借金一本化
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【麻布十番】和チャイナ Roppongi ~ご店主の人柄が感じられる温かみのある中華でほっこり♪



場所は六本木ヒルズの六本木六丁目交差点から
麻布十番駅へ向かう通り沿い。(外苑東通り?)

住所は六本木ですが、麻布十番駅からが近いです。

私も、麻布十番駅から麻布十番大通りをぷらぷら散歩して、
319号線に交差するところでちょっとUターンする感じでこちらのお店で晩ごはん。



この通りは交通量はあるけど飲食店はあまり無い印象だったし、
ちょうどお店の前に大きな街路樹があるしお店は半地下?だしで、
通りの反対側から見つけづらくてキョロキョロ探す探す。笑



席数は10席少々のこじんまりした家庭的な雰囲気。

お店もお料理も、“和”チャイナという店名の通り、
お一人で切り盛りされる店主さんの人柄を感じさせる
日本人が懐かしいなと思える温かみのあるものでした。



【ジャスミン茶】

アラカルトもありますが、お客さんの要望から店主さんが組立てる
おまかせコースを予約するお客さんが多いとのこと。
常連さんが多いというのも納得。

私も常連さんにくっついてきたクチなので、もちろんおまかせで。
この日は点心スタイルなのだそうですよ。



【四川風水餃子胡麻風味】

粗目のすり胡麻たっぷりの餡がたっぷり乗った水餃子。



つるっと舌触りの良い厚みのある皮に肉々しい餡。
葱?韮?の香味と胡麻の和風餡がよくあう。

しっかりした味付けは、確かに白飯が欲しくなる日本人の懐かしい味。
ここでいきなり白米を追加オーダーする常連さん。
この柔軟さも家庭的なあたたかみを感じさせてほっこり。(親かww)



【肉団子と貝柱の蒸しスープ】

今、蒸籠から出しましたよーっていうのが分かるほど
湯気もっくもくのあっつあつが提供された蒸しスープ。

生姜が効いたスープは、さらに身体の中から温めてくれます。



【中国野菜とベーコンのあっさり炒め】

青梗菜に厚切りベーコンの風味がしみしみ。
胡麻と葱のソースがまた香ばしい風味のアクセント。



【ウーロン茶】



【豚ロースの豆鼓 蒸しパン添え】

本来は、骨付き豚で作るのが定番の料理なのだそうですが、
こちらは豚ロースのスライスをローリングした店主オリジナルスタイル。



塩辛さとまろやかなコクの豆鼓がしっかり効いた肉餡に
ほっこりした甘みのかぼちゃとゴマが深みをプラスして相性よろし。



この蒸しパンというかマントウ?がとってもしっとりふっわふわで美味しい♪

ああ、白米よりこのマントウをあと5つくらいおかわりしたかった。笑
そのくらいお気に入りに。



【点心の盛合せ】

待ってました、大好き餃子な点心は、
椎茸焼売、鱶鰭餃子、野菜海老餃子。

焼売って家ではあまり食べないけど、中華料理屋さんに来たら食べたくなる。
餃子よりこの皮に包み切れないギュっと肉々しい餡が大好き。
椎茸たっぷりでキノコの旨味がじゅわっと広がる、
ボリュームはあるのにヘルシーさを感じさせる焼売でした。



【海老の中華風天婦羅と春巻き】

中華料理屋さんで天婦羅?
酥炸(スー・ヂャー)という天婦羅のような中華の調理法なんだそう。

衣の中に油を使うことで、スが入ったようにザックリした食感に。
フリッターのもっとザクザクした感じ。



厚みのあるザクザク衣の食感に負けない大きくてぷりっぷりの海老。

衣にカレー風味がついているので、そのままもよいのですが、
山椒塩をパラリと振るとまた和洋折衷なアジアンな雰囲気に。



香ばしい揚げ色しっかりの春巻きは、
筍たっぷりの餡を包んだしっかりした味付けなのでそのままで。



【焼豚入り玉子チャーハン】

焼豚と玉子と少しのお野菜の、シンプルだけど一番安心するチャーハン。



あっつあつの土鍋で提供されるので、オコゲ付きが嬉しい。



【本日のデザート】、【ジンジャエール】

本日のデザートは『杏仁豆腐』。

あっつあつのチャーハンでボルテージの上がったお口を
クールダウンしてごちそうさまでした。



大皿で取り分けるスタイルが、中華っぽいというより家庭料理っぽくて、
ますますアットホームな団らんさが加速。

厨房からフロアから一人で切り盛りする店主さんの大きな背中が
とっても温かみがあって、お箸握りしめて『次は何が出てくるのー?』って
ワクワクしながら待っている時間も楽しい、
そんな店主さんのお宅にお邪魔したような温かみのあるお店でした。




--------------------
和チャイナ Roppongi (ロッポンギ)
 ⇒ 公式サイトFacebook食べログぐるなび
住所 : 東京都港区六本木5-11-32 第三岩崎ビル 1F
--------------------













スポンサーサイト




tag : 六本木~麻布
 ≫各国料理 | 【2018-05-04(Fri) 20:33:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【渋谷】lilgo (リルゴ)  ~道玄坂のオトナの街に夜な夜なオトナが集いたくなる炭火焼ビストロ♪



道玄坂といっても、みんなが持っているイメージ的には円山町なオトナな場所に
夜な夜なオトナが集いたくなる隠れ家的なお店。



オトナが集いたくなるお店なので、お料理へのこだわりはもちろん
ひと味違った個性あふれるお酒のラインナップで、
本当に気軽に“夜な夜な”通いたくなるような、そんな雰囲気。



お店の外観も、石造りというかむき出しの鉄筋コンクリートというか
シンプルでカッコイイ、まさに隠れ家。

この辺りはまさにオトナが集う街なので、
意外な美味しいお店が隠れてますね。



この辺りは夜歩くのはチョット、、、
なんて言うオトナはまずいないと思いますが(笑)
そんな人には破格のHAPPY HOURがオススメ。

平日17時土日祝16時からOPENしているので、
明るいうちからリーズナブルに楽しむことができるよう。

オールタイム、お通し無しのチャージ0円で、
さらにこの隠れ家的雰囲気のお店にしては珍しく全面禁煙。
女性連れのお客さまが多かったのも納得。



【ペリエ】

ってことで、ノンアル派なので乾杯は【ペリエ】。

ガスミネに【ペリエ】が置いてあるところを見るとフレンチ系?と思いきや、
鮮度の良い魚介などの食材をシンプルに炭火焼きするところはイタリアンテイストで、
遊び心あふれるフォトジェニックな創作料理がいっぱいでした。



【長崎/小長井 生ガキ】

炭火焼きのグリル料理が自慢のお店とは聞いていますが、
まずは本日のオススメメニューの中でも上位に挙がっていた
生ガキをちゅるっとひと飲み。^^

これはワインもおススメというのも頷ける。



【lilgoのシーザーサラダ】

山盛りの葉物野菜にグリルしたオクラや根菜、
そして雪化粧のようにたっぷりパルメザンチーズ。

店名を冠したサラダはやはりテッパン。



【鳥レバー低温調理&パクチー】

大好きなレバーとパクチーのコンボと聞けばオーダーしないわけない。

山盛りのパクチーにおおぶりの鶏レバーの低温調理がとろける~。
そこにこのカリカリ食感がイイ。
これは何だろう?鶏皮とか?油揚げ的なもの?

ラー油のピリ辛タレがまた食欲をソソル。
ホントはひと皿全部一人で平らげたかったひと品。



【ジンジャエール】



【炭焼肉三種盛り合わせ】

牛タンステーキ(US)、牛いちぼステーキ(US)、豚肩ロースステーキ(CAN)。

お店自慢の炭焼肉の盛合せは、AとBの2種類ありこちらはB。
お肉のグリル料理は、焼き上がりまでお時間40分ほど必要とのことなので
最初にオーダーしておくことをオススメします。



刻んだピクルスのソースが山盛りの牛タンもいいけど、
玉葱ソースがぴったりの肉々しい牛いちぼもいいけど、
この美しい桜色に焼き上げられた『豚肩ロース』の
やわらかジューシーな肉質にノックアウト。

シンプルな塩胡椒で豚の脂がウマい。



【ブリのハーブグリル 大根リゾット添え】

お魚のグリルも。

カリっとグリルされた肉厚なブリの上には、山盛りのハーブ。
そして、その下には角切り大根たっぷりのリゾット。

リゾットといっても、ほとんど大根だしマッシュポテト的な付け合わせ感覚。
マッシュポテトより大根のみずみずしさで
たん白なブリの味も邪魔せずさっぱりといただけます。

この大根リゾット、以前、テレビか何かでダイエットメニューの
ご飯のカサ増してきな技で紹介されてたけど、
(懐かしい言葉で言うなら、おしんの大根飯的なww)
普通に大根が美味しく食べられるメニューとして秀逸だと思うのよね。
食欲無い時でもさっぱり食べられるし。

こちらの大根リゾットは、チーズのコクと振りかけられたゆず皮の香り、
ハーブの香味で実にオサレ。

ちょっと〆ごはんが食べたい人に、メインついでに食べられてオススメです。



【クランベリー】

あ、そういえば、〆にカプチーノ飲もうと思ってたの今思い出した!笑



【マグロのほっぺた肉グリルのツナサラダ】

ジューシーなほっぺ肉の塊マグロのグリルが豪快にどん!
これをツナサラダと呼んでいいのか!と小一時間問いたくなるサラダ。

ガーリックチップとたっぷりのシュレッドチーズで野菜がススム。



【自家製ソーセージ】

香ばしく焼かれたぶっといソーセージは、
そのパリっと皮はじける中身はまっしろなふわっふわ食感。

ふんわりしたやさしいお肉の風味にスパイスがキリリ。



【辛辛 炭焼きチキン】

最適なグリルで肉汁ぱんぱんな鶏むね肉がジューシー。

見た目のカラフルな香辛料に反して、意外と辛くないので是非。



【ランプステーキ(国産牛)】

これまた薄くしい桜色にグリルされたランプステーキ。

程よくきめ細かなサシで旨味がつまった赤身肉ウマい。



【海老のトマトクリーム(生麺)】

生パスタってすぐに伸びるというか、
ソース吸い込んでもちゃもちゃ食感になってハズレが多いから
あんまり好んでオーダーしないのですが、
こちらはオススメ通りぷりっともちっと食感。

トマトの酸味であっさり食べられるトマトクリームソースは
重量感のある生パスタにぴったり。



【丸ごと一杯 炭焼きイカ ペペロンチーノ(生麺)】

インスタ映えマチガイなしな、
炭焼きイカが一杯まるごと盛り付けられた豪快なひと皿。

このイカがぷりっぷりで、ペペロンとアーリオがしっかり効いて、
パスタだから〆のはずなのに、このイカでさらにお酒がススミそうなやヴぁさ。笑



【生ホタテ&青のり リゾット】

大きなホタテのグリルがまるごとごろんごろん。

青のりと、白髪ネギやたっぷりのネギが
クリームソースとチーズにこれまた合う。

こちらのお店は、パスタやリゾットの炭水化物より具の食材の方が目立ってて
なんともヘルシー感まんさいで嬉しい。



店内のオサレな隠れ家感はもちろん、
こだわりラインナップのお酒やフード、破格のHAPPY HOURで、
待合せというか、円山町のウェイティングバーとして使えるんじゃない?笑

コーヒーもあるし、深夜に軽くコーヒーが飲めるのは
ノンアル派としてはありがたい限り。
これでスイーツも充実してたら言うことなしなお店でした。





--------------------
lilgo (リルゴ)
 ⇒ InstagramFacebook食べログぐるなび
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-14-20 ハナブサビル 1F
--------------------















tag : 渋谷
 ≫各国料理 | 【2018-03-01(Thu) 21:44:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【中目黒】焼肉 ぽんがぜろ 中目黒店 ~今年の焼肉はじめはとりわけイイお肉を高コスパで♪



中目黒、ちょっとご近所ごはん。

今年最初の焼肉、“焼肉はじめ”はイイお肉で♪

お店は、同じ系列の目黒にある『韓菜園 焼肉ぽんが』がとても気に入ったので、
中目黒のお店も行きたいなとチェックしていたこちらへ。



中目黒駅から祐天寺方面へ高架沿いを徒歩数分。

飲食店が数店入ったビルの2階にあります。
この飲食店ビル、なかなかよさげなお店がいろいろ入ってそうで
美味しそうな雰囲気を放ってました。笑



店内は、フロアにテーブル席がいくつかと、
その周りを囲むように個室が数室。
個室は、テーブル席と小上がりの和室がありました。

どの席も、大人数でにぎやかにというより、
カップル二人連れとか3~4人でしっぽりという落ち着いた雰囲気。
さすがナカメ~。



【BENIジュース】

ハイビスカスの甘酸っぱいソフトドリンクで乾杯。



【ぽんがZEROサラダ】

まずはサラダでベジファースト。

店名を冠したサラダは、ごま油と塩胡椒のシンプルなドレッシング。
たっぷりの白髪ねぎといりごまが、これまたシンプルなアクセントに。

こういうシンプルな味が一番やめられないとまらなくなる。



【炙りユッケ】

ユッケ大好き人間がオーダーしないわけないひと品。

表面を香ばしく炙られた、鮮度の良さを感じさせる美しいお肉の小山に
明るいオレンジ色の大きな卵黄がオン。



ほんのり甘みを感じるさっぱりしたタレに
卵黄がまろやかに絡んで蠱惑的なあじわい。

ふわぁぁぁ、やっぱりユッケはやめられない。



【白センマイ刺し】

センマイは脂肪が少なく鉄分、亜鉛が豊富とのことで、
隠れ貧血の私は迷わずオーダー。

丁寧な下処理を感じさせるセンマイはまっしろ純白。
シコシコしゃきしゃきのセンマイの歯ごたえと
千切りキュウリと白髪ねぎのみずみずしい食感が楽しいひと品。

センマイ自体にほのかな酸味で味が付いていますが、
添えられた甘辛味噌をちょちょっと付けて食べてもまた
ひと味違った味わいが楽しめます。



【とうもろこしのひげ茶】

韓国焼肉屋さんといえはやっぱりひげ茶。

この香ばしい香りがたまらん。



【お通し : みそったれキャベツ】

小葱?たっぷりの甘辛味噌ダレとしんなりキャベツ。
キャベツを食べる手が止まらない魅惑の味噌ダレ。



【自家製キムチ盛り合わせ】

キムチ、オイキムチ、カクテキ。

辛すぎない、旨味で甘くまろやかな辛みのキムチ。
オイキムチは水キムチ?でさっぱりお口直しにちょうどよい。



【混ぜナムル(挽肉入り)】

ぜんまいや小松菜、人参、もやしなど、野菜ナムル盛沢山の中に、
たっぷりのひき肉ときざみ韓国のりで、パンチと食べごたえ満点。

ただの複数ナムル和えではなく、挽肉サラダ的なボリューム感。



七輪も入って、いざ!肉焼きの準備は万端!



【特選厚切りタン塩】

タンはやっぱり厚切りが一番タンの旨味も食感も
余すことなく楽しめると思っているので、
メニューに“厚切りタン”の文字を見つけた時から
スタッフさんがイチオシですとオススメしてくれなくても
オーダーしようと思っていました。笑



厚みのあるタンをじっくり四面八方を焼き付けることで
中に肉汁がたっぷり詰まってぱんぱんに膨れてきたら食べごろ。



レモンと岩塩をオススメされましたが、
シンプルにレモンだけを搾って頂きました。

ぱっつんぱっつんのタンにサックリと歯が入るサクサク食感。
あふれる肉汁、だけどくどくない、サラリとした脂がいいね。



【特選厚切りハラミ】

“厚切り”第二弾はハラミ!





シンプルにわさびで。

適度な脂肪が焼かれるととろけていって、
やわらかな肉質の中に噛みしめるほどに赤身のコク。



【レモンンスカッシュ】

レモンより蜂蜜?シロップ?の甘みしっかりの
関西の『ひやしあめ』を思わせる味わい。



【特選フィレ肉ステーキ(150g)】

厳選稀少部位からのチョイス。
特選のヒレ肉がどどんと150g!贅沢!

“脂肪が少ない部位”として知られるヒレ肉ですが、
イイお肉ともなるとこんなにサシが入ってるのね!
こんなに霜降ってて赤身肉とか言っちゃっていいのか?!

そんなことを考えながら、
うっとりの美しいお肉を見つめる至福の時間。笑



お肉はスタッフさんが焼いて下さるので安心。

こんな上質なお肉、自分で焼くより心得たスタッフさんが
最適の状態で焼き上げてくれるのを
口を開けて待っている方がいいに決まってる。

焼き網もこまめに(ホントにこまめに!)取替て下さるホスピタリティ。



薬味は、わさび、一味唐辛子、おろしにんにくとお醤油。

シンプルにわさびで頂きました。

あれだけ繊細なサシが入っていたので、脂を覚悟したのですが、
舌の上で脂がほぐれるようなやわらかさながらも
赤身の旨味がぶわっと広がり後味はさっぱり。

やっぱり繊細な赤身肉なんだなと改めて思い知らされました。



【海鮮ニラチヂミ】



たっぷりの野菜と海鮮が入ったもっちりとした生地。
表面はカリっと、中もっちもち。

タレが添えられていましたが、素材の味を引き立てた薄味仕立てで
そのままで十分おいしくサクサクぺろりと平らげました。笑



【すりおろし梨ジュース】

すりおろした梨のシャリシャリしたのど越しがジューシー。
これも、韓国焼肉屋さんで定番のドリンク。



【アロエジュース】

アロエの果肉たっぷりのさっぱり系ドリンク。



【厳選 おすすめ赤身肉5点盛り】

カメノコ、マルカワ、シンシン、トモ三角、イチボ。

特選ヒレに続いて、赤身メニューをチョイス。



これこそスタッフさんに焼きをおまかせすべきお肉盛り。

食べてみて改めて部位によって味わいも食感もまったく違うんだなと。
部位に合わせてスタッフさんに最適に焼き上げてもらうのが吉。



『トモ三角』が本日の赤身一番のお気に入りに。



【イチボの焼きしゃぶ】

おすすめ&稀少部位メニュー。

大判のイチボと、日本一こだわり卵にひとくちご飯がセットで登場。



私が焼いたら一発でお肉縮れちゃうわ焦がすわで大変だろうな~
と思う大判のやわらかいイチボを、
職人技でサササッと焼き上げるスタッフさんステキ。



焼き上がったイチボをくるくるとまとめて、
濃いオレンジ色の卵黄にオン。

メニューにもあった、“日本一こだわり”というこの卵、
実は、『日本一こだわりの卵』という名前の卵。なるほど。



そんな『日本一こだわりの卵』
たっぷり絡めたイチボをひとくちご飯にオン。

ひと口分だけど、全部をお肉で食べてしまわずに半分残して、
残りの半分のご飯に余ったタレ付きの卵をかけてTKG。



【極上ホルモンミックス盛り】

その日のオススメ部位が盛合せで提供されるこちら。
この日は、サクサクミノ、上ミノ、ヤン、極みホルモンでした。

初めて聞く部位『ヤン』とは、(写真左上)
牛の2番目の胃(ハチノス)と3番目の胃(センマイ)をつなぐ部位。

ぱっと見、白いゴマダレにでも和えてあるのかと思ったほど
網目の脂に包まれたホルモンの部位。



しかし焼き始めると、センマイらしい網目模様が。

これがとろける脂身とふわふわサクサクした食感で
なかなか病みつきになるホルモンでした。



【石焼チーズピビンパ】

『石焼ピビンパ』にはチーズありなしがあり、もちろんチーズありで!



こちらも、肉焼きと同じくスタッフさんにおまかせして
ザカザカまぜまぜして頂きました。

チーズも玉子もイイ感じでオコゲができて、
カリカリ部位ととろとろ部位が絶妙のバランス。



【ユッケジャンスープ】

ご飯のお供にスープは必須!ってことで、ユッケジャンスープ。

4種類あるスープの中でも、“食べるスープ”と言われるほど
たっぷりの野菜と玉子、お肉でボリューム満点。



辛みもあるけど旨味やコクが強いので、
たっぷりの具材も美味しく堪能しながらぺろりと完食。



【“コラーゲンたっぷり”コムタンスープ】

コムタンスープも美味しかった。 (*^^*)



【ルイボスティ】

抗酸化成分たっぷりのノンカフェインなルイボスティで
焼肉の後をさっぱりと。



【ダークチョコレート】、【ホットしょうが茶】

デザートにダークチョコレートな濃厚アイスと
身体を温めるホットなしょうが茶で〆。



女性の美や健康に嬉しいソフトリンクが色々揃っていて、
ノンアル派だけでなく、焼肉ってヘビーってしり込みしている
メタボーなお方もヘルシーに焼肉が楽しめそう。

何より、厳選されたA4・A5ランクの黒毛和牛や、
こだわりの野菜や卵、手間暇かけた自家製へのこだわりを
このお値段で楽しめるのは本当にコスパが高すぎ。

大満足な2018年焼肉はじめになりました。 (*^^*)




--------------------
焼肉 ぽんがぜろ 中目黒店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS中目黒 2F
--------------------












tag : 代官山~中目黒
 ≫各国料理 | 【2018-01-14(Sun) 20:49:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ