借金一本化
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【ふれる南宗谷*再発見】旅行中ツイートまとめ ~1日目
<*発掘*てっぺん宗谷探検隊モニターツアー>
冬の宗谷の食・大自然を味わう!『ふれる南宗谷*再発見』コース

旅行中のツイートまとめ。
1日目の巻。

*****





関連記事
スポンサーサイト




tag : 北海道 ふれる南宗谷*再発見
 ≫旅した場所 | 【2013-02-28(Thu) 23:09:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【Fans:Fans】ホットで飲む「カルピス」、アレンジレシピ人気投票!キャンペーン



Fans:Fansさまでご紹介頂いた、
【ホットで飲む「カルピス」、アレンジレシピ人気投票!キャンペーン】
で、カルピスと朝顔グラスが届きました♪
(*^^*)



カルピスHPを参考にした『しっとり蒸しケーキ』を作ってもらいました。
薄力粉を米粉に変えて挑戦。

カルピスの酸味でさっぱり。
カルピス以外甘味料は使ってないので
爽やかな甘さのケーキでした。
(*^^*)

カルピスはもちろんホットカルピス♪

いろいろ割ってアレンジしてみました。
美味しかった順にランキング。



<第1位>

トマトジュース(加塩タイプ)

トマトジュースが大嫌いという彼女が飲めたんだから
これは間違いなく№1でしょう!



<第2位>

野菜&フルーツミックス

やはり一番安全パイな組み合わせですな。
(^w^)



<第3位>

マンゴー&かぼちゃ

カルピスを混ぜるとカボチャの良さとカルピスの香りが
打ち消されてしまって、ちょっと残念なマンゴージュースに…。



<第4位>

これが1位になるんじゃないかという下馬評が、
まさかの最下位。

野菜ジュースが少し水っぽい感じだったのが敗因か。

単体で飲めばとっても美味しいんだけどなぁ。
(´・ω・`)``




因幡の国から届いたオニエビとアワビを酒蒸しして
簡単ネギ塩と和えたら思いのほか美味しかったので、
焼きビーフンにしてみました。

美味しかったけど、大国主サンに見せたら
アワビもったいないー! ヾ(。`Д´。)ノ
って言われそうね。 (^w^)




関連記事




tag : AMN
イベント&モニター | 【2013-02-26(Tue) 18:37:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新橋 レストラン・トットリーネ TOTTORINE 『鳥取いいね!』 ~鳥取和牛オレイン55の特別コースを堪能してきた♪の巻。


先日訪れたばかりですが、また行ってまいりました
<レストラン・トットリーネ TOTTORINE 『鳥取いいね!』>さん。

その目的は期間限定で提供されている、
【鳥取県の高級和牛オレイン55の特別コース】を食す為。

http://blog-imgs-43.fc2.com/u/t/s/utsuro/page1_20130224131103.jpg" alt="" border="0" width="60%" />">
※画像は、トットリーネHPのインフォメーションページ

2月18日~3月2日までの間、トットリーネオープン企画として、
ディナーのコース料理が鳥取の高級和牛『オレイン55』を使用した
特別コースで提供中。


という訳で、また来たよ。^^

先日はランチ訪問だったので、 (⇒過去記事
この『オレイン55』を食するメニューが無く、
またの再訪を誓ったわけです。


この後、このお隣の席もカップルさんで埋まる。

土曜日は空いてるかな?と思って来たのに、
なんとお店はお客さまでいっぱい。 (´・ω・`)

ちょっと残念。。。 (ウソ)



オヒトリさまの時はこのカウンターの端っこ。 ^^

カウンターに座るとシェフさんが料理してるのが
ライブで見れて楽しいのに、
リニューアルしてガラスで遮られてしまったよう。。。 (´・ω・`)``

まあ、目の前にグリルがあって
熱くてしょうがなかったからいいんだけど。
(どっちだ)



ドリンクはもちろん『鳥取大砂丘 ジオブルー』

トットリーネに来るとドリンクまで鳥取産にしたくなる。 (^w^)
(ゲコだし。)

鳥取産のペリエみたいなガスミネ作ってくれたらいいのに。
あと冷たいお茶もww



【アミューズ : 一口のお楽しみ料理】

ひとくち前菜は、境港産のヒラメのカルパッチョ。
今日は『鳥取和牛オレイン55』目当てだから網代港シバリはしませんよ。^^

となみに、鳥取の県魚は“ヒラメ”だってご存知?


ととリ~ン♪ (*´艸`)

ちなみに、私が愛してやまない鳥取のゆるきゃら『ととリン』が
小脇に抱えているのは県魚のヒラメなのよ。



むっちりと肉厚なヒラメ。



【オードブル : 野菜たっぷりの彩りサラダ 鳥取の味覚を添えて…】

倉吉産のお野菜たっぷりサラダ♪

おお!今日のサラダほうれん草は緑が濃厚でこれまた肉厚!
ぐわしぐわしと頂きますよ!

サラダほうれん草と水菜のグリーンを彩るのは、
辛味ダイコン、紅芯ダイコン、赤カブと、、、



このバラの花びらのように散らされているのは、
三朝(みささ)温泉のある三朝町で作られたイノシシの燻製肉。

まじイノシシ? Σ(゚□゚

って思うほど、臭みもクセもないお肉。
燻製されて上手に消されているのか、
もともとそういう特徴を持つシシ肉なのか。



赤カブのピクルスがらっきょうみたいでびっくりした!

ちょっとピリっとくる、スッパ辛いピクルス。
甘めの梨酢ドレッシングのアクセントになって、食が進みます。



【スープ : 鳥取県中西部名物の牛骨スープ 鳥取県特産の野菜飾り】

牛骨でとった濃厚白湯スープにブロッコリーとダイコンのチップス。
ダイコンのチップスが濃厚スープを吸い込んで、
薄くて儚いんだけどジャキジャキ食感になってウマさアピール。



白湯スープの中には、すりおろした砂丘長いも。

自分でかき混ぜるから“すりながし”とはちょっと違うかもだけど、
スープがとろんとろんになって、口当たりが艶めかしい~。 (*´艸`)



【魚料理 : 鳥取の漁港から届いた 本日の鮮魚ポワレ】

網代港からもいくつかお魚が届いていたようで、
お魚料理は網代港産のヒメコダイ。 (ΦωΦ)

そして、スタッフさんの故郷でも、『流しびな』の故郷でもある
用瀬(もちがせ)産の白菜。
アグレッシブなクレソンがカッコよす。 ^^



ほろほろと繊維質なやわらかい白身。
しっとりしていて、ほんのり甘い。

お箸で食べる時は気にならないけど、
フォークで食べる時は骨が残っていると上手に取れないジレンマ(恥)
テーブルマナーって苦手ですぅ~(イイワケ)



程よいシャキッと感が残りつつも、くったりと煮込まれた白菜。

伯耆町・久米桜酒造の地酒『八郷(やごう)』で作られた
豊かな香りとコクのクリームソースが、イタリアンの中に和の要素。



【肉料理 : 鳥取和牛オレイン55の網焼き】

本日の真打ち登場。『鳥取和牛オレイン55』さんどどん!

『鳥取和牛オレイン55』とは、今、鳥取県がイチオシ中のブランド牛で、
牛肉の口溶けの良さに関係していると言われる“オレイン酸”を55%以上含む和牛のこと。
鳥取系の血統は、この“オレイン酸”が多いんだってー。 (*゚O゚*)ホホウ


あれかな?

しかも、その“オレイン酸”を多く含ませる為の飼育方法って
コレって言うのが確立されていないんだって。

1966年の第1回全国和牛能力共進会で1等賞に輝いた
鳥取県の種雄牛『気高(けたか)号』の血統を強く引継ぐほど
オレイン酸含有量が高くなる傾向にあるらしいけど、
脂肪の“質”にこだわる『鳥取和牛オレイン55』は、
鳥取和牛のうち15%程度が選抜されて決められるから数も稀少。



ハイカラな名前が付いているから、鳴り物入りの新生アイドル登場かと思いきや、
手間隙かけたこだわり飼育と優れた血統に裏打ちされたサラブレッドだったのね!
(詳しくはお店に置いてあるリーフレットを見てね。^^)



正直、霜降り肉って苦手なワタクシですし、
お腹も減っていない状態で挑んだコースなので
見ただけで肉汁溢れそうなのが分かりやすいお肉にびびる。

しかし、オリーブオイルの主成分でもある“オレイン酸”が多い肉
って言うのは、これほど脂がしつこくないものなのか!



もこ●ちが何にオリーブオイルばんばんかけたら
こんな肉になるの?(ならない)
そんなことを考えながらペロリ完食。

溶ける肉ってよく言う表現だけど、『鳥取和牛オレイン55』は本当に
口の中でとろける香り高いお肉。
脂身が美味しいって、豚肉の表現じゃなかったっけか?
そう思えるくらい、脂身が付いてたけどイヤな感じひとつ無く食べられました。



ちなみに、『鳥取和牛オレイン55』料理でテーブルセットされたコチラ、
『鳥取和牛オレイン55』がもっとうまくなる三種の神器。

 ・ 鳥取県産有機エゴマ100% えごまの油
 ・ 境港 天然本まぐろ魚醤
 ・ 黒の秘密 黒にんにく粉末と赤穂の焼き塩

『鳥取和牛オレイン55』を食す時、自分好みのアレンジにお使い下さい、
って言われたけど、お隣のカップルさんは野菜にも使ってて
美味しいって言ってました。

そして、『鳥取和牛オレイン55』はシンプルに食べてこそウマイという結論に達する。
もう食べ飽きたわ、って言うくらいたくさん食べて
でももっと食べなきゃいけないって時に使いたいと思いますww

『境港 天然本まぐろ魚醤』、玉子ごはんにかけたらウマイと思う!



【デザート : 鳥取土産の『ふるさと』デザート】

こちらのデザート、特別バージョンだそうです。 ^^

先ほどもお魚料理で登場した鳥取の地酒『八郷(やごう)』
酒粕で作られたパウンドケーキ、
大山乳業のミルクで作られたブラッドオレンジのヨーグルトアイス、
鳥取産のリンゴ、イチゴと鳥取産じゃないけど美味しいオレンジ。 (^w^)

この酒粕パウンドケーキ、ほんのりと日本酒の香り、酒粕の芳しい風味で、
しっとり口溶けもよく美味しい♪
ブランデーケーキより日本人ウケしそう。



食後のコーヒーは【大山紅茶】で。

この日、のんびりランチでお腹いっぱいだった後に、
京橋から新橋まで寄り道しながらお散歩したとはいえ
全くお腹が減っていない上、私にしては珍しく早い時間からのディナー。

今回食べたコースは、お魚料理とお肉料理の両方が食べられる
『ふるさと 鳥取フェア特別メニュー』を頂きましたが、
どれも少なめポーションでお願いしています。



そういうこともあってか、気を使って頂き、デザートは特別バージョンで。
食後のコーヒーも【大山紅茶】を選ばせて頂きました。

ありがとうございます。 m(_ _)m



そして、帰り際に来週お誕生日だっていうお話をスタッフさんとしていたら、
シェフさんが鳥取銘菓『鳥取大砂丘』と
『ミルク栽培ブルーベリージャム』を下さいました♪

鳥取銘菓『鳥取大砂丘』ってウマイよね!東京で売ってないよね!
っていう話をしてテンションがあがる。 (^w^)


奥のテーブル席では、グループさんが盛り上がってました。

『トットリーネ』さんは、大人数のパーティーでも、カップルさんでも、
私のようなオヒトリさまでも、どんなシチュエーションでも楽しめるお店。

オトコマエのシェフさんもスタッフさんもいらっしゃるので、
鳥取のお話、お料理や鳥取食材のお話、何でも聞いてみて下さい。



私も、お隣で曖昧な鳥取ネタのお話をしているカップルさんに
突っこみたくなりましたよ。

そんな下世話なことはしませんが(笑)、曖昧な鳥取ネタよりホンモノの鳥取小噺。
せっかくアンテナショップのレストランに来たのだから、
ホンモノの鳥取ネタを仕入れて帰ってください。 ^^

シェフさんが若松葉持って行ったらなんか作ってくれるって
言ってくれたの本気にして、今度持ってこ~♪ (*´艸`)


----------
レストラン・トットリーネ TOTTORINE 『鳥取いいね!』
----------



関連記事




tag : 鳥取 イタリアン アンテナショップ巡り 新橋~虎ノ門
 ≫各国料理 | 【2013-02-23(Sat) 20:43:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ