借金一本化
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【谷町六丁目】Beans Cafe & Gallery 片岡 ~コーヒーとお豆のスイーツでほっこりカフェ。



お店の外観も店内もピッカピカだったので
新しいお店なのかと思いましたが、
実は数年前に開店したお店のようです。

白と黒のモノトーンにさりげなく観葉植物が配置された
シンプルな外観に惹かれて入店。



『空堀商店街』の“はからほり”なアーケード入口から
谷町筋に沿って南側へ数件隣にあるお店。



店頭の黒板に書かれた、
 “おいしい オーガニックコーヒー”
 “おいしい ほっこりおぜんさい あり〼”

小雨は止んだものの、冷たい風はまだ強く吹いていたので
この“ほっこり”“おぜんざい”の文字はなんとも魅惑的。



店内はけして広くなく、2名用テーブルが6~7個ほど。

お一人さまお二人さまがほとんどみたいでしたが、
5名くらいのお客さんにはテーブルをくっつけたりして対応していました。

お店に入った時、賑やかかったので満席かと思いましたが、
ちょうど1テーブル空いていたのでラッキー。



ひよこ豆以外は国産のお豆を使っているそう。

“色の白いお豆には白い極楽糖、色付きのお豆には極楽きび糖を使い
すべて店内でたいています。”
“添加物は一切使用していません。”

メニューに書かれたこの説明を見て、
これはやっぱり“おぜんざい”で決まりだな!と即決。



“おぜんざい”は、小倉と白の2種類。

どちらかなんて選べない人にはセットもあります。



【紅白おぜんざいセット】、【ホットラテ】

ってことで、どちらかなんて選べなかったのでセットをオーダー。

『おぜんざい』と『白いおぜんざい』、
2色のおぜんざいのハーフサイズが両方楽しめるお得なセット。

よく“ぜんざい”とか和の甘味のお口直しに塩昆布とかしょぱいものが付いてきますが、
こちらのお店では豆菓子が付いてました。
甘くもしょっぱくもない、節分の豆まきとかに使うような乾煎りした大豆。
こういうシンプルな豆菓子大好き。



北海道産『善』の大粒大豆を
極楽きび糖でじっくりたき上げた紅白の紅【おぜんざい】。



色豆の王様『とら豆』を極楽糖で白く炊き上げ、
ひと粒ずつ手で皮を取り除き裏ごしした紅白の白【白いおぜんざい】。

どちらの“おぜんざい”も、お豆の粒がしっかりほくほく。
“白”と“きな粉”、2色の白玉入りというところもなんともめでたい。



イマドキなインスタ映えするようなラテアートは無いですが、
ふわふわのミルクがくちあたりよくて、
お砂糖を入れずともまろやかな甘みがあり“おぜんざい”にちょうどいい。



時間帯にもよるかもしれませんが、テーブルに
“長時間のご利用なお控えください”のカードが置いてあったこともあってか、
私が席を立つ頃には半分以上席が空いてました。

ギャラリーとかあったりして、のんびりした雰囲気のお店かと思いきや
意外と回転はいいみたい。

なので、店内を覗いてみて満席でも、
商店街を散歩とかして少し時間をおけば席が空いてるかもしれませんね。



“はからほり”な『空堀商店街』を後にして地下鉄に向かう道すがら気になったお店、
イタリアンカラーの暖簾?はためく『Patisseris&Boulangerie LEAI(ル・アイ)』



1階がブーランジェリーで2階がレストランみたい。

1階のパンはテイクアウトのみみたいなので利用せず。
イートインがあったらいいのにな~。 ('ε'*)



わずか2時間足らずの『谷六さんぽ』でしたが、
なかなか楽しかったな~♪ (о´∀`о)

今回散策したのは『空堀商店街』のほんの一角なので
また谷六さんぽリベンジせねば!




--- 関連記事

  ・ 【谷町六丁目】ジェラテリア Circo D'oro(チルコドーロ) ~『万円です』は、やっぱり気のイイ大阪のおっちゃんが言ってこそオモロイ。笑
  ・ 【谷町六丁目】喫茶 MAC ホワイトラブ ~夢の極厚たまごサンド♪
  ・ 【谷町六丁目】Beans Cafe & Gallery 片岡 ~コーヒーとお豆のスイーツでほっこりカフェ。



==========

  ・ Beans Cafe & Gallery 片岡 Facebook






スポンサーサイト




tag : 大阪
 ≫CAFE・喫茶店 | 【2017-11-04(Sat) 15:46:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【谷町六丁目】喫茶 MAC ホワイトラブ ~夢の極厚たまごサンド♪



ごぶごぶ巡礼2軒目。

1軒目はこちら。

【谷町六丁目】ジェラテリア Circo D'oro(チルコドーロ) ~『万円です』は、やっぱり気のイイ大阪のおっちゃんが言ってこそオモロイ。笑



今、写真見て気付いたけど、お隣がどら焼き屋さんだ! Σ(゚□゚
ああ、食べとけばよかった!メモ。 "φ(・ェ・o)~

 ⇒ どらやき 文(ふみ)



谷町六丁目駅からだと、どの出口から出るかにもよると思いますが、
私は間違えて一番遠い出口から出てしまったので
アーケードまで徒歩10分くらいでしょうか。

“はいからほり”な『空堀商店街』のアーケードをくぐり
数分でお店に到着。



店頭の黒板?のオススメにもある通り、
『たまごサンド』と『ミックスジュール』の大阪の喫茶店定番セット
(自分しらべ)をオーダーする気まんまんで来ました。

ここに来るまでは、、、

晴天からいきなり小雨ぱらつく木枯らしが吹いてきて、
冷え性にはあたたかいお飲み物しか飲める気がしない。。。



店内のメニューボードでも
“濃厚 大阪の喫茶店、懐かしのミックスジュース”
ってススメてくる。

“ストローを差し込むと倒れないくらい濃厚!”
というオススメ文にしばらく悩んでしまったけど
『ミルクコーヒー』と『たまごサンド』をオーダー。



ランチタイムもおやつタイムも避けて来店した甲斐があったのか、
店内は私の他に1組のお客さんのみ。

そのお客さんも、帰りの新幹線のことを
標準語で話していたのでおそらく観光客。



店内に『○○番組で紹介されました』とか有名人のサインが
たくさん飾ってあったことからもわかる通り、
たまごサンドで有名なお店なので
店内に観光客だけという状況もなるほど納得。

最初は、一人なので小さな2名テーブルに座っていたのですが、
『空いてるからこっち座っていいよ。』(もちろん関西弁で)
と広い方のテーブルを勧めて下さいました。

おとうさん、やさしい。

ところで、この飲食店とかの店主を『おとうさん』とか『おかあさん』とか呼ぶの
関東では『は?父親でも母親でもないし?』って疑問がられるのですが
呼ぶよね?呼ばない?
親しみを込めた感じでぴったりの呼び方だと思うのだけどねぇ。



【たまごサンド】、【ミルクコーヒー】



極厚のだし巻きというか、巻いて無いからオムレツと呼ぶのか、
どう呼ぶのが正しいのか分かりませんが、
とても分厚いたまご焼きのたまごサンド。

それこそ、パンの厚みの何倍もあるこのたまご焼きを
よく挟めてるなと感心しきり。



しっかり支えてないと、パンから滑り落ちそうになる程のたまごのボリューム。



味的には、出汁巻きよりもオムレツに近い
ミルク感たっぷりのとろけるような甘みとふわふわ食感。

『味が薄めだから、薄かったら置いてある塩で調節して』(もちろん関西弁)
と、おとうさんがレクチャーして下さいましたが、
このボリュームなのでこのくらいの薄味でちょうど良かった。

関西のたまごサンドにしてはからしマヨがそんなに辛くなかったけど、
このたまご焼きのまろやかな味はからしマヨも控えめでちょうどいいのかも。



カフェオレでもカフェラテでもなく、『ミルクコーヒー』と呼ぶのがいいね。

この、温めた牛乳の膜が張る感じ、カフェラテにはない醍醐味ですな。



店内をきょろきょろ見回しても見当たらなかったので
お会計の時、勇気を出して
『ごぶごぶステッカーってないんですか?』と尋ねたら、
『そこに貼ってあるよ~』と指さした先は
店頭からばっちり見えるところでした。笑


しかし、先客の観光客連れが返った後、私一人になってシンとした店内に、
いきなり、『カレーあるか?!』と飛び込んできた(まさに!)
商店街の他のお店の店主さんと思われるご近所さんには驚いた。笑

『無いか?忙しか?また後で来よか?ほなまた来るわ!』
とひと通り捲くし立てて帰ってった。笑

やっぱり大阪の喫茶店(大阪のおっちゃんが?)
ってオモロイな~。 (о´∀`о)



同じくごぶごぶで紹介された、喫茶MACのお隣『デリカいずみ』さん。

番組で紹介されていた『40円コロッケ』は売切れでした。
ざんねん~。



同じくこちらも番組で紹介された温泉の自動販売機
『源泉販売 一会の湯(いちえのゆ)』。

なんと点検中でした。笑



大阪のママチャリにのるオカンの雨の日の強い味方
『さすべえ』に出会えて感激!



“はいからほり”な『空堀商店街』には、
他にも気になるお店がいろいろ。

カレーのスパイスのよい香りが漂ってた『旧ヤム邸』



蔵を改装したみたいなイマドキレトロな『谷町六丁目 道勝cafe』



玄米とかヘルシーそうなスイーツがいろいろあった
『畑の食堂 NATURA』



今度は、谷町筋を挟んだ向かいの商店街
『ろまん街道』?『空堀ど~り商店街』?の方も散策せねば。 (о´∀`о)





--- 関連記事

  ・ 【谷町六丁目】ジェラテリア Circo D'oro(チルコドーロ) ~『万円です』は、やっぱり気のイイ大阪のおっちゃんが言ってこそオモロイ。笑
  ・ 【谷町六丁目】喫茶 MAC ホワイトラブ ~夢の極厚たまごサンド♪
  ・ 【谷町六丁目】Beans Cafe & Gallery 片岡 ~コーヒーとお豆のスイーツでほっこりカフェ。










tag : 大阪
 ≫CAFE・喫茶店 | 【2017-11-04(Sat) 14:20:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【八重洲】マクドナルド JR東京駅店 ~電源あり★シナモンメルツとプレミアムローストコーヒー。



東京駅構内(改札内ではないけど構内でいいのかな?)にあるマクドナルド。

構内と言っても南北に長い東京駅の南の端の端なので
うっかりのんびりしていると新幹線に乗り遅れるやも。

電源席は、レジ横の細い通路を抜けた奥、壁際のカウンター席にありました。
椅子というか、デカイハムみたいな円柱状のクッションが付いてるだけのスツール。
これは、長居はご無用!というお店側の意気込みを感じる。



この日は、マクドナルドで期間限定・時間帯限定で
ホットコーヒーが1杯無料になるということでレジ前は大混雑。

普通に電源&wifi使いたくて来たのに、
タイミング悪かったなと激しく後悔。

とは言っても、私もそんな理由なのでコーヒーくらいしか飲む予定は無かったが、
さすがに無料のコーヒー1杯で店内に入るというのも気が引けるので
一緒にいかがですかと勧められた『シナモンメルツ』をオーダー。



おおぅ、ゲロ甘い。

なるほど、コーヒー勧めるのも納得。
いくら甘いもの好きといっても、これはブラックコーヒーでも飲まないと
口の中が甘さでドロけそうだ。

ふんわり生地のパンに、香り豊かなシナモンシュガーと、
とろ~り甘いクリームチーズ風味のシロップがかかった温かいシナモンブレッド。



ひと口シナモンパンの小山をバターのようにメルトするそのシロップの
“クリームチーズ風味”ってところはよくわからなかったけど、
味はいうなれば某しなぼん的。

おやつのつもりでしたが、ちいさなこれ一つで
この後の会食も遠慮したくなるくらいの甘さの破壊力。



さすがマックのスイーツ、コスパよすぎ。





==========

  ・ シナモンメルツ | キャンペーン | McDonald's マクドナルド
  ・ JR東京駅店 | McDonald's マクドナルド









tag : 丸の内~八重洲
 ≫CAFE・喫茶店 | 【2017-10-17(Tue) 15:49:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ