借金一本化
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【モニプラ】アンティアンの人気No,1手作り洗顔石鹸ラベンダーハニー30名様モニター募集!

参加しているモニプラさんから当選したサンプルが届きました。

参加イベント→手作り洗顔石鹸 アンティアンファンサイト応援中

当選したサンプルはアンティアンさんの
『アンティアンの人気No,1手作り洗顔石鹸クイーンオブソープ「ラベンダーハニー」』です。

麻布十番の手作り洗顔石鹸専門店アンティアン


アンティアンの人気No,1手作り洗顔石鹸
クイーンオブソープ「ラベンダーハニー」




まずは、、、

大変感想の投稿が遅くなってしまいました。。。
アンティアンさん、申し訳ございません。 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。



と謝罪のあとは、さっそくモニターさせて頂いたソープのお話を。

こちら、アンテアンさんの最高級手作り洗顔石鹸【クイーンシリーズ】のなかでも
人気ナンバーワン商品でもある【ラベンダーハニー】です。

上の写真の商品説明シートのした部分、
『USES ESTIMATION 用途別評価』の★印を見てもらうとわかりやすいのですが、
洗顔、身体、頭皮、洗髪とオールマイティに使える石鹸です。



まずはアンティアンさんのサイトでの紹介文をば。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -
メイクも落とせて毛穴もスッキリ、
さらにお肌をしっとり潤わせてくれる厳選した素材を世界中から集め、
人の手間と28日に及ぶ時間を贅沢にたっぷりかけた、
まさに洗顔石鹸の女王です。
- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

この謳い文句を見たら、ココロ惹かれずにはいられませんよね~。 (*^^*)



でも謳い文句だけなら誰でも言える。

じゃあ、ナゼそんなたくさんの効果が期待できるのか?ということなのですが
やっぱり『手間を惜しまない手作り』というのがキーワードのようです。



大量生産されることで省略された『手間』や、
選りすぐりの植物原料を惜しげもなく使用し。
そして省略されたものの代わりに使用され始めた
合成界面活性剤や防腐剤、人工香料を一切使用しない。

そんな本来、昔から行なわれてきた工程で作り出されたのが
アンティアンさんの手作り石鹸なのです。



そんなアンティアンさんの洗顔石鹸。
どうゆうふうに使えばそのポテンシャルを余すことなく発揮できるのか?

石鹸を使った洗浄というと、泡で汚れを落とすものを思いがちですが
アンティアンさんの石鹸はそうではないのだそうです。 Σ(゚□゚

石鹸の成分そのものと汚れが結びつくことで、汚れを肌から引き離し、落とす。
なので石鹸を濡れた手の中でよく伸ばし、溶け出したヌルヌルした石鹸成分そのものを
顔に何度も塗るような感覚で洗顔します。

これがアンティアンさんの洗顔石鹸を効果的に使うベストな方法。

ほほう、なるほどぉ~。 (*゚o゚*)



というわけで、さっそく使ってみました。
洗顔料の泡立てが苦手なワタクシには使い勝手のよさそうな洗顔石鹸です。

でも、石鹸内に出来上がった天然の保湿剤である
植物性グリセリン等の吸湿力が極めて高い為、水はけの悪い場所や
湿気の多い浴室などに放置すると自ら融けてしまうのだそうです。

手間をかけて作ってくれたアンティアンさんに敬意を表し
保管にも手間をかけてあげましょう。 (*^^*)/



洗顔の時の手のひらで石鹸成分を溶かした状態の写真を
撮ろうと思ったのですが、無理でしたww

三脚もないし~、デジカメ壊れちゃいますよ。
こういう洗浄ものの使用中の写真は一人だと難しいですね。
デジカメ故障とのリスクが高すぎるww



使用感の感想としては、香りがいいですね~。(*^^*)

香料を使用した嗅ぎ慣れた香りではなく、
手作り石鹸ならではの天然素材の香りが安心感を誘います。
ホホバオイルの香りですね~。

昔、知り合いがハーブを使用した手作り石鹸を作っていて
頂いたことがあるのですが、それと同じ系統の香りがします。

手のひらでぬるぬるをたっぷり作って、
顔の表面を手のひらで覆うようにくるくるクルクル。
安心感のある香りでの落ちつく時間でした。

洗い上がりはツッパることなくしっとりしていたのは驚き。 (*゚o゚*)
洗った後もホホバオイルの香りが漂って、
ほんわ~とした気分が続きますよ~。 (*^^*)。.:*:・'゚

アンティアンさん、モニプラさん
素敵な商品をモニターさせて頂きありがとうございました~。 ^^

関連記事
スポンサーサイト




tag : モニプラ
イベント&モニター | 【2010-09-30(Thu) 06:37:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【モニプラ】【ラミナーゼ】肌の細胞間脂質と同じラメラ構造の美容液クリーム体験募集!


参加しているモニプラさんから当選したサンプルが届きました。

参加イベント→ヒフケン ファンサイトファンサイト応援中

当選したサンプルは皮膚臨床薬理研究所株式会社さんの
『ラミナーゼ フェイスアップクリーム <5g>』です。

皮膚臨床薬理研究所株式会社
ヒフケン ショピングサイト

ラミナーゼ フェイスアップクリーム <5g>
ヒフケン フェイスアップクリーム
*****

■ヒフケンさんからのテーマ
----------
あなたの肌質と、化粧水を選ぶポイント(ブランド、金額、香り等)を教えてください。
----------
私の肌質はTゾーンがオイリーで頬はカサカサの混合肌。
これからの季節は頬と口周りの感想が厳しくなりますねー。
口角のところなんて切れちゃってイタイタしくなります。。。涙

化粧品を選ぶポイントは配合成分でしょうか。
食品だけでなく、化粧品も品質表示チェックが入って、
自然に無添加のものに手が伸びます。

ブランドには特に興味がわかないですねー。

参加イベント→保湿力抜群!ラメラ構造の化粧水<ラミナーゼ モイストローション>体験募集! ←参加中

*****



かわいく赤いリボンを付けて届きました。 ^^
ピンクの冊子と合ってますねー。



ヒフケンさん最強の保湿成分を持つ美容液クリーム、
【ラミナーゼ フェイスアップクリーム】です。

その特徴は、『他には真似できない特許技術の化粧品』。

じゃあ、その『特許技術』って何?というと
『細胞間脂質と同じラメラ構造(ラメラストラクチャー)』で、
美肌に欠かせないそのラメラストラクチャーをもつ化粧品というのが
ヒフケンさんの提供する化粧品なのです。

んー。

まったく最近の化粧品は色々な有効成分の配合だけでなく、
特許を取得するほどの『技術』までもが用いられるのですねぇ。
めまぐるしくて、追いつけませんよ。。。 orz...

まあ、詳しくはこちらをご覧下さい。 (あ、逃げた。)

Hifukenのこだわり



日々業界から開発、発見されるどんな有効成分も
それを受け止める肌がベストな状態でないと浸透しないし、
有効成分を留めることは出来ない。

そこでベストな状態の肌と同じ構造を持つ化粧品を
肌に与えてあげることで肌本来の保湿力を高め、
理想の肌バランスへと導こうというのがヒフケンさんの考え。

そして、そのベストな状態の肌の構造が『ラメラ構造』であり、
【ラミナーゼ フェイスアップクリーム】も
その『ラメラ構造』を持つ化粧品というわけです。



化粧品が肌と同じラメラ構造であることのメリット。
 ・肌になじみが良く、有効成分の浸透性が高い。
 ・化粧品の『のび』が良い。
 ・肌につけた時の保湿性が高く、長時間持続する。
 ・化粧品の有効成分が肌の表面に残ることにより、バリア機能と水分保持機能を発揮。



そんな【ラミナーゼ フェイスアップクリーム】に配合されている有効成分は
こんなエイジングケア成分と注目成分。

 ・BAA …筋肉のエネルギー代謝のために働くアミノ酸
       (バリン、ロイシン、イソロイシン)
 ・MDIコンプレックス …コラーゲン分解を防ぎ、弾力・ハリを回復
 ・ハロキシル …血行促進、色素沈着の防止
 ・カフェイン …脂肪燃焼
 ・ビタミンE …細胞賦活・血行促進
 ・セラミド …細胞間脂質に含まれる保湿成分



そして、ヒフケンさんのもうひとつのこだわり、
『毎日使うものだからこそ、原料にこだわり、肌に優しい化粧品を開発』。
安全性と有用性を併せ持った製品作りを心掛けいらっしゃるそうです。

だから、すぐれた静菌作用で皮膚のトラブルを防ぐ『パラペンフリー』。 (*^^*)



使用方法は、朝、夜の洗顔の後、化粧水などで肌を整えてから
パール大を手にとり、顔から首に伸ばしてなじませます。
目や口の周りに乾燥を感じる場合は、軽く重ねづけをします。

表情筋の流れに沿ってマッサージするようになじませるのが効果的。

良くのびるので、つけすぎには注意して下さいね。
…と、説明書きにはあったのですが、
私の肌にはあまりのびが良いように感じませんでした。 (´・ω・`)
成分が浸透しているという印象もそれほど。

乾燥しすぎなんですかねぇ。。。



見た感じのようにあまりサラっとしたテクスチャーではありません。
でもコッテリというほどでもなく。

『オロナインみたいな匂いだ。』
これが塗ってみたときの第一印象。
いい香り~、というのではなく、医薬品みたいで『安心する匂い』。

テクスチャーもオロナインをもう少しなめらかにしたような感じかも。
これはあくまでも私の個人的感想。



ヒフケンさんこだわりの化粧品、ラミナーゼスキンケアシリーズは
この秋発売予定のソープを含めて全部で5種類。
全てラメラ構造を持った原料を化粧品に使用したのではなく、
化粧品そのものをラメラ構造にしたもの。



【ラミナーゼ フェイスアップクリーム】は結構イイお値段がするなー
と思ったのですが、他のものはお手頃価格ですね。

皮膚臨床薬理研究所株式会社さん、モニプラさん
素敵な商品をモニターさせて頂きありがとうございました~。 ^^

関連記事




tag : モニプラ
イベント&モニター | 【2010-09-24(Fri) 02:01:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
武蔵小山 できたて惣菜 くいしんぼう


武蔵小山のパルム商店街を足早に歩いていたら見つけたお店。
テイクアウトのお惣菜屋さんです。



パルム商店街、初めて歩きました。

東京都内最長のアーケード商店街と以前からウワサは聞いていて
歩くのを楽しみにしていたのですが、時間は既に21時。
商店街のほとんどのお店が店じまいしていて、アーケード自体の照明も落とされ、
寂しい雰囲気なので写真が撮れず残念。。。



酷暑から突然秋に様変わりした肌寒い気温と大雨で
アーケードを歩く人々も足早に過ぎて行く中、
残り少ないお店の灯かりに誘われるように入店。

商店街といえばお惣菜屋さんですよねー。
チェーン店のようですが、まあ、そこは気にせずに。
雰囲気を楽しみましょー。 ^^



新しいお店だなーと思っていたら、どうやら9月1日にリニューアルオープンしたようです。
ネットを見てみると、どうやらもともとは『食いしん坊万才!』というチェーンで、
そちらが『くいしんぼう』としてリニューアルしたのだとか。

そういわれてみれば『食いしん坊万才!』って
どこかの商店街で見たことがあるような気がします。



煮物やサラダなどのあっさり系のお惣菜が多いなーと思ったら、
『くいしんぼう』のコンセプトは“街の台所”。
毎日食べても飽きのこない、どこかなつかしい“おかあさんの味”なのだそうです。



おひたしやサラダの種類が多いのは、野菜好きには嬉しいですね~。 (*^^*)



定番のお弁当や揚げ物はもちろん、
八宝菜、酢豚などの中華惣菜や煮魚焼き魚などのお魚系惣菜も揃っています。

こちらのお店も閉店間際だったので、大皿での提供ではなく
パッキングされたものも多かったですが、
お料理の中で自分で好きな具材を選りながら、好きな量だけ盛付けられる
このシステムは嬉しいですね~。



スケールも置いてあるし、パックの種類や大きさも色々揃っています。

デパチカや個人のお惣菜屋さんなど店頭ショーケースのお店だと
店員さんの裁量次第というところがありますが、
こういうシステムだと、「キノコたくさんのせちゃえー」とか
「シナってないお野菜の方とっちゃえー」とか、
色々(お行儀のワルイ(汗))ことができちゃうのがテンション上がりますww



お野菜たくさんの八宝菜食べるぞーと意気込んでいたのですが
他のお惣菜を見て回って戻ってきたら大皿ごと跡形もなくなっていました。

えっ!大人買い?!まだあんなに残っていたのに!! Σ(゚д゚;)
これはうかうかしていられません。

閉店前の割引中ということもあり、店内はお客さんが入れ替わり立ち代り。
この日は休日だったのですが、若いカップルから年代が上のお母さま、
休日出勤お疲れさま的なサラリーマンまで幅広い年代のお客さまがお惣菜を選んでいます。



女性は店内をぐるっと回って選びながら自分好みに取分けてパッキングして、
男性はお弁当やパッキング済みのお惣菜のところに行って
ガサガサっと取ってレジへゴーしているに見えました。

テイクアウトするようなお店に行かないので、人間ウォッチングするのも
新たな発見があってまた楽し、ですww



私もご他聞に漏れず、店内をぐるぐる回って悩みに悩んで選びましたww

和洋中とまんべんなく選ぼうと思ったのですが、やっぱり和食寄りですねー、チョイスが。
全体的にお醤油カラーで茶色いww



焼き魚か煮魚を選ぼうかと思ったのですが、焼き魚は時間が経つほどに硬くパサ付いてくるし、
煮魚は味噌煮も梅煮も色がちょっとどうかしらというくらい濃かったので断念。
季節の秋茄子は揚げ煮の油の回りが気になったのでこれも除外。
マリネはタコの脱水状態が気になるし…

こうやって見てみると、やっぱりテイクアウト用のお料理って
時間が経過による味や見栄えの変化、持ち運びの衝撃などを考慮しなきゃいけないので
調理やメニュー考案が難しいのでしょうねー。
感服します。



そして、エビとブロッコリーのタルタルサラダには心惹かれましたが
カニカマが入っているのは許せない! (><)
カニじゃないじゃん!サラダにカマボコいれなくてもいいじゃんー!!
(あくまでも個人的見解です。)



時間をかけすぎてしまったのでいそいそとお会計へ。

レジが秤っておもしろいですよねー。
量り売りのお店なので当然なのですが、便利な計算機だと思います。

店員さんも手際よくしっかり袋詰めしてくださって
足元の悪い雨降りの帰り道ですが安心ですね~。 (*^^*)



帰りになって気が付いた『今月のくいしんぼうキャンペーン』。
やさしい『アジアの食卓』フェアーのお惣菜は
人気で品切れだったのかアジアンメニューに気が付きませんでした。

あれだけ店内ぐるぐる回っていたくせに、このパネルに気が付かないとは。。。
空芯菜と厚揚げのスパイシー炒め、食べてみたかったなー。



プリンなどのスイーツはもちろんありますが、
焼き菓子や超低糖度ジャムもあります。
レジ横にあるとうっかり買ってしまいそうですねー。

*****



帰ってきたあとはこんな感じです。
思った以上に崩れたり、汁漏れすることもなく綺麗な状態で驚きです。 Σ(゚ 0 ゚



でも、ちょこちょこ色々たくさん食べたいワタクシには
あのようなシステムのお店だと、こんな感じで中のお惣菜の量に対して
過剰な大きさの容器が増えてしまうことになるので
もったいないなー、という気になってしまいます。

唐揚げとか揚げ物ってコロッケ屋さんみたいに
油紙の小袋でもいいんじゃないかなーと思います。

あと、間仕切りされた容器を使用した場合は均一単価でグラム計算するとか、
区切りごとに入れたお惣菜の単価を集計して算出した単価で
総重量に掛けて計算するとか、なにか方法はないものでしょうかねぇ。。。


【小松菜と焼き茸の辛子醤油和え】  【アボカドとハーブの和風サラダ】

サラダ2品。
辛子醤油和えの方は、芥子のピリッとした辛味がふわっと感じる程度でイイです。

『くいしんぼう』のコンセプトは、
-- 毎日店内で調理したお惣菜は添加物を控え素材をいかした優しい味付け。
-- 毎日食べるお惣菜だからたくさんの種類と食べ飽きない味付けを心掛けております。

スパイスや薬味をガツンと効かせてアクセントにしているのではなく
キノコを焼いた香ばしさや風味を活かして、
和えダレは薄味で全体をまとめる程度というのが気に入りました。
確かに毎日食べるには食べ飽きないこういった味付けの方がいいですよね。

大きくカットされたわさび醤油を纏ったアボカドも嬉しいです♪ (*^▽^*)



こういったテイクアウトのお店って食品添加物使うんだなーというところに軽く驚く。
着色料○号というのを見て軽く引く。

手作りのお店という先入観で品質表示をちゃんと見なかった自分にがっかり。


【鶏大根】  【若鶏のから揚げ】

鶏料理2品。

鶏もも肉と大根がかつおを効かせた出汁でじっくり煮付けられています。
なので、鶏ダシが効いた味を想像して食べると
「あれ?魚ダシ?」という不思議が脳内で起こります。
あっさりしたかつおダシは美味しいし好きなのですが、
鶏のコクを想像したのでちょっとモノ足りなさを感じます。

鶏の唐揚げはやさしい生姜醤油の味付け。


【牛肉の肉じゃが】  【酢豚】

見た目がそっくりな2品。
撮った写真を見て驚きましたww

他のお惣菜は概ねやさしい味付けでしたが、肉じゃがは結構しっかりした味付けでした。
甘みが強くて、関西風のすき焼きのようです。
閉店間際だから味が滲み込みすぎていただけかもしれません。

酢豚にはお約束のパイナップルのお姿がww


【にら玉あんかけ】

なんでしょうねー?このスポンジみたいな焼き上がりは。
電子レンジで作った玉子焼のような感じで、好みではありません。



ニラも思ったより少なかったし、なによりカニカマが入っていて
独特の練り物くささが鼻についてしまいます。
ニラ玉あんかけはとっても大好きなお料理なのですが、これはゴメンなさいです。

--------------------
できたて惣菜 くいしんぼう 武蔵小山店
--------------------


続きを読む>>
関連記事




tag : モニプラ 五反田
ウチしょく | 【2010-09-23(Thu) 23:19:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ