借金一本化
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【新宿三丁目】cheese stock 新宿店 ~チーズ×肉★あれもこれもチーズ!チーズ!チーズ!気が済むまでチーズにまみれる夜♪



呼び出されたのは新宿三丁目。

チーズ料理のお店ということで、
チーズスキーはワクワクしながらお店へ。 ヽ(´▽` )/~♪



この辺りは何時になってもキラキラしていますね。

1階がAOKIのビルがお店の場所。

遅刻参加で若干焦りながら乗り込んだエレベーターで
一緒になった若モノさん達がみんな同じ階で降りると気付いて
『あれ?お店間違えたか、、、?』
と、内心焦ったオバサンは私です。爆

エレベーターが開いたら目の前がお店のエントランスだったのですが、
そこでも予約のお客さまがお部屋への案内待ちで大賑わい。
しかもみんな年齢層若いぞ!

再度、店名と場所を確認したことは言うまでもない。笑



先客が待つお部屋へ案内される途中や案内されたお部屋を見て
若モノさんが多い理由に納得。

どこもかしこもフォトジェニックというか、
流行語大賞的に言うなら“インスタ映え”するスポットばかり。

ついでに言うと、キビキビ動くスタッフさんも
女性も男性も、なかなかかわいらしいお方が揃ってますぞ。(コレ重要w)



【カラフルコブサラダ】

店内だけでなく、お料理ももちろんフォトジェニック、
もといインスタ映え系。

名前に違わぬカラフルなコブサラダは
それだけでも鮮やかな彩りと盛付けでフォトジェニックなのに
テーブルに常備されている真っ赤なポットの“パルメザン”がかけ放題というから、
フォトジェニックだけでなくパフォーマンスのエンタメ性もあって、
写真だけじゃ納まらず思わず動画を撮りたくなる。



もちろん、写真用にお上品にかけた後は
わっさーって山盛りてんこ盛りに
パルメザンの山を築かせて頂きましたよ。笑

とことん“インスタ映え”を追求してるお店だなぁ~。



【レモンスカッシュ】

“レスカ”、いいよね!
もっと他のお店でも出せばいいのにね!

レモンサワーがあるなら、レモンスカッシュも作れると思うんだ、オレ。 ('ε'*)



【パンプキンサラダ ゴルゴンゾーラ風味】

クセのあるチーズ好きは、こういうのオーダーしたくなるのです。

そして、出て来たお料理を見てもっと嬉しくなった♪
まさかこんなに主張するほどのゴルゴンゾーラで登場するとは!

さすがチーズ料理のお店、期待を裏切らない。

ごろごろ角切りにされたゴルゴンゾーラは、
ほんのり素材の甘みのパンプキンサラダに塩味と青かび味をプラス。

チーズは好きだけど青かびはちょっと、、、
という人も、パンプキンサラダでマイルドになるので
青かびの量を調節しながら是非トライしてみて欲しい。



【三ツ矢サイダー】

郷愁の瓶サイダー、三ツ矢サイダー。

是非、ナポリンも置いて欲しいな。 (*´艸`)



【牛タリアータとロックフォールチーズ】

クセのあるチーズが美味しかったことに気を良くして
次にオーダーしたのがコチラ。

今度はフランスの青カビがソースになってますよ♪

タリアータに、塩味のパルミジャーノ、
香味と辛みのピンクペッパーがキリリと効いて、
もちろんそれだけでも十分なのだけれど
そこにロックフォールのソースをかけるとまた最高なのですよ。

これはワイン好きにはたまらんと思うな。



【アセロラソーダ】

ソフトドリンクがジョッキで出てくるお店は
無条件で大好きです。笑



【焦がしカマンベールチーズ】

チーズ料理のお店には間違いなくあるよね、このメニュー。

しかし、こちらの焦がしカマンベールはどっちかというとスイーツより。
スタッフさんもデザート代わりにもと言ったのも納得。

ただ炙ってとろけたところをディップ代わりに
というスタイルとは異なり、表面の焦がしはカラメリゼ。

表面パリっと、やわらかなチーズの塩味とカラメリゼの甘みの
コントラストがやめられないとまらないループ。



【カルピスソーダ】

こちらもジョッキで登場。
今のところ、レモンスカッシュだけがスリムグラスでしたが
その使い分けは分からず仕舞い。

(別に追求しなくてよいw)



【マスカルポーネチーズとドライフルーツのパテ】

焦がしカマンベールもデザート的でしたが、
こっちの方がよりデザート的。

ベースのマスカルポーネのパテ自体にも甘いがついてますが、
ドライフルーツでさらにフルーティーな甘さ。
グラノーラかな?ミューズリーの押し麦が食感にもアクセントで
なんともヘルシーさを感じさせるパテ、というかスイーツ。

ヘタなチーズケーキを食べるより、チーズ感まんさいで
よっぽど満足度の高い〆デザートになりました。 (о´∀`о)



実はお店の奥には、小上がりのお座敷?があるみたい。

今回は途中参加でサクっと飲みでしたが、
チーズ料理のクオリティーの高さは確認できたので、
今度はそっちでのんびりチーズタッカルビ鍋でもつつきながら
忘年会もいいなぁ~。 (*^^*)

今から予約して間に合うだろうか心配ですが。。。





--------------------
cheese stock 新宿店 (チーズストック)
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都新宿区新宿3-17-4 新宿レミナビル 3F
--------------------









スポンサーサイト




tag : 新宿
 ≫各国料理 | 【2017-11-06(Mon) 22:59:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【高槻】完全個室・肉BAR居酒屋・炭焼きビストロ 29 マルゴ (ニクマルゴ) ~お肉料理をあれこれチョコチョコつまめてサク飲みにもぴったり♪



高槻さんぽの〆、夜ごはんは、
隣のがんこ寿司にも惹かれたけど肉で!

今思えば、がんこ寿司なつかしいな~って思ったけど
そういえば関西基盤のチェーンなんだよね。

やっぱり行っとけはよかったかな。(いまごろw)



個室もあるって案内されたのですが、
早い時間で他のお客さんもいなかったし
広々したテーブル席の雰囲気もよかったのでこちらに。



【ジンジャエール】、【突き出し】

肉バルってことで、突き出しは生ハム!
パルメザンチーズととびっこが振られレモンが添えられていました。
さりげなく手が込んでる。

たっぷりのミックスナッツはメニューに載っていたのを見逃さなかった!
量も通常提供される量と変わらなそうだし、
突き出しがメニューの中から出されるってスゴイ得した気分。 (о´∀`о)



【ローストビーフカルパッチョ】

カワええスタッフのおねえちゃんが
今日はとりあえずコレいっとけ♡と言ったので
(そんな言い方してないけどw)
今日はローストビーフカルパッチョ記念日。(うそ)

たっぷり山盛りのオニオンスライスに、
生ハムのようにしっとりなめらかなローストビーフ。
レモンがさっぱりしたソースに
とびっこのぷちぷちがなんともよいアクセント。

オススメに従ってよかった♪



【温泉卵と厚切りベーコンのシーザーサラダ】

温玉わらせて頂きました♪ ヽ(´▽` )/~♪

ドレッシングが別添えになっていて、
各自お好みでかけられるのがイイネ。

から揚げに添えられたレモンと同じく、
こういう時、『ドレッシングかけますね!』っていう人は、
気が利くのかおせっかいなのか論争。



【本日のソーセージ】

骨付きソーセージは、人間が生まれ持った野生本能でしょうか
ムダにテンション上がりますね!

添えられたケチャップとマスタードの香りが
マクド(ここは関西なのであえてこう呼ばせて頂こうw)のアレで、
ジャンクなスイッチが入った事も相まってテンション上がったわ~。 (*´艸`)



【超熟・煮込みハンバーグ】

焼きハンバーグより煮込みハンバーグ好きなので
このお店のチョイスにはえらく共感してみたり。

しかも煮込んだハンバーグを鉄板で提供する。
煮込みなのに香ばしくていいじゃないか!

トマトソースとチーズの組合せが昭和生まれの郷愁をソソル。 (*´艸`)



【ウーロン茶】

実は、メニューに『メロンソーダ』があったのですが
ヒヨってオーダーできなかったことをここに告白。

やっぱ、舌を緑色にしてもいっときゃよかったかー。



【数量限定 A4ランク牛寿司】、【数量限定 ローストビーフ寿司】、【生ハム寿司】

こちらもスタッフさんイチオシメニュー。

生ハムの塩味も酢飯とあってよかったけど、
ローストビーフの握りが特に気に入ったかな。

生ハム寿司はメニューに無かったような気がするけど、
何かの代わりだっけ?本日限定なんだっけ?失念。



【限定 フレッシュチーズタッカルビ】

ちょっと意外なプレゼンテーションで登場したチーズタッカルビ。

真ん中にゴロンとチキンが鎮座して、左右に白いチーズと黄色いチーズ。
その下にはフライドポテトやキムチが隠れてます。

ちょっと意外というのは、そのサイズ。
なんとなくタッカルビってそれをメインに大きな鉄鍋でワイワイ食べる
ってイメージを持っていたので、このお一人様用くらいの鉄板で提供されて
これは他にいろいろ食べられていいな~と感心。



【自家製とろ~りグラタン】

ベースがベーコン入りのマカロニサラダでした。
とろ~りは温玉だったか~。笑

いや、この発想無かったよ!
これは私でも手軽に出来そうで、おもわず真似したくなる。笑



トイレを借りがてら見つけたこのカウンター?席もイイネ!

肉バルってひと品ひと品が肉ゆえに重くて
あれこれ食べられない勝手なイメージがありましたが、
こちらはポーションが抑えられてお値段も手ごろなので
あれこれオーダーできてワタシ好み。

なかなか個性的なお席がいろいろあっておもしろいし、
使い勝手よさげなお店のようです。 (о´∀`о)





--------------------
完全個室・肉BAR居酒屋・炭焼きビストロ 29 マルゴ (ニクマルゴ)
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 大阪府高槻市北園町14-18 B1F
--------------------














tag : 大阪
 ≫各国料理 | 【2017-11-03(Fri) 18:25:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【駒場東大】MOSS RoastBeef Stand (モス ローストビーフ スタンド) ~外観も店内も遊びゴコロ満点のお店はお料理もキラリと個性が光る♪



テレビでも紹介された話題のお店、
三軒茶屋肉バルMOSSの2号店に行ってまいりました。

『MOSS RoastBeef Stand (モス ローストビーフ スタンド)』という店名の通り、
ローストビーフがオススメのお店ということで、
あっさり系お肉大好きな私はワクワク。 o(^▽^)o



お店の最寄駅は駒沢大学駅。
駅からだいたい徒歩10分弱でしょうか。

オサレカフェバーのような外観に気後れしながらも
店内に入ろうと思いきや、入口どこ?! Σ(゚□゚



ここ。

そう、自動販売機が入口の扉。
始まりからいきなりカマしてくれるなんとも遊びゴコロのあるお店。 (*^^*)



店内の雰囲気もなんとも個性的。

お店のマスターが大好きだというサッポロの星マーク以外は
オリエンタルというかインド的というか、
ここはエスニック屋さんでしょうかという雰囲気の装飾。

キライじゃないゼ、こういうの。^^



【Ferrarelle (フェッラレッレ)】

ナポリ郊外のリアルド村を採水地とする
イタリアの天然微炭酸水。

イタリアのガスミネと言えば『サンペレグリノ』が置いてあるお店が多いですが、
こちらのガスミネは初めて見ました。嬉しい♪

天然微発泡のミネラルウォーターは口あたりがやさしいながらも、
たっぷりのミネラルを感じる味わい。
なるほど、お肉にぴったりのガスミネだね。



【Scandal Lager (スキャンダルラガー)】

日本ではなかなかお目にかからない、
化学室の薬品みたいなボトルに入ったこちらは
カナダのピルスナー、オーガニックビール。

こちらのお店では、お料理にあったクラフトビールやワインを
オススメして下さいます。



【おまかせ前菜の盛り合わせ】

『ハチノスのマリネ』、『ナスのバルサミコマリネ』、
『ポテサラ』、『生ハムとドライトマト』、『ピクルス』。

お店の定番前菜メニューがあれこれ盛合せになったひとさら。

酢もつを洋風にアレンジしたという『ハチノスのマリネ』もよかったけど、
茄子の揚げびたしをバルサミコ酢で洋風にインスパイアした
『ナスのバルサミコマリネ』が夏にぴったりのひと品で好み。



【ノンアルコールモヒート】

本当は、ノンアルのモヒートはシンプルにソーダ系のモヒートらしいのですが、
ミントか何かのソーダが切れているとかでレモンティー仕立てのモヒートに。

これはこれで紅茶の香りとミントがぴったりでイイネ。



ミントわっさーで、もしゃもしゃとグラスに押し付けて香り高く。



【国産牛タタキの山かけ】

和食の定番“山かけ”を、
オーガニックシードルとカレーパウダーで洋風アレンジ。

このふわりと香るお酒の香りがなんともオトナの味わい。



【OG産葡萄牛ランプのローストビーフ】

きめ細やかでわやらかな赤身肉が美しいランプを使ったローストビーフ。
定番のグレイビーソースで。

ザ・ローストビーフとでもいうべく、この赤身のあっさりしながらも凝縮された旨味、
絶妙な火入れでジューシーさと歯切れのよいやわらかさがいいねぇ~。



【黒毛和牛モモ肉のローストビーフ】

A4横濱ビーフを使用した黒毛和牛のローストビーフは、
その霜降りな肉質でなんともしなやか。
山葵レモン醤油で。

山葵醤油のソースってことも手伝ってか、
やっぱり霜降り和牛ってタタキって感じするな。笑



【マテ茶】

お肉と言ったらやっぱりマテ茶で〆。


ごちそうさまでした。  (o'∀'人)





--------------------
MOSS RoastBeef Stand (モス ローストビーフ スタンド)
 ⇒ Facebook食べログぐるなび
住所 : 東京都世田谷区上馬4-11-25 K&F駒沢 1F
--------------------












tag : 世田谷区
 ≫各国料理 | 【2017-08-27(Sun) 20:36:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ