが、
 ⇒ 参考 : 収支例 くもんの先生募集|公文教育研究会

やっぱり生涯続けられる仕事とやりがいで、
長い目で考えるとペイされるお仕事なのかな。 (・∀・)

いつもの生活と自分らしい働き方を模索している女性のお方。
(ただし、55歳まで。 ⇒ 参考:募集要項
一度、【”くもんの先生”説明会】で相談してみるといいかも。



東京本社ビルには『公文公記念館 東京展示室』もあって
『KUMON』の歴史や創立時の貴重な品々を
身近に見学することが出来ますよ♪ (o'∀'人)



歴史を感じる手提げ鞄、子供への愛情を感じる手作りの教材。
公文氏の学ぶ気持ちを育てる情熱がここに詰まってました。 (о´∀`о)



** レビューブログさまのご紹介で、説明会に参加させていただきました。 **

 ・ ”くもんの先生”説明会


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

関連記事
スポンサーサイト






tag : レビューブログ
イベント&モニター | 【2015-05-11(Mon) 11:31:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |