借金一本化
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home | 
【Bling】ロコベースリペア製品 座談会 ~新しい“ミルク”をいち早くお試ししてきた♪


『ロコベースリペア』製品の座談会に参加してまいりました。 (*^^*)

『ロコベースリペア クリーム』は、昨年秋にモニターさせて頂いてから
乾燥肌の私の頼もしい味方になってくれました!
(⇒ 過去記事



今回は新しくリニューアルし、8月末に発売されるという
『ロコベースリペア ミルク』をひと足早くお試しさせて頂くだけでなく、
開発者のみなさまも同席する座談会にも参加させていただくことに! (*゚O゚*)ヒャー

Blingさまのこういう座談会に参加させて頂くのは
初めてなので超キンチョー! (゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)



まずは、自分のお肌で気になる症状やその部位、
今回、“クリーム”と“ミルク”をどのように使い分けたかなどを
アンケート用紙に書き出し、それを元に自己紹介。

参加者の中には、年中ひどい乾燥肌に悩まされ、
皮膚科でお薬を処方してもらうほどの方も。

その方が、「薬を処方してもらわなくてもよくなって驚いた!」
と言わしめるほどの『ロコベースリペア』のパワーには
改めて私も驚かされました。 (*゚O゚*)

デキルヤツだと思っていたけど、想像以上にデキルヤツだったんだね!

私の乾燥肌エピソードなんて、
なーんのハナシのネタにもなりませんわww



自分のお肌エピソードを交えながらの自己紹介で場が和んだところで、
座談会では“クリーム”と“ミルク”の違いを知るための、いろんな実験をしました。

まずはオレンジの皮が3枚登場。

それぞれに、『ロコベースリペア クリーム』を塗ったもの、
『ロコベースリペア ミルク』を塗ったもの、なにも塗らないものとして下準備。


何も塗っていない方は漢方の陳皮かってくらいペラペラ。

ジャーン!
コレ、数日その状態で放置したもの。

何も塗っていないものは、カッピカピのペッラペラになっているのに、
“クリーム”や“ミルク”を塗ったものは
まだフレッシュさを保っている状態なんです! Σ(゚□゚

“ミルク”を塗った方は、若干セミドライフルーツな感じかもしれませんが、
“クリーム”を塗った方は、ホントにまだ
果皮も厚みを保っていられるほど瑞々しさを感じます。

それだけ“クリーム”の方は、潤いをカバーする力と
保湿効果が高いと言うこと。

この実験結果にはホントに驚き。 (*゚O゚*)ホホゥ



続いての実験もスポンジが3つ登場。

先ほどのオレンジの皮と同様、1つは何もせず、
残り2つにそれぞれ“クリーム”と“ミルク”を1面に塗ります。

私は“ミルク”の方を塗る担当だったのですが、
ミルクはテクスチャーがコクの強めの乳液タイプなので
伸びがよいのが特徴ゆえにスポンジが吸い込んで塗るのが大変でした。 (^w^)

今度は、スポイトに入った赤い色水が登場。



その赤い色水をスポイトでスポンジの上にポタポタ。

何も塗っていない方はもちろん色水を吸い込みますが、
“クリーム”と“ミルク”塗った方は水滴を弾いてます。 (*゚O゚*)

これまた、“クリーム”を塗った方の玉のような弾いた水滴といったら! Σ(゚□゚

肌表面に皮脂膜を形成し、表面を覆って保湿するだけじゃなく、
その皮脂膜が水にも強くて洗い物とかしても汗でも流されないから、
効果がキープされるってことだね。 ^^



最後の実験?は卵(ゆで卵)に塗って、テクスチャーの違いを体感。


左 : “ミルク”を塗った卵   右 : “クリーム”を塗った卵

なるほど、肌に塗るより卵に塗った方が見た目で分かりやすいね。

“クリーム”の方は、防腐剤無添加のために水分量を極力減らした
硬めのテクスチャーだから、卵の表面をしっかり厚みをもって覆えているのが分かります。

“ミルク”の方は、人肌の体温がない卵の表面でも
指先の温かさですばやくツイーっと伸びて瑞々しく表面を覆っています。



後で手で覆って温めると、“クリーム”の方もちゃんと馴染んできました。

昨秋に“クリーム”の方をモニターした時、
この“温めて馴染ませて使う”っていうのがホント面倒くさくて、、、
それもあって、伸びがよくて広い範囲にも使いやすい“ミルク”の方が
使い勝手がよくて絶対いいよなーって思ってました。

座談会に参加するまでは。

開発担当さま曰く、“ミルク”タイプがリニューアルしたことにより、
実際の保湿力やカバー力はどちらも大差はないそうなのですが、
この実験結果を見ると、やっぱ“クリーム”のカバー効果ってスゴイなと。 Σ(゚□゚

手間を惜しんでちゃ、本当の効果は得られないってことだね。
反省。。。 (´・ω・`)``



でも、やっぱり“ミルク”の手軽さは捨てがたい。

ポンプタイプで適量がぴゅっと出しやすいのはもちろんだけど、
この二重構造になった、最後まで使い切りやすいこだわり構造のアイデア。 (゚∀゚)オオ!
うむむ、やりますな。

“クリーム”のチューブタイプは、テクスチャーが硬いこともあってか、
適量を絞りだすのがちょいと難儀な時があるんだよね。

どちらも片手で開けられたらもっと便利なんだけどね。 (^ω^)


なにわともあれ、まずは両手でしっかり温めるべし。

最後に、ビューティーライフアドバイザー四条さやかさまに、
こういう保湿クリームの塗り方のコツを教えていただきました。

そうですね、スキンケアは何事も手間を惜しんではいけませんねー。 (*´▽`*;)ゞ

クリームや乳液は、手のひらに取った後、両手を合わせて温めることで
お肌に馴染ませやすくすること、なにより伸ばしやすくなる。

塗る時も、リンパの流れやツボへの刺激を意識して
ただ惰性で塗るのではなく、マッサージを意識すること。

このひと手間や些細な行動に意味をもたせることで、
いつものスキンケアが、自分のお肌のポテンシャルを引出し
コンディションをさらにアップさせることができる、
自宅エステに変えることができるってわけだ。 (o'∀'o)b

今回の座談会は意見交換というより、学ぶことが多い場だったなー。
とても有意義な時間になりました♪ ^^


** Blingさまのモニターに参加しています。 **

 ・ ロコベースリペアについて 詳しくはこちらから





関連記事
スポンサーサイト






tag : Bling
イベント&モニター | 【2013-08-06(Tue) 16:05:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | Home |