借金一本化
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【Trenders】ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク


【ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク】

乾燥や加齢で失われがちな油分をおぎない、
うるおいをキープ。




【ミノン アミノモイスト】シリーズといえば、独自のアミノモイスト処方。

お肌の潤いの素である『アミノ酸』の保湿力に着目。
製薬会社が皮膚科学に基づいて開発した、敏感肌、乾燥肌を考えたうるおい処方。
使い続けることで、柔肌感触を忘れた乾燥肌を、柔らかいしっとり肌へ。



【モイストチャージミルク】の他に、スペシャルケア用の保湿マスク
【ぷるぷるしっとり肌マスク】もモニターさせて頂きましたが、
【ミノン アミノモイスト】シリーズには自分のお肌タイプや、使用感の好み、
目的に合わせたケアアイテムが揃っているので、選ぶ楽しみがあるのも嬉しい♪ (*^^*)

製品一覧はこちら



使い方は、普段使用している化粧水の後に、
清潔な手のひらに適量(1~2プッシュ)をとり、顔全体につける。

最後にやさしく両手で顔を包み込むように、なじませるのがポイント。

この2ステップで、秋冬の基本の保湿スキンケアはOK。 (`・ω・´)b

面倒くさがりだけど、オールインワンだと物足りない私のお肌には、
この2ステップが丁度よさそう。 ^^



クリームよりは柔らかいけど、乳液よりはクリーム感の強い
ぽてっとしたテクスチャー。

お肌の表面をしっかり覆ってくれるんだけど、伸びが良くて
じんわりお肌になじんでいく感じ。
付けてしばらくペタっとするほど、保湿が続きます。

使い続けることで、水分と油分のバランスが整い、やわらかいキメ細やかな肌へ。

最近、朝晩寒かったり日中乾燥した日が多くなってきましたが、
目もと口もとの乾燥が緩和されて、インナードライも感じない。
お肌の表面がしっとり柔らかく保護されてるような感触が嬉しい~♪(*^^*)

** 第一三共ヘルスケアのモニターに参加中 **
 ・ ミノン アミノモイスト
 ・ ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク
 ・ 第一三共ヘルスケア



続きを読む>>
関連記事
スポンサーサイト




tag : Trenders
イベント&モニター | 【2012-09-30(Sun) 21:02:03】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
【Trenders】フリープラス モイストケアローション2


【フリープラス モイストケアローション2】

敏感肌研究から生まれたフリープラス(freeplus)。

うるおいがたっぷり角質に浸透し、
肌のキメを美しく整えて守り続けます。




【フリープラス】は、お肌のお悩みに合わせて選べる
『モイストケアライン』と『エイジングケアライン』の2タイプ。

今回は、お肌のキメを美しく整えて守り抜く『モイストケアライン』の、
保湿化粧水の中でも"しっとり"タイプを使用。

保湿には保湿を重ねたいよね。 ^^



【フリープラス】のポイントは、『free』と『plus』。

<free>(フリー) → 肌に負担の無い素材を使った、低刺激処方
 ・ パラペン、紫外線吸収剤、アルコール(エタノール)、鉱物油、無添加
 ・ 無香料、無着色で、肌に近い弱酸性
     ⇒アレルギーテスト、パッチテスト、スティンギングテスト済み

<plus>(プラス) → 肌を保護して、環境に左右されにくい肌状態へ
 ・ 新6種の和漢植物混合エキス(保湿)配合
     ⇒健やかな角質に整え、外的環境から肌を保護してうるおいを守る
 ・ 角層のバリア機能をサポート



使い方は、洗顔後、コットンまたは手にたっぷりとり、
顔全体にやさしくなじませます。

たっぷりの目安は、コットンがしっかりぬれるくらい。



すこーし白濁した、これまたすこーしとろみのあるテクスチャー。
コクはすごーくあって、お肌の表面を膜のようなヴェールで覆ったと思ったら、
じわりと浸透していきます。

とろみテクスチャーは、手のひらでお肌になじませる時に
お肌に直接触れている感覚が少ないから、
摩擦や刺激が軽減できるようでお気に入り♪ (*^^*)

化粧水だけ付けた時点で、ちゃんと潤っていることを実感できますよー。 ^^


** カネボウ化粧品のモニターに参加中 **
 ・ フリープラス モイストケアローション2
 ・ カネボウ化粧品



続きを読む>>
関連記事




tag : Trenders
イベント&モニター | 【2012-09-30(Sun) 20:50:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【SUNTORY】プロ直伝!本格カクテルを体験しよう ~基本から最新スタイルまで~


カクテルが好きです。
バーカウンターの向うに並ぶ、色とりどりのボトルを眺めながら、
バーテンさんやお酒に詳しい人からカクテルのウンチクを聞くのも好きです。



もちろん、バーテンさんのシェイカーを振るお姿や、
その手から造り出される、
魅力的な色気をまとうカクテルたちを眺めるのも好きです。



とにかく、あのBarという空間の全てが大好きなのです♪ (*´艸`)

でも、最近の若い人はBarとかカクテルとかから離れているそうです。
とっても残念。 (´・ω・`)
あんなに素敵にお酒が楽しめる場所ってないのにねぇ。。。



まあ、私のボヤキは置いといて、、、

サントリートピックスさまからのお誘いで、
そんなカクテルの基本から最新スタイルまでを体験しよう! (`・ω・´)b
というイベントに参加してまいりました。



会場にはカクテルといえばでお馴染みのバーツールがスタンバイ。

一気にテンションアップ↑



まずは、『カクテル』とは何ぞや?ってことで、カクテルについてお勉強。

『カクテル』とは、<お酒+Something>。
つまり、数種の酒、果汁、薬味(ハーブ、スパイス)などを混ぜ合わせた飲料。

そして『カクテル』の語源は、『オンドリのしっぽ』である
"Tail of cock"(テール・オブ・コック)。

http://blog-imgs-43.fc2.com/u/t/s/utsuro/pic1_20121016220815.jpg" alt="" border="0" width="60%" />">
詳しくは、SUNTORYさまのLiqueur&Cocktailのサイトでどうぞ。
読んでいるだけでカクテルが飲みに行ってウンチク語りたくなるよ。^^


しかも、ミックスドリンクそのものの名前を尋ねたのに、
それを混ぜていた棒の名前を答えて、
そっちがドリンクの語源になっちゃうんだからおもしろいよね。 ^^

こんな感じで、カクテルの語源もそうなんだけど、
星の数ほどあるカクテルの種類それぞれにも、
そのカクテルが生まれた逸話があったりするから、
カクテルの世界って楽しいのよん♪



続いて早速、バーツールを使ったカクテル講座。

カクテルには、ショート・ドリンクとロング・ドリンクの2種類あって、
作り方も、シェーク、ステア、ビルド、ブレンドの4種類。


キミ達の出番ですよ。

まずは、早く使いたい『シェーカー』を使用する『ショート・ドリンク』から。



本日の講師は、元バーテンダーで現在はサントリーで
角ハイボールのレシピ開発も担当したという小松さま。

シェイカーの3つの部品の名前から始まり、それぞれの取扱い、
シェイクを作る手順まで教わり、デモンストレーションもしっかりチェック。


シェイカーがすっごく冷たくなって大変っていう発見! Σ(゚□゚

シェーカーの底の部分『ボディ』に
ベースのお酒、その他の材料を注ぎ、氷を8分目まで入れる。

シェーカーの真ん中、上部の蓋のような『ストレーナー』、『トップ』を被せて
小松さまに教わった握り方を見よう見まねで、シェイク!シェイク!シェイク!!

いっちょまえに雰囲気だけはしっかり出して、
3の字を描くように振ってみたり。 (*´▽`*;)ゞ

今回は、お酒は使用せずお水だけでやってみましたが、
シェイクすることで、シェーカーの中でお水と氷がぶつかり合い、
お水に細かい空気が含まれることで、口当たりがまろやかに。



続いて『ビルド』スタイル。

グラスに直接、お酒、ジュース等を注いで
『バースプーン』で混ぜ合わせる方法。

メジャーカップやバースプーンの持ち方、炭酸を飛ばさない為の割り物を注ぐ位置、
バースプーンを使ったステアの仕方、カットフルーツの魅せ方。
ひとつひとつのポイントにカクテルを美味しく仕上げる為の理由があり大切。 (`・ω・´)b



ここであの、小鼓みたいな形の『メジャーカップ』を初めて使用。

コレコレ、このメジャーカップからグラスへ注ぐ指使いも含めて、
流れるような所作がカッコイイよね~。 (*´艸`)



イタリアで大人気の、ハーブ&オレンジのリキュール
【APEROL】(アペロール)を使った、APEROLジンジャーの出来上がり~♪

ハーブ系リキュールといえば、カンパリが有名ですが、
オレンジのビターでスイートな香りが楽しめるアペロールも好きです。



センセイの講義もそこそこに、早速カンパ~イ♪



さあ、ここからは新しいスタイル【AIR MIX】(エアミックス)のご紹介。

サントリーさま、今日のイチバンのメインイベントです! ^^

カクテルムーブメントを起こし、新しいカクテル文化を創りたい!
そんなサントリーさまの熱い想いから誕生した【AIR MIX】は、
Tasty、Surprise、Moodの要素が強い
アメリカのカクテルシーンからヒントを得た新しいスタイルのカクテル。


シェーカーの部品が2個しかない時点で違うでしょ。

特製シェーカーによるカジュアルな演出と、
空気を含んだなめらかでフルーツ感たっぷりのカクテル。

  Tasty   ⇒ シェークによるなめらかな味わい、
             フレッシュフルーツを使用し、フルーツ感たっぷり。
  Surprise ⇒ 十分に空気を含んだカクテルと炭酸が生み出す新感覚の泡。
  Mood    ⇒ シェーク音がつくりだす特別な雰囲気。


小松さまもドヤ顔になるってもんよ。^^

シェーカーの振り方だって、片手でOKだからね! (`・ω・´)b

今までの、シェーカーを振るといえば、
左ナナメ45度上に両手で持って3の字描いて振る!
っていうおすましスタイルじゃなくて、豪快にガシガシ振って全然OK!

今までのシェーカーより大きいけど、ボディとトップがカチっとハマルから、
片手でガシガシ振ってもトップが飛んでいく心配もナシ。



メロンリキュールのMIDORI(ミドリ)と、
パイナップル、キウイをミックスしたフルーツジュース、
キューブアイスをシェーカーに入れ、トップをセットしてしっかりシェーク。

グラスの7分目くらいまで注いだら、表面に泡が出来るように、
3cmほど離してソーダを注ぐのがポイント。

ふわっふわの泡のヒミツはコレ。 (`・ω・´)b


クリーミ~♪ (*´艸`)

仕上げにバースプーンで軽く1回かき混ぜたら出来上がり~♪



メロンリキュールMIDORIの鮮やかなグリーンが映える、
パインとキウイのトロピカルな甘さと程よい酸味、
ふわっふわな口当たりの泡となめらかな喉ごしが、飲みすぎ注意なカクテル。

ホントに、今ハヤリのグリーンスムージーでも飲んでるんじゃないかと
勘違いしそうな、フレッシュフルーツ感がハンパない。



女性は絶対好きだと思うし、カウンターでコレ勧めたら間違いない
(何が?)1杯になると思います。 ^^

夏っぽいイメージだけど、使うフルーツで印象が変わりそうだから、
旬のフルーツを使えば1年中使えるカクテルだと思います。
これはおススメ~。


山盛りの唐揚げでもテンション上がった。(*゚O゚*)

会場の六本木『A971』さまのお料理と、カクテルでまたまたカンパイ♪

【AIR MIX】は、どちらかというとお料理に合わせるっていうより
チョコレートとかのチャームのようなおつまみが合いそう。

是非、Barカウンターで楽しくおしゃべりしながら飲んで欲しいね♪

***



お土産頂きました。

メロンリキュールのMIDORIと、メジャーカップ、バースプーン。

ふふふ、こいつがあれば、ステアし放題ですよ! ( ̄ー ̄)ニヤリ
形から入る人間なので、シェイカーも欲しくなっちゃいますね。



そして、最近出来たてだという
サントリーさま謹製の『リキュール&スピリッツ ブランドブック』。

サントリーさまで販売されているリキュールとスピリッツが一同に介する
このブランドブックが見ているだけで楽しい♪ (*^^*)



私がイチバン好きなリキュール『シャルトリューズ ジョーヌ』。
サントリーさまが販売してたのね。 ^^

薬草系が好きな私は、イエローのジョーヌはハーブの中にも
蜂蜜の甘さがあるところがお気に入り♪

『リキュールの女王』と称されるところもまた、素敵じゃない? (*´艸`)


** サントリーホールディングス株式会社さまのイベントに参加しています。 **

 ・ サントリー『リキュール&カクテル』ポータルサイト
 ・ 『AIR MIX(エアミックス)』のブランドサイト
 ・ サントリートピックス
 ・ サントリーホールディングス株式会社



関連記事




tag : サントリートピックス 六本木~麻布
イベント&モニター | 【2012-09-26(Wed) 23:35:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ