借金一本化
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【Crocos】エンビロン公認エステサロン エルクレスト ~エステサロンモニター当選!→面接?→落選↓ o(T□T )



エンビロン公認エステサロン エルクレストfacebookページ
【東京都限定】277,200円の施術料金が無料!エステサロンモニター募集!

『厳正なる抽選の結果、貴女様がモニターキャンペーン当選されました。』


そんな年中ダイエットしたいオンナが小躍りしちゃうような
(小躍りした)メールが届いた。

しかしその後に、

『つきましては、モニター採用に関する面談を…』

おっ?面談?何か条件があるの?
そんなハテナを抱えながら面談に行ってまいりました。

面談会場となったマンション個室サロンみたいなところに迷いながらも到着。
面談開始早々、なんだかダメっぽい雰囲気。

『コンテストに参加していただくので、
こちらとしても成果の見える方を採用したいと思っております…』

『本日の面談内容まとめて事務局にて選考しまして、
後日結果をご連絡させて頂く形で…』


『貴女も当店で十分結果は出せると思いますけど…
事務局の審査は厳しいので…』


要はコンテスト入賞しやすい、写真でBeforeAfterが分かりやすい人ってこと?
隠れ肥満の体脂肪をガッツリ落としたい私は向いてないってこと?
高額当選だから実印持っていない人はダメってこと?


もちろん落選通知、本日到着。。。

結局なんだったのこれ?新手の勧誘?

面談するってことは書いてあったけど、そんなに選考条件厳しいなら
身長、体重、サイズ、体組織の数値とか、
募集条件として予め要項に明記して欲しかったわ。

なんかぬか喜びして東急線乗って遠征(近かったけどw)した分
がっかり感ハンパないわ。。。 orz...

まあ、私のニク憎たらしいぼよよん腹は、
エステなんて頼ってないで運動しないと解消されないゾ!
って、天からの声なんだろうなー。 c=(-ω-;)




関連記事
スポンサーサイト




tag : Crocos 目黒~学芸大学~自由が丘
イベント&モニター | 【2012-06-30(Sat) 18:34:46】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
【モニプラ】野菜セミナー in 野菜カフェ神田小川町店 ~2回目参加のテーマは『薬膳』!


サブウェイさまが主催する、サブウェイ野菜セミナーに参加してまいりました。

以前、1度参加した事があるので、今回で2回目の参加。
大好きなサブウェイさんのメニューに絡めたお野菜のお話しは
いつも興味深く楽しくお勉強できてためになります。 ^^



会場は前回同様、サブウェイ野菜カフェ神田小川町店。
『野菜カフェ』形態の店舗は関東でここ1店。



今回の野菜セミナーは、薬膳ライフアドバイザーの谷口ももよさまからの
『5colorsベジdeヘルシーアップ』をテーマに、カラーでみる野菜の効能を知り、
バランスベジで体質改善、むくみ対策、夏バテ防止の工夫となる
上手な野菜の食べ方などのお話し。




今回の講師、薬膳ライフアドバイザーの谷口ももよさまの講義の前に、
サブウェイの営業さま(だったかな?)からひと言。

こちらのサブウェイさま、実は転職してサブウェイに来てから、
減量に成功されたそう。(確か10kg以上だったと思う。20kgだったかなぁ?)



それも、運動とかではなく、サブウェイのお仕事の中で、
野菜中心の食生活や食べる順番などを変えただけ。

やっぱりお野菜って身体を正常に整える為の
大きな役割を果たしているのね! (*゚▽゚*)



まず開口一番、「薬膳って何?」

なんて難しい質問からスタート。

ブームもあり、いろんなレストランで『薬膳』の文字を見かけ、
それに乗せられるように食べているわけですが、
どんな料理が薬膳で、どんな食材が使われているのかってあまり注目してませんでした。

で、薬膳とは、
 中医学理論に基づいて作られた食事で、その目的は疾病の予防・病気の回復
 そして健康を保つ為の美味しい食事である。


何となく『薬膳』って漢方とか野菜とかの
“食材”を指すもののようなイメージだったけど、
理論に基づいた“食事”のことだったのですねー。 (*゚O゚*)



『五行・季節と五臓のバランス』

『五行』とは、陰陽から作り上げられた、5つの不可欠な森羅万象を示す。

『陰陽』は、宇宙万物の基となった相対する“気”(エネルギー)
この陰陽のバランスを保つことが、まず第一の健康のバロメーター。



『五行』も『陰陽』と同じく、この5つのバランスを保つことが
未病を防ぐ養生となるということ。

上の写真が、その五行・季節と五臓のバランスを纏めた表。

それぞれの季節には、それぞれの理由に基づく身体の不調が起こりやすい。
それを知ることでそうならないように気をつけ、
全てのバランスを保つことに注意し、生活を改善していくことが大切って事ね。

体質や季節にあった旬の野菜をうまく取り入れることが健康促進の為のカギ。



で、これが『季節の5colorsベジバランス』。

さっきの『五行』が、
  木=青、火=赤、土=黄、金=白、水=黒

で色分けされて、その色に応じた旬の野菜を摂ることで
その『五行』に紐付いた病を未然に防ぎ、健康を促進することに役立ちます。

今は『長夏』のツユを過ぎた『夏』だから“火”=赤のお野菜で、
トマト、赤パプリカ、スイカ、って事ね。



前述の5colorsベジバランスをサブウェイさまに置換えたのが
上の表、『サブウェイの5colorsベジバランス』。

どのカラーゾーンのお野菜も、サブウェイさまではカバーされています。 ^^



ここで、陰陽バランスチェックのお時間。
10個のチェックでA、B、Cのどれに当てはまるのが多いか、やってみよう!



Aタイプの、汗っかき、高血圧、メタボが気になる
アナタにおススメのサブウェイは、
熱を冷ます効果のあるお野菜を取り入れた
【サブウェイクラブ】に【ターキーブレスト】と【ベジデライト】。



Cタイプの、冷え性、代謝の低下が気になる
アナタにおススメのサブウェイは、
身体を温め代謝をアップするお野菜を取り入れた
【えびアボカド】に【ケイジャンチキン】と【スパイシーメキシカン】。

Bタイプは無かったから、Bタイプの人は心配ナッシング!ってことかしらね。 ^^

で、最初の『薬膳って何?』の話に戻ると、
薬膳、薬膳とブームに乗って何も考えずに食べていると、
自分の身体の特徴や病に合っていないものを摂り入れることがあり、
せっかくの薬膳効果も身体の改善にちっとも役立たないってこと。



お待ちかねの試食タイム~。



先ほどの陰陽バランスチェックで紹介したサブウェイの中から、
【サブウェイクラブ】と【えびアボカド】の2種類、
そして野菜カフェのオリジナルメニューのドリンク【ソイアボカド】。



こちら【ソイアボカド】、余分な甘さが無くて、
アボカドらしいトロミもあって、とーってもお気に入り♪ (*^^*)

野菜カフェでしか飲めないなんて悲しすぎる!
コンビにでも買えるようにして下さい!サブウェイさまー!!



左半分が【サブウェイクラブ】で、右半分が【えびアボカド】。

どちらもおなじみの味で裏切らない。 ^^


【えびアボカド】。フライ以外の魚介系のサンドイッチが食べられるのも
サブウェイさまだけだよねー。 (*^^*)


毎度の事ながら、いつもお野菜増量がデフォルトの私には
普通盛りがこんなに物足りないのかと寂しくなりますねぇ。

他のファストフード店ではこれでもいいほうなんだろうケド。。。


【サブウェイクラブ】。ターキーが気軽に食べられるのも
サブウェイさまだけだよねー。 (*^^*)


野菜をたっぷり私たちに提供してくださる、サブウェイさまが大好きです♪ (*^^*)



お土産に頂いた『ピュアホワイト』っていうトウモロコシ。

色が白いくせに完熟で甘いっていう、ちょっと変わったトウモロコシなんだけど、
それとは関係なく、、、

トウモロコシの栄養価が高いのは『ヒゲ』だってご存知でした?

コーン茶にしたりして飲んでみるといいそうです。



こちらが頂いたお土産さん達。
どれも野菜カフェの朝市マルシェで販売されているもの。

ピュアホワイトに、トマト、特大ズッキーニ、
食べられないけどミニパイナップル(観賞用)。

こんなに大きなズッキーニ、初めて見た! Σ(゚□゚



お土産のお野菜を使ったレシピも付けていただきました。

浪花の彼女に荷物を送る予定があったので、主婦さんの彼女に食べてもらうことに。



『トマトとズッキーニのパスタ』と『とうもろこしのピラフ』。

いや、性格に言うとパスタじゃなく具だけなんだけど、
浪花の彼女的に大満足の出来だったようです。



↓↓ ----- 以下、彼女からのメール抜粋。 ----- ↓↓

あのトマト、すっごく甘くって驚いたぁ。
家にあったトマト混ぜてるのに、味の違いが分かる位甘くてびっくりした。
いつも買うロケットトマトも結構甘いのに、おいしさに完敗だよ…

あんなに甘いトマトならニンニクにも勝つわなぁ
ニンニク多めに入れたのに、食べる頃には臭みないし
トマトの味もちゃんと残ってるし

これからの季節、冷製パスタとかにしたらめっちゃ美味しいだろうなぁ

次作る時、同じように作れるか自信ないわ(笑)



とうもろこしのピラフは、クックパッドのレシピで作りました。

生のまま使ったので、シャキシャキ感があって噛むととうもろこしの甘さ
ジューシー感がでて美味しくいただきました。

生の美味しさ知ると缶詰は使いにくくなるね。

↑↑ ----------------------------------- ↑↑


食べられないキミは、玄関先にでも飾られているのかな?^^

新しい発見があったようで、私も嬉しいよ。 ^^

とても有意義でお勉強になる野菜セミナーでした。
ご招待くださったサブウェイさま、ありがとうございました~♪ (*^^*)


--- 関連記事
 ・ 【モニプラ】野菜セミナー in 野菜カフェ神田小川町店
 ・ 【モニプラ】野菜セミナー in 野菜カフェ神田小川町店 ~2回目参加のテーマは『薬膳』!


** モニプラさまのモニターに参加しています。 **
 ・ 日本サブウェイ株式会社
 ・ 野菜のサブウェイ : 野菜ラボ・831lab
 ・ 野菜のサブウェイ

野菜のサブウェイファンサイトファンサイト参加中



関連記事




tag : モニプラ 神田
イベント&モニター | 【2012-06-30(Sat) 18:29:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【SUNTORY】新 つくって楽しい!ブランデースプリッツァー講座 ~一日待てばすぐ飲める!フルーツとブランデーの新しいスタイル♪


最近よく耳にする、夏になってからはさらによく耳にする
『ブランデースプリッツァー』

響きもオサレなそれは、ブランデーにオレンジや旬のフルーツを入れて、
炭酸を加えて楽しむ、ちょっとお洒落なブランデーの新しい飲み方。



フレッシュフルーツのみずみずしい香りと、炭酸のシュワシュワッという発泡感が、
ブランデーのおいしさをより一層引き立てる新しいブランデースタイル。^^

そんなことを聞くと、夏にぴったりではないかい?
しかも、お店で楽しむだけじゃなく、おうちでも簡単に作れるということで、
こちらの『ブランデースプリッツァー講座』に参加してまいりました。


会場は、ブランデースプリッツァーのフラッグシップ店として
4月に南青山にオープンした、『葡萄とお肉のビストロ Vin Brûlé(ヴァン ブリュレ)』



入って一番目立つカウンターにブランデースプリッツァーが3瓶、
鎮座されてましました。

リンゴ、マンゴー、レモン。

最初に言うと、この3種類、意外といい味出してくれますヨ。 (`・ω・´)b



こちらが『ブランデースプリッツァー』の基本セット。

ブランデーって高いんじゃないの?って思いがちですが、
『サントリーブランデーV.O』は1,000円でお釣りがくるという
コストバリューバツグンのお値段。

ガンガン作れますよー。


ブランデースプリッツァーのお話しもそこそこに、まずは乾杯しましょうと
作り方を教わって皆さまで作ります。

氷がたっぷり入ったまんまるグラスに、自家製ブランデースプリッツァーを注ぎいれる。
お好みで、漬け込んだフルーツも入れましょう。
ブランデースプリッツァーとトニックウォーターの割合は1:3。

まあ、この割合はお好みで。 (^w^)
グラス半分量くらいにするのが見た目もオサレ。

割り物も今回はトニックウォーターを使いましたが、
ソーダでもペリエでも何でもOK。



乾杯のおつまみは、ブランデーに漬け込んだオレンジで作ったジャムが乗ったカナッペ。

漬け込んだフルーツも、ジャムやソースなどお料理に活用できて無駄が無い。
ふんわりとブランデーの風味で、オトナのジャムに仕上がってます。



ブランデーはそもそもブドウから作られたワインを蒸留した作られたお酒なので、
フルーツとの相性はバツグン。

このフルーツはどうかしら? と思うフルーツでも意外と合います。

嬉しいことに、最適なのが完熟状態のフルーツなので、
スーパーのオツトメ品なんてベストなコンディションなんですってー。

どこまでお財布にやさしいんでしょう♪ (*^^*)


これはスイカ。遠くで夏の香りがします。

そしてそれだけで完成されたお酒であるブランデーで作ることで、
コク、フルーティーで華やかな香りをプラスするだけでなく、
漬け込み時間が短くてすむとこも特徴。

大体24時間、ものによってはひと晩漬けて飲めるものもあるそう。
梅酒のように数ヶ月漬ける必要があり、漬けている事さえ
忘れることもあることを考えるとホントにお手軽~♪ (*^^*)



そしてもうひとつ重要なポイント。

皮ごと漬けるのでフルーツはよく洗うことはもちろん、
オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系は皮と果実の間にある
白い部分をしっかり取り除きましょう。 (`・ω・´)b

この白い部分が残っていると苦味や渋みの素になります。



おうちで簡単に作れる『ブランデースプリッツァー』ですが、
知っておきたい注意点がいくつかあります。

基本的に、個人で楽しむために作る果実酒は酒税法に反しないことになっていますが、
使ってはいけないものがいくつかあります。

その内容は、漬け込んだ後アルコール分1度以上の発酵がありうる素材。
その中で一番注意したいのが『ぶどう』。
フレッシュのぶどうだけじゃなく、干しぶどう、やまぶどうも含みます。

ご注意あれ~。



ブランデースプリッツァーのイロハを教わった後は、
お待ちかね『Vin Brûlé(ヴァン ブリュレ)』さまおススメの
ブランデーと相性ぴったりのお料理とのマリアージュを楽しむお時間♪ (*´艸`)



まずは、【前菜3種盛り】。

左側から、『パテ・ド・カンパーニュ ~ブランデージュレ添え~』、
『キャロット ラペ』、『蛸ときたあかりの香草マリネ』。



シュワっとフルーティーなブランデースプリッツァー
ほどよく胃を刺激してくれて最適な食前酒。

真ん中のニンジンシリシリみたいなヤツ(失言)が美味しかったー。



お料理と最初にあわせたのは、リンゴのブランデースプリッツァー

みんな大好きリンゴさん、なので
好き嫌いのない甘くて飲みやすい味わい。

飲みやすくってホント、危ないわぁ~。 (*´艸`)



さっきはトニックウォーターで作ったけど、甘さが気になる人は
甘味のないペリエで割るのがおススメ。

ワタシはチェイサー代わりに飲んでたけどね。 (*´▽`*)ゞ


本日のラインナップ。

最初に飲んだオレンジ、リンゴのほかには、
写真左上から時計回りに、マンゴー、パイナップル、レモン、スイカ。

レモンは漬け込むときにお砂糖をプラスしているそうですが、
酸っぱい好きな私は多分そのままでもイケそう。



メインは、【葡萄牛のステーキグリル】。

葡萄牛とは、ワインを作る際に出るブドウの搾りかす『ブドウ粕』を飼料に加え、
220日間じっくり育てたの牛のこと。



赤身肉で柔らかくジューシーな味わいという特徴そのまま、
柔らかくもしっかりとした肉々しい噛み応えがありつつ、
赤身ならではの旨味がじわっと口の中に広がり、写真の量を4人でシェアしたのですが
私一人でもペロリと食べれそうなほどあっさりと食べやすいお肉。



お肉自体にしっかりブラックペッパーが効いているんだけど、
お好みでピンク塩とソースの方はブドウの搾りかすを使った何かだったかな?

わたし的にはそのままがシンプルで美味しかったかな。



写真左奥に見えるカウンターでオーダーして
ブランデースプリッツァーを受取るシステムだったのですが、
イベントが終わるまでその待ち行列が途切れることはありませんでした。

カウンターの周りで立ち飲みスタイルがすっかり定着されていた方も。 (^w^)



シメのデザートは、【バニラアイスクリーム ブランデースプリッツァーかけ】。



好みのブランデースプリッツァーをそのままアイスクリームにかけて食べる
シンプルな大人のスイーツ。

ポッと炎をつけたくなるよね。 ^^

どのお料理もブランデーのコクとフルーティーな香りのブランデースプリッツァー
ぴったりのお料理でお腹もココロも大満足。

ワインに合うお料理にはどれでもぴったりだと思いました。



お土産に頂いた、ブランデースプリッツァーセット。

 ・ サントリーブランデーV.O
 ・ ブランデースプリッツァー オリジナルグラス
 ・ 密封びん



この真んまるいころころグラスがかわいい~。 (*´艸`)

こんなグラスがずっと欲しかったので嬉しい♪
さて、どんなブランデースプリッツァーを作ろうかなぁ~。


--- イベントに参加されたみなさまのブログ記事はこちら
 ・ ブロガーイベントレポート | サントリートピックス


** サントリーさまのイベントに参加しています。 **

 ・ サントリー
 ・ サントリートピックス
 ・ 「ブランデースプリッツァー」とは? | サントリートピックス



関連記事




tag : サントリートピックス 渋谷
イベント&モニター | 【2012-06-27(Wed) 23:15:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ