借金一本化
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
西荻窪 Vege geek(ベジギーク) ケータリング


AMNさまのエコで省エネなイベント (→過去記事
に参加した際に提供されたケータリング。



『Vege greek』とは、菜食料理家iinaさまとローフードパティシエひろきさまのユニットで、
動物性を使わないマクロビオテックをベースとした料理を様々な形で提供。



西荻窪にある『玄米菜食・米の子』さまの定休日を借りて営業し、
日替わりランチプレート、ドリンク、ロールケーキ、
焼き菓子(持ち帰り用)などを提供しているそうです。



そして、タッパーなどの容器を持っていくと、ランチのテイクアウトが可能という
エコにも気づかったお店みたい。

通常のお店だけじゃなく、こんな感じでケータリングもあるし、
お料理教室、ローフードのホールケーキの注文も受けているそう。

お野菜が好きだけど、お魚も好きな私には菜食主義って絶対無理だろうなー。
(精進料理は割と好きだけど。)
そんな私がびっくりしたのがコチラ。



上の写真の3本ある串の内、右側の串の手前の具材がエリンギで、
その奥がソイミート。
そして、左側の串の奥から2番目の具材もソイミート。

そう、大豆からできたお肉もどきなんです。


【Soyミートの野菜串】

メニューカードの写真撮った時は全然気付いていなくて、
今、写真を整理していてやっと気付いた!

この鶏の唐揚げがもそもそしているのは、
ケータリング料理で冷めているからだと思っていました。 Σ(゚□゚


【オーガニック野菜の漬物串】

ゴロゴロ大きなお野菜がたくさん串に刺さっていて、
茹でたり蒸したりしてゴリゴリ食感よく食べ応えがあるのは嬉しいけど、
キュウリや根菜類の漬物串は、ちょっと私には塩がキツかったかな。
ケータリングだから痛まないように塩をきつめにしているからだろうけど。


【ベジパテとオーガニック野菜のカナッペ】



彩りがいいですねー。

ひと口でパクっと食べたので、パテの味がよく分からなかったけど、
これも動物性食材を使っていないパテなんですね。


【無農薬合鴨米のコロコロ玄米ライスボール (ゆかり、青じそ、くるみ)】



固めに炊かれた玄米がよい食感。ひと口サイズなのがまたいい。
クルミのライスボールが、食感が更によくて楽しかった♪


【マクロビオテッククッキー (ナッツ、チャイ、ピーナッツバター、カレンツ)】



こちらも卵、バター、乳製品などの動物性食品を使用していないクッキー。
ボロボロした食感の素朴なロッククッキー。

あ、4種類あったんだ。
多分、カレンツを食べてないんだなー。

やっぱりピーナッツバターがコクがプラスされて美味しかった。



串料理の蒸し野菜などのにおいが気になったけど、
多分、作り置いてから運んだからだろうなー。
シンプルに調理したお野菜はにおいが付きやすいから、
ケータリングするなら、そのあたりをもう少し配慮が欲しいなーと思ったけど、
エコに気遣っているお店はとても応援したくなります♪ ^^


----------
西荻窪 Vege geek(ベジギーク)
→主催者iinaさまのブログ
食べログ
----------



関連記事
スポンサーサイト




tag : 杉並区
 ≫その他_食 | 【2011-05-27(Fri) 22:44:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【AMN】greenz.jp×富士通株式会社「これからの暮らし方を考える」ワークショップ~省エネ編~


AMNさまのご紹介で、エコを考えるワークショップに参加してきました。

このワークショップに参加するまで、主催の一つである『greenz.jp』
そしてゲストの、『ブラウンズフィールド』代表、
写真家のエバレット・ブラウンさまのこと存じ上げませんでした。



いや、参加しても『greenz.jp』さまは『green drinks』という
ニューヨークやハワイなど世界の750都市以上で開催されている
グリーンやエコをテーマにしたパーティを主催したりしているということ、

エバレット・ブラウンさまは日本の昔ながらの文化が好きで、
『ブラウンズフィールド』と呼ばれる緑豊かな地に建つ
田畑つき古民家スペースで、自然と寄添った生活を通じて
日本人が代々伝承してきた忘れ去られつつある大事な事を
次世代に伝えていくという活動をされているということ、

短い時間ではそのくらいしか知ることができませんでした。



でも、今回のワークショップ参加のみなさまは
この『greenz.jp』のイベントによく参加されている方が多く
日頃からエコや省エネについての意識が高い方ばかりで、
これまで漠然と『エコ、省エネて大事だよね』と考えていて、

この度の震災で必要に迫られて初めて
『エコ、省エネって何? 何をどうすればOKなワケ?』
と考え出したワタクシには、
その疑問の良きアドバイスを頂けた機会になったと思います。



まあ、正直、はっきり答えが出せたわけじゃないし、
エコや省エネが何かっていうこともちゃんと説明できないのですが。。。



第1部のゲストトークでは、プロの写真家でもある
エバレット・ブラウンさまが撮影した、自然豊かな『ブラウンズフィールド』の
風景や住人のみなさまの写真を見ながら
ゆったりと穏やかなトーンの声に和みながらお話しを伺いました。

都会の生活に慣れて、昔の田舎の生活なんてもう戻れないなー
と思いながらの生活も早や10年を過ぎましたが、
やっぱり自然の中で育った食材を、代々受継がれてきた知恵で
自分の身体に取り込むのはとても贅沢で素晴しいことなのだと改めて認識したり。

自然と共存した生活は、質素なんだけど、とても彩りのある生活だよなぁ。

ここで一つクイズが出されました。
『幸福度調査による、一番幸せな国はどの国でしょう?』

答えは、1位ブータン、2位バングラディッシュ。
気になる日本は、何と90位。

がーん。調査の基準は分からないけど、やっぱりショックですね。



第2部ワークショップでは、まずもう一つの主催者
富士通さまより、2011年夏モデルFMVの節電機能についてお話。



電力消費のピークシフトってやつですね。

PCの設定で、消費電力を抑える設定ができるのは知っているし、
知らない人でも自動的に設定してくれるツールが
震災後いろいろ出ているというのはよく聞きます。

でも富士通さまの提唱した節電機能は、時間帯によるコントロールはもちろん、
電源に繋いでいても、バッテリーを充電させないなどの機能もあり。
コレだと、いちいち節電だ!といって電源を抜き差しする手間が省けてイイですね。

でも、もちろんこの機能は富士通製品のみです。

あぁー、こういうエコ、省エネ話は取っつきやすくて落ち着くわぁ~。笑



ワークショップ、続いてはファシリテーター『ダイアログBar』主宰/代表の
西村さまの進行で、『省エネってどういうことだろう?』をテーマに
同じテーブルに座ったメンバーでディスカッション。

『「省エネ」な暮らしを30文字で誰かに分かりやすく伝えよう!』

これを基にして、コピー&ポスター作り。



全くの初対面の方たちとテーマを基にディスカッションするって言うだけで
ぎこちないのに、テーマがまた難解かつ、30文字で分かりやすく説明しづらい。。。

そこはまあ、オトナの集まりですから、約20分という時間制約のなかで
なんとか纏まりましたが、やっぱり『省エネ』についての自分の考えを
初めての人に説明するのって本当に難しかったー。

しかし、色々な人の話も聞けたし、自分の考えも僅かながら整理できたし
エコ、省エネについて改めて考える、とてもよい機会になりました♪
頭の中が整理できてちょっとスッキリ~。 (*^^*)



会場にはこんなものや、



こんな魅力的なものが展示されていて、物欲を刺激してくれちゃってました。

あー、この2つのタッチ&トライイベントに参加したい!


** AMNさまのご紹介でイベントに参加いたしました。 **

 ・ 富士通 2011年夏モデルFMV
 ・ greenz.jp
 ・ ブラウンズフィールド代表 エバレット・ブラウン
 ・ ダイアログBar主宰/代表 西村勇也


Fans:Fans



関連記事




tag : AMN 渋谷
イベント&モニター | 【2011-05-27(Fri) 22:24:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【AMN】N-TRANSFERを設定してみよう → 通信エラー点滅!? → 解決!!


なんだかよく分からないエラーが出てきて
お手上げ状態だった前回。 (→過去記事

とりあえず【N-TRANSFER】の箱に入っていた問合せ先に電話してみた。
エラーの状況を説明したら【N-TRANSFER】の方じゃなくて、
ネットワーク回線の方ではないかと言われ
NTT東日本のお問合せ番号を教えてくれた。

そして、NTT東日本の方に電話をしたら、エラーの状況をふまえて
色々考えてくれたけど、結局【N-TRANSFER】の専門ダイヤルを案内してくれた。

今度はその【N-TRANSFER】専門ダイヤルに掛けたら
「携帯電話からはお繋ぎできません。」という無常なコールが返ってきた。

再度、NTT東日本に電話してフリーダイヤルじゃない番号を教えてもらって
やっとこサポートデスクに電話ができたわけだけど、
後で気付いたら【N-TRANSFER】の底面にその電話番号書いてあった。



orz ...

何度も底面見ていたんだから、気付けよ早く。
まあ、どっちにしてもこのフリーダイヤルは携帯からは繋がらない番号なんだけどね。

電話するまでで紆余曲折あったけど、気を取り直して
お取扱い相談センターのスタッフさんに助けを求める。

 ・ 本体初期化の方法は、コンセントを抜いた状態で、背面のプッシュスイッチを5秒以上押す。
   押したままの状態でコンセントを差し込む。
     → そんな『押したままコンセント差し込む』ってことまで
       マニュアルに書いてあった?

 ・ LINK LEDランプが緑色点滅の間に赤色点滅する状態は正常。

 ・ 『ご購入されたN-TRANSFERは ~~~ 本体の電源を入れて下さい。』
   このエラーメッセージ表示の原因は、以下の2つが考えられる。
     1. ネットワークには繋がっているが、【N-TRANSFER】内の情報がブロックされ
        ポータルサーバーにシリアル番号が届いていない。
     2. ユーザアカウント登録画面に入力したシリアル番号と
        ポータルサーバーに届いているシリアル番号とが一致しない。

 ・ 自宅環境のルーター、回線ともにNTT提供のものではないので
   それがブロックしている原因かもしれない。
     ルーター: NEC ATERM BL170HV
     回線: KDDIひかりone

何度かユーザアカウント登録画面に入力するシリアル番号を、
"I"(アイ)と"1"(イチ)、"O"(オー)と"0"(ゼロ)"など
紛らわしい文字を入れ替えて入力してみたけど、やっぱりエラー表示の状況は変らず。

結局その日は、スタッフさんがルーターと回線が利用可能なものかどうかを
調査して明日回答するということに。

そして翌日。

私は前日、KDDI回線だからダメっぽいっていうお話をされていたので
利用可能な回線やルーターを聞いて、問合せは終了かなーと思っていたので、
 「KDDIひかり回線でも使えるようです。」
という回答を聞いてびっくり。  Σ(゚□゚

ということは、残るはポータルサーバーとユーザーアカウント登録時の
シリアル番号が異なるという可能性。



このS/N(シリアル番号)って【91●●●●FVsMoI0】だよねぇ…。
(●は間違えようのないアルファベット小文字だから伏字)

最後の"0"(ゼロ)を"O"(オー)に変えてみたり
"I"(アイ)と"1"(イチ)に変えたり、その組合せをやってみたり、
挙句の果てには"9"(キュウ)を"q""Q"(キュー)に変えてみたり。

でも全然、エラー表示解消されず。

【N-TRANSFER】本体に登録されているシリアル番号と
底面シールに記載されているシリアル番号との間に差異がある可能性は?って尋ねたら
「それは絶対ない。」 って力説されたし。

で、結局底面のバーコードを携帯電話で読み込んでユーザーアカウント登録することに。


バーコードを読み込んだ携帯電話での登録だと、
シリアル番号の入力は不要で
メールアドレス、パスワード、ニックネームの入力。


そうしたら、


この時点で仮登録完了。
登録したメールアドレスに本登録へのURLが記載されたメールが届く。


登録できた!! (*゚O゚*)

わーい♪ これにて一件落着~♪

でも何で?
やっぱり、底面シールに記載されているシリアル番号が違ったんじゃなぁい? (¬_¬)...


仮登録したメールアドレスとパスワードを入力。続いて初期設定画面へ遷移。


利用サービス(クラウドサービスなど)を選択。

登録メールアドレスに届いたURLからアクセスし、本登録を完了。
初期設定画面では、FileJet、EVERNOTE、DATA TRANSFERの利用サービスを選択。
利用サービスは設定後にマイページから変更も可能。


マイページ画面。

これがマイページ画面のTOP。
初期設定で選択した利用サービスが一覧表示されているので、
この後それぞれのサービスを設定していきます。

というわけで、やっと【N-TRANSFER】を設定するまでがやっと終わったぁー。
ここまででこんなに手間を取るとは思わなかった。 疲れたぁ。。。 orz...

【N-TRANSFER】を設定する際には底面のバーコードを読み込んで
携帯電話で登録することをおススメします。

そして、底面の問合せ番号は携帯電話では繋がらないので要注意!
携帯電話で繋がる番号も一緒に書いといて欲しいワ。

疲れたので今日はここまで。笑


----- 関連記事
 ・ 【AMN】「動画と写真でつながろう!」デジタルライフを考えるブロガーミーティング
 ・ 【AMN】N-TRANSFERを設定してみよう → 通信エラー点滅!?
 ・ 【AMN】N-TRANSFERを設定してみよう → 通信エラー点滅!? → 解決!! (この記事)


** AMNさまのモニターに参加しています。 **

 ・ NTT西日本: N-TRANSFER

Fans:Fans



関連記事




tag : AMN
イベント&モニター | 【2011-05-27(Fri) 11:53:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ