借金一本化
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【KAGOME】ビフィズス&コラーゲン のむヨーグルト


--------------------
KAGOME(カゴメ)
ビフィズス&コラーゲン のむヨーグルト
--------------------

生きたまま腸まで届くビフィズス菌と潤い成分コラーゲン1500mg、カルシウム240mgを
おいしく摂取できるドリンクヨーグルトです。
女性の美容と健康をサポートします。
(KAGOME HPより)

以前、この手のドリンクを飲んで飲むヨーグルトではなく
乳酸菌飲料でがっかりした経験があり
(よく成分表示を見なかった私のせいなのですが。。。)
それ以来あまりこの手のものは手を出さなかったのですが
『はっ酵乳』と書いてあるのを見て購入。
乳化剤とかも入っていないのも好印象。

そういった経緯もあり、思ったよりヨーグルト感があって驚きました。
甘味はちょっと果糖のひんやりと舌に残る甘さが
作り物っぽくて気にはなりましたが。

コラーゲンの恩恵はあまり感じられず。
まあ、この手の商品を1回飲んだところで効果を期待してはいけませんねw


続きを読む>>
関連記事
スポンサーサイト




tag : KAGOME
 ≫のむヨーグルト | 【2009-10-27(Tue) 16:04:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【meiji】北海道十勝ヨーグルトBig


--------------------
meiji
明治北海道十勝ヨーグルトBig
--------------------

この北海道十勝産の生乳を使用したシリーズは他にも何品かありますね。
正直、このシリーズを食べてみただけでは他の生乳を使用した商品と比べて
十勝産かどうかのミルクの違いは私には分かりませんけどw

でも、安定剤、香料無添加というのは私の中でポイント高いです。
購買意欲をそそりますww

後ろの成分表示を見たら
『(85g×4)に比べてすっきりとした甘味に仕立てました。』
とあるけど、そのサイズも食べてみたいけど4個もいらないのですよね。
そういえば個別売りって見かけませんね。



無糖のプレーンヨーグルトのようにしっかり固めの仕上がりです。
乳製品特有のやわらかくもろく崩れるような舌触り。

確かに甘さ控え目ですが酸味もミルクのコクも特に感じません。
だからでしょうか、ヨーグルトとしての印象をとても薄く感じます。
味気のないなめらかな牛乳寒(寒天)を食べているみたい。

病院食みたい。(食べたことないですケド。)

85gサイズの方はもっと生乳の旨みを感じることができるのでしょうか?
でも4個もいらないですね。


続きを読む>>
関連記事




tag : meiji
ヨーグルト | 【2009-10-27(Tue) 15:20:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
代々木 オリエント ターキッシュ
DSC05142.jpg

住所は渋谷区代々木となっていますが新宿駅新南口からのほうが近いお店です。
トルコ料理レストラン、オリエントターキッシュ。

こじんまりとした小さなお店で、手作り感のある店内です。
照明もぐっと抑えてあるので写真が上手く撮れず、店内のお写真はありません。

今回のお写真はどれもブレていまいちです。。。

DSC05134.jpgDSC05136.jpgDSC05138.jpg
【EFES DARK(エフェス ダーク)】 【OOLONG TEA】

こちらのお店では週3回ベリーダンスショーが開催され、訪問した日ももちろんショーの日。
ベリーダンスショーの日はどうやらコース料理になるようです。

DSC05140_edited.jpgDSC05147.jpgDSC05158.jpg
DSC05142_edited.jpgDSC05152_edited.jpgDSC05160_edited.jpg

こちらのお店、HPなどにもカッパドキア料理、トルコ料理の両方が書かれていたので
どんな違いがあるのだろうと思ったのですが、どうやら同じことのようです。
トルコの中にあるカッパドキア地方。なるほど~。

DSC05141_edited.jpg
【ペイニルサラタス(白チーズのサラダ)】

白チーズって初めて食べる食感だなぁ、と思ったらトルコならではの『ベヤズ・ペイニル』という
羊や山羊の乳からつくるフェタチーズと同様の製法で作られているチーズなのだそう。

サラダの上にのっている見た目はカッテージチーズかと思ったのですが、
もっと塊がしっかりしていてねちっとしていました。
チーズ自体も塩味が効いていて、サラダにも香辛料が振ってあるので意外と味付けはしっかりしていました。

DSC05143_edited.jpg
【ピタパン】

いつも見かけるピタパンのような薄い生地ではなく、結構分厚い生地でできていました。
やわらかい生地に慣れている日本人には噛み応えが十分な『朴訥』な生地。
アゴ使ってるな~って感じます(笑)

DSC05144_20100313032128.jpg
【カルシュクメゼ(前菜の6~8種盛り合わせ)】
<左下の白いところから時計回りに>
 ハイダーリ(濃いヨーグルトとハーブのペースト)、
 バルブンヤピラキ(いんげん豆と野菜のオリーブオイル仕立て)、
 アジルエズメ(ピリ辛トマトと野菜のペースト)、フムス(ひよこ豆とゴマのペースト)、
 カルシュクトゥルシュ(いろいろ野菜のピクルス)
<中央>
 エーゲ海のオリーブ

フムスって同じゴマを使ったペーストである、エジプト料理の『タヒーナ』よりゴマの香ばしさも
スパイスも感じられて美味しかった~。

DSC05148_20100313032128.jpg
【クイマルピデ(牛ひき肉と野菜のピザ)】

イタリアの丸いピザとは異なり、長細いボート状で端を内側に折り込んでいるような形です。
また、トマトソースではなくミートソースを使うのも特徴なのだそう。

DSC05152_edited.jpg
【タヴクシシ(チキンシシケバブ)】

しっかりと下味の付けられた鶏肉が香ばしく焼かれています。

DSC05159.jpg
【キョフテ(トルコ風ミートボール)】

ナスとトマトがよく煮込まれていて、ピタパンにたっぷり挟んで頂きます。

DSC05161.jpg
【ケマルパシャ(トルコ風だんご)】

これはと~~~ってもあま~~~い!!!
揚げドーナツにシロップをたっぷり染込ませたお菓子のようです。
中まで結構シロップが染込んでいるのに堅いんです。
どれだけドーナツを堅揚げしているのだろう。

DSC05154.jpgDSC05149.jpgDSC05155.jpg
【EFES Pilsener(エフェス)】 【GINGER ALE】

薄暗くて踊り子さんの動きは早すぎてで、ベリーダンスは全然写真に収めることが出来ませんでした。
残念~。
ぶれぶれの写真だけど1枚だけ。

こちらのお店のトルコ料理は香辛料がしっかり効かせてあって辛い、酸っぱいなどの
味の輪郭がはっきりしていたと思います。
以前、他のお店で食べた時はやさしい味というか薄味というか、
主張のない平坦な味付けに感じられた記憶があります。

お店によってなのか、トルコの地域によってなのか分かりませんが
異国の料理を食べるのは色々発見があって楽しいですね~♪

DSC05171.jpg
【ティママン ヴァウドヴルフテン(Timmermans Woudvruchten)】 原産国:ベルギー 分類:ランビック

この後は西新宿のベルギービール専門店 新宿Frigo(フリゴ)へ。
しかし、デジカメの調子が最悪でお写真が全く取れませんでした(涙)

--------------------
トルコ料理レストラン オリエント ターキッシュ
--------------------

続きを読む>>
関連記事




tag : 代々木 トルコ料理
 ≫各国料理 | 【2009-10-16(Fri) 03:06:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ