借金一本化
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
五反田 おにやんま ~ひさしぶりの“おにやんま”で、やっぱりとり天。^^


いつもいつもいーーっつも、行列の“おにやんま”さん。
特にメディアで紹介されるようになってからは特に。

“行列には並ばない”がモットーのワタクシは、
いつも横目でチラ見しながらチッっと舌打ちして通りすぎて
もう1年以上経っただろうか。



この日も不完全燃焼だったサブウェイさんを出て、
この時間なら空いてるかも!っと思って行ってみるも券売機の前に4人。
諦めきれずに、東急ストアを意味も無くブラっと巡って
もう一度来てみたら待ち人ナシ! ヽ(´▽`)/~♪

待ち人なしとは言っても、店内はずーっと満員で
入れ替わり立ち代りが続いてました。
まだまだ人気店なんだね~。 (*゚O゚*)



変わらずこじんまりした店内に、
10人で満員御礼のコの字カウンター。

こんなに狭いカウンター内に3人もスタッフさんが入ってて、
最小限の動きでテキパキと働いてる姿を見ているのもまた楽し。 ^^



【とり天うどん(温)並盛】

390円ナリ。 安い! Σ(゚□゚

麺も茹で置きだし、とり天も揚げ置きなので、
おそらく1分足らずであっという間に提供。



でも、回転が速いのでとり天とかアッツアツ!
猫舌の私は、口のなかではふっ!はふっ!アヂ!って忙しいのですww

別にゆっくり食べればよいのでしょうが、
立食い屋さんって急がねば!と焦ってしまうんですよねー。
でも、私の後に入ってきた2組が余裕で先に食べ終わってました。 orz...



手打ちらしく、麺の端っこのピロピロが入っているのがかわいい。 (^w^)

啜れば、つるりとなめらかな喉ごし。
噛めば、表面はやわらかく中心はむちっと弾力のある麺でした。



透き通った関西風のお出汁は、いりこの出汁がなじみ深くて
1滴残さず最後まで完飲。

もう暖かくなったし、冷やうどんにしようかと思ったけど、
やっぱりこのお出汁は温かい方がいいな~。
ほっこりや~。 ・:*:・(*´▽`*)・:*:・



おうどんにはやっぱり生姜だな~。
最後にたっぷり入れて、おなかぽかぽかになってごちそうさま。 (^人^)

とり天ってこんなに揚げ色薄かったっけ?とか、
麺ってやわらかかったっけ?とか、
お出汁ってこんなにあっさりしてたっけ?とか、
オープンしたての頃に訪れたあの感動ほどはなかったけど、
やっぱりこのお出汁のおうどんって好きだわ~。

また訪れても多分とり天だな。 (^w^)


----------
五反田 おにやんま
 ⇒ 食べログ
----------



関連記事
スポンサーサイト




tag : 五反田
 ≫和食 | 【2013-04-30(Tue) 19:08:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
五反田 ボロニアソーセージ&アボカド サブウェイ五反田西口店


おいしいが摂れる!ヘルシーが摂れる!バランスが摂れる!
≪摂ろうぜ!アボカド!!≫




ということで、やってまいりましたサブウェイさま。 (*^^*)

いつも閉店30分前くらいに駆け込みするワタクシですが、
今日は早めにチェックイン。 ^^

この時間帯はやっぱりお客さまが入れ替わり立ち代りですねぇ。


最近、メニュー表がリニューアルしましたね。

アボカド好きとしては、いつも『えびアボカド』の定番をチョイスしてしまいますが、
今日は期間限定サンドイッチの方を。

お店の中でも外でも、期間限定サンド、イチオシですね。 ^^



『ボロニアソーセージ&アボカド』のおススメパンとドレッシングは、
『ハニーオーツ』と『ドライトマトソース』。

もちろん野菜は大盛り必須! (`・ω・´)b



【ボロニアソーセージ&アボカド】

バジル入りの粗挽きボロニアソーセージとメキシコ産アボカドのサンドイッチ。

ボロニアソーセージって、イタリアのボロニア地方発祥のソーセージで
36mm以上のものを指すんだってー。 (wikipedia調べ。)

へー、太さのことまでは知らなかったー。 (*゚O゚*)



厚切りのバジル入りボロニアソーセージは
香りがよくて食べ応えアリ。

ドライトマトソースは濃厚な味わい。
勝手にチリソースと勘違いしてて、あれ?辛くない (´・ω・`)?
なんて思ってしまいましたww (*´▽`*;)ゞテヘ



でもさ、でもさ、ちょっと野菜大盛りが小盛りじゃない?
しょぼんだよ。 (´・ω・`)``

せっかく野菜のサブウェイさまに来た意味半減だす。。。


食べさしですんまそん。 m(_ _)m

それに、パンがトーストされていないから余計ペシャンコなのよぅ。 o(T□T )

トーストしますか?って尋ねられたから、トーストお願いしたんだけどねぇ。
私の後からオーダーした人には、
「パンがトーストできない状態で…。」って断ってて、
はて?って思ってたら私のもトーストされてなかった。 Σ(゚□゚

ゆってよー、私にもー(笑)

それとも私の聞き間違い?
(それならハズカシイー! (/ω\*)``)



----------
野菜のサブウェイ 五反田西口店
----------


** モニプラさまのモニターに参加しています。 **

 ・ 野菜のサブウェイ

野菜のサブウェイ


野菜のサブウェイファンサイトファンサイト参加中



関連記事




tag : モニプラ 五反田
 ≫その他_食 | 【2013-04-30(Tue) 18:31:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【Monitor】CHICCA(キッカ) ラヴィッシンググロウ パウダーファンデーション


ファンデーションでは表現できない肌を演出する、
ファンデーションがあります。
パウダーファンデーションでもみずみずしい艶肌を。


【CHICCA/ラヴィッシンググロウ パウダーファンデーション】



冒頭にも書いた、

  『ファンデーションでは表現できない肌を演出する、
   ファンデーションがあります。』


って所でまず興味津々。

  ファンデーションでは表現できない“天性のツヤ美肌”を作るために、
  CHICCA(キッカ)は、肌づくりで巧妙な嘘をつく。


メイクって、云わば自分の持つポテンシャル以上に魅せる
“マジック”みたいなものだと思っているので、
この表現にとても惹かれました♪ (*´艸`)



 『そのツヤはどこから来たのか?』
 『毛穴や色ムラはどうやって消したのか?』
 『なぜこんなに首と顔の肌が一緒なのか?』

そんな3つの不思議をもつ、今まで見たことのない仕上がりのお肌が
“ファンデーションでは表現できない肌”。

CHICCAは“その肌”にこだわり、そこまで巧妙なウソをつくのが
“ファンデーションの真の使命である”とまで言い切るからスゴイ! (*゚O゚*)



そんな“パウダーファンデーションでは表現できない水のツヤ肌”
を演出できた不思議の理由は、

  人肌透明参加チタン高配合
  水のツヤを再現するスキニーグロウパウダー
  デコルテで肌色探しのシステム
  3色のグラデーションで、擬似肌立体感



ポイントはやっぱり4つ目の3色のグラデーションで、擬似肌立体感
だと思います!

デコルテで決まる肌色の基本色を中心に用意された、
濃淡3色のグラデーションカラーがパレットのよう。

この自分の肌色に近い3色を使い、立体感を表現することで
“生まれつきの美肌”をさらに強調するのだそう。



微妙な色の違いで6パターンの組合せ。

これだけ揃っていれば自分にぴったりなカラーも見つけやすいし、
ハイライト、シェードで立体感を表現するだけじゃなく、
季節ごとのお肌の明度変化にも対応できそう。 (*゚O゚*)ホホゥ

ちなみに、私の使用色は『Y-01』です。



もうひとつの“水のツヤを再現”のヒミツは、
【ラヴィッシンググロウ メイクアップベース ライトアップ】。 SPF36、PA++

肌表面をなめらかに整え、色ムラや赤みを抑えて
明るい印象にしてくれます。



皮脂吸着パウダー配合で、
パウダーファンデーションの美しい仕上がりを持続。

パウダー配合だから、使用前によーく振ってから使いましょう。
(`・ω・´)b



写真の見た目だとツヤっぽいですが、
お肌に伸ばしてみると水のようにサラっとうすーく伸びます。

パウダー配合らしく、サラサラした仕上がり。
私が乾燥肌だからか、“ツヤ肌”はちょっと分からなかったな^。



ファンデーションのブラシ初心者なので
ちょっと上手に立体感表現できなかったカモ(汗)

でも美術の成績はよかったから、濃淡3色の配色センスはよかったと思うよ。
(イイワケ。) (*´▽`*;)ゞテヘ

ハイライト効果で、頬のシミが目立たなくなるのは嬉しい~♪
ブラシだとふわっと自然な仕上がりになるね。 ^^



【ラヴィッシンググロウ パウダーファンデーション】と、
【メイクアップベース ライトアップ】をラインで使うのがおススメ。
合わせて使うからこそ、“水のツヤ肌”を演出できると思います。

濃淡3色使いで擬似肌立体感を表現するところが
図画工作好き(笑)にはビビっときてお気に入りになったので、
ブラシ使いをマスターして、もっともっと精進したいと思います~♪ (*´艸`)


** カネボウ化粧品さまに商品をいただき、モニターに参加中 **

 ・ カネボウ化粧品
 ・ CHICCA/ラヴィッシンググロウ パウダーファンデーション
 ・ ラヴィッシンググロウ メイクアップベース ライトアップ



続きを読む>>
関連記事




tag : Other_Event&Monitor
イベント&モニター | 【2013-04-30(Tue) 12:02:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ