借金一本化
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【Monitor】ヤーマン トルネードRFローラーEX ~気になる部分に転がすだけで、エステティシャンの手技を再現♪



新提案!深熱ドレナージュエステ。
あたためケア×ハンドエステ
上向きフェイスとメリハリボディへ。


【ヤーマン トルネードRFローラーEX】



『ヤーマン トルネードRFローラー』は、
ハンドエステとマシンエステ技術を融合した美容ローラーシリーズ。

ヤーマン独自のRFリフトテクノロジー搭載。
コロコロするだけの『深熱ドレナージュエステ』で、
お家で手軽の上向きフェイスとメリハリボディへ本格全身ケア。

エステでよく聞く“ドレナージュ”。
それが自宅で手軽にできるなんて♪



『ヤーマン トルネードRFローラー』シリーズの特徴は4つ。

   トルネードローラーでハンドエステを実現
   RFリフトテクノロジーを搭載した唯一の美容ローラー
   ボディもフェイスもEMSでらくらくケア
   お風呂でも使える防水仕様


エステサロンでも採用される1MHzのラジオ波を出力する
ヤーマン独自の『RFリフトテクノロジー』技術を搭載。
ラジオ波はヒーターと異なり、肌深く長く早く温めてくくれる特徴があります。

さらに、公式通販限定モデル【ヤーマン トルネードRFローラーEX】には、
限定機能2種類を搭載。

   マイクロカレントモード
     ⇒ 微弱電流でスキンケアトリートメント
   ボディエクサモードのダブル波EMS
     ⇒ 筋肉に刺激を与え、効率的なエクササイズを実現




この触角のような変わった形のローラーで、
どうやってコロコロするだけで肌をマッサージするのか?

気になっていたけど、実際に肌に転がしてみてわかりました! (*゚O゚*)

なにコレすごい!
ヤーマン独自のトルネードローラーが“つまむ”&“離す”で
人の手でもみだす動きを再現。

吸いつくように肌を巻きあげながらも挟み込みすぎない使い心地の良さで、
“もみ出す”“押し出す”“つまみ上げる”とまるでエステティシャンの手技のよう♪



トリートメントの方法は、
お肌を水や化粧水、ジェルなどで湿らせた後使います。
乾いた肌だとRF、EMSが感じにくいのだとか。

電源を入れ、好みのモードで使います。

   赤ランプ : RF(ラジオ波)モード
   ピンクランプ : EMS(ボディエクササイズ)モード
   青ランプ : EMS(フェイスリフト)モード
   青(点滅)ランプ : マイクロカレントモード


これだけでOK。
RFモードでお肌をしっかり温めてから
EMSモードを使うのがポイントらしい。

充電式でお風呂でも使えるのが嬉しいですね。 (*^^*)



気になる頬やフェイスラインのたるみを重点的にケア。
もっと使い続けることでどのような変化があるか楽しみです♪





** ヤーマン株式会社さまのモニターに参加しています。 **

 ・ トルネードRFローラーEX



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ




スポンサーサイト




tag : レビューブログ
イベント&モニター | 【2017-03-27(Mon) 20:45:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【Monitor】アパガードディープケア アパタイトデンタルローション ~歯にもトリートメントという新提案♪



独自成分薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>配合の
世界初の“アパタイトデンタルローション”。


【アパガードディープケア ポーションタイプ】



『芸能人は歯が命!』

でおなじみの、美白歯みがきのパイオニア
『APAGARD(アパガード)』さん。

独自のむし歯予防成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合し、
これまでにない “歯の修復”をコンセプトに生まれたブランドとして有名。

カタカナ苦手な私も、懐かしのあのCMのおかげで
『薬用ハイドロキシアパタイト』はすらすら言える。笑



そんな『APAGARD(アパガード)』さんから
まったく新しいオーラルケア習慣の提案。

洗顔後の肌に美容液、シャンプー後の髪にトリートメント、
歯みがき後の歯のために、更に美しい歯へと導く新しいトリートメントアイテム。

それが、【アパガードディープケア】



独自成分『薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>』がアプローチする3つの作用。

   きれいに  : 歯垢を吸着除去
   なめらかに  : エナメル質表面のミクロの傷を充てん
   丈夫に  : 初期むし歯を再石灰化


歯の美しさ、白さのポイントとなる
“エナメル質”に働きかけ、むし歯予防☆



使う手順は、いつもの歯磨きの後に
【アパガードディープケア】でトリートメント。
就寝前や丁寧にケアしたいときの“大人の仕上げみがき”として使います。



分量は1ポーション7mL。

マウスウォッシュよりも少なめの量。



ポーションをよく振って、とろりとした白くて濃厚な液体を
液体が全体に広がるようにくちゅくちゅと口にふくみます。

マウスウォッシュのように勢いよくくちゅくちゅというよりは、
とろりとした濃厚な液体を全体に行き渡らせるように広げる感じかな。

色見の通り、歯磨き粉らしいペパーミントフレーバー。
マイルドなので、スースーする感じではありません。
すすぎは少量にって推奨されているので、
うがいしたくなる強いミント感より適度な爽快感はいいね。



仕上げに軽くブラッシング。

濃厚な液状なので、ポーションの底にかなり残るので、
もったいない精神の昭和生まれは、
残りを歯ブラシでしっかりと掬い取ってブラッシング。笑



ポーションタイプなので、液体ハミガキかと思いましたが、
いつもの歯ブラシの後にひと手間かけるオトナの仕上げハミガキ。

オトナはめんどくさがらずひと手間をかける心と時間の余裕を持たないとな
と思いながら、粛々と夜の歯のトリートメントタイムを楽しみました♪





** 美白歯みがきアパガードさまのモニターに参加しています。 **

 ・ アパガードディープケア


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ






続きを読む>>




tag : Trenders
イベント&モニター | 【2017-03-25(Sat) 03:20:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【Monitor】DHC薬用ホワイト二ングセラムUV ~日中も美白できる、肌にやさしいパワフルUVケア美容液♪



シミ・そばかすを防ぐ美白効果と、
肌荒れ防止効果を兼ね備えた、
W薬用成分配合の日やけ止め美容液。


【DHC薬用ホワイト二ングセラムUV】 SPF50+/PA++++



国内最高レベルのUVカット力『SPF50+/PA++++』。

DHCさんなので、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方はあたりまえ。
しかも薬用、しかも肌にやさしく美白ケアまでできる優れもの。

肌へのやさしさは、敏感肌にも安心して使えるほど。



メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ『トラネキサム酸』、
肌荒れを防ぐ『グリチルレチン酸ステアリル』。

シミの“予防”と“ケア”を実現するW薬用成分配合☆

もうひとつめずらしい成分が、『ホワイトストロベリーエキス』。
外側だけでなく内側も真っ白な希少な白いイチゴのエキスは、
うるおいと美白ケアをパワフルにバックアップ☆
ハリのある澄んだ肌へアプローチ♪



使い方は簡単。

スキンケアの最後に適量を顔全体になじませるだけ。

そう、これ1本で、美容液、乳液、化粧下地、UVケアの
1本4役を果たすので、化粧水のあとはこれ1本でOK。

化粧下地として使ってもスキンケアとしても兼ね備えてくれる優れもの♪



乳液よりはコクがあり、クリームのように重すぎない。

のびがよくスキンケア感もある化粧下地の使い勝手として
最適なテクスチャー。

『SPF50+/PA++++』という高いUVカットレベルなのに、
被膜感やベタつきのない軽い使い心地。



手前半分はテクスチャーが伝わるように軽く伸ばして、
奥半分は仕上がりが伝わるよう
肌になじませた後ファンデを塗ってみました。

化粧下地としても使えるけど、
クリームというよりコクのある乳液という感じのライトさなので
あたたかさを感じ始めた春にぴったり。 (*´ェ`*)




** ディーエイチシー 様に商品をいただき、モニターに参加しています。 **

 ・ DHC薬用ホワイト二ングセラムUV





続きを読む>>




tag : Trenders
イベント&モニター | 【2017-03-24(Fri) 04:08:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ