借金一本化
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【八重洲】越後酒房 八海山 東京駅八重洲店 ~デザートにまで越後のこだわり♪



東京駅前で越後料理ざんまい。

JR東京駅・八重洲中央口を出て、
あのやたらめったら横幅が広い横断歩道を渡って徒歩1分足らず。



美味しそうな飲食店がいろいろ入っているビルの2階が受付階。

こじんまりした雑居ビルですが、2、3階ともこちらのお店だそうで
意外と席数は多いもよう。



完全個室ではないようですが、2名から個室が利用できるということで
もちのろんで個室を利用させて頂きました。



【ジンジャエール】

乾杯はモルツでジンジャエール。

ソフトドリンクをビールジョッキで提供してくれる大盤振る舞い。



【食前酒 : 八海山の原酒で仕込んだ梅酒】

お通し的に、テーブルに食前酒が用意されていました。

八海山の原酒で仕込んだ梅酒。



【八海山刺身盛り合わせ7種】

スズキ、マグロ、ヒラメ、真鯛、シマアジ、ボタン海老、カンパチ。

立体感のある盛付けが繊細だけど豪快。



【イカのかんずり干し焼き】

越後妙高市に古くから伝わる香辛調味料『かんずり』を使ったひと品。

日本海のイカを一匹キモまでまるごと『かんずり』に漬け込んだホイル包み焼き。
ぷりっぷりのイカに、香ばしいお醤油と『かんずり』の辛みで
まちがいなく日本酒にぴったり。

想像していたより辛みは少なくアクセント程度なので
辛いのが苦手な人にも是非食べてみて欲しい。



【殻付き牡蠣フライ】

大好きな牡蠣フライは、大粒で殻付きというビジュアル系。

添えられた、タルタル、ソース、岩塩で
いろいろ楽しみながら頂きます。



【八海山で炊き込んだ牛タンの柔らか煮】

八海山で長時間煮込んだ牛タンに、
そのテールスープが滲み込んだお大根がじゅわっとたまらん。

汁まで飲み干したった。笑



【八海山サーモンのサラダ】

これが食べたかったのですよ!八海山サーモン♪

八海山からの一番水で育てた大型のニジマスで、
卵も白子も持たないので身に旨みがぎっしりなのだそう。



【ハタハタの唐揚げ】

東北のハタハタといえば秋田かと思いましたが、
こちらちゃんと越後産だそう。

まあ、日本海続きだし新潟でもとれますよね。

東北当たりのハタハタは冬が旬とはいえ、
産卵期が過ぎたのかオスなのか、スマートなハタハタさんでした。

スマートなハタハタは、素揚げで頭からかぶりつくにかぎる。
バリボリうまい。



【栃尾揚げ 納豆】

越後名物と言えばやっぱりコレ『栃尾揚げ』。

『ねぎ』、『神楽南蛮味噌』、『納豆』の3種類から選べます。

ザックザクの厚みのある油揚げに納豆と野沢菜(かな?)がサンド。
程よい塩加減とザクザク食感でボリューム満点。



【新潟の雪解け水と布海苔を使った名物へぎそば】

〆はもちろん越後名物『へぎそば』は外せない。

つなぎに布海苔を使った、つるりと喉ごしのよい緑色のお蕎麦。
太目でコシもあって弾むような食感も楽しい。
海藻の布海苔を使うからか、
ふっと潮の香りを感じる気がするところがまたいい。



【車麩の和風パフェ】

メニューを開いた時からあなたに決めてました!
ってくらい、楽しみにしていたデザート。 (о´∀`о)

新潟特産の車麩を使った、これまた越後仕様なパフェ。
アイスクリームにベリー果肉のソースでサッパリ系。
でも車麩のボリュームで、小さいけど食べ応えは満点。



【水わらび餅 黒蜜きな粉かけ】

水わらび餅がメインかと思いきや甘納豆の存在感がスゴイ。笑
これは甘納豆好きにはたまらんレベル。

黒蜜がかかったごろごろ甘納豆がじゅわっ、
ぷりぷり水わらび餅との食感のコントラストが楽しい。

みつ豆の赤エンドウ豆の少なさに物足りなさを感じている人は
絶対オーダーすべし〆のスイーツ。

ただし、甘納豆に黒蜜なので、
かなりの甘党じゃないと撃沈するかも。笑



越後料理好き〆スイーツ好きはもちろん、
店名の通り、八海山のバリエーションが豊富で
日本酒スキにはたまらないお店だと思います。

グランドメニュー以外に季節?その日?のおススメもあるので
季節ごとに訪れて旬の越後名物を楽しめそうです。





--------------------
越後酒房 八海山 東京駅八重洲店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都中央区八重洲1-7-12 第2ロータリービル 2F・3F
--------------------








スポンサーサイト




tag : 丸の内~八重洲
 ≫和食 | 【2018-02-15(Thu) 22:07:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【吉祥寺】北海道海鮮・個室情緒 ~23番地~ 吉祥寺店 ~個性的なまったり個室で北海道自慢のお料理を♪



吉祥寺でのお買い物帰り、気軽に北海道の朝〆旬魚や
北海道ご当地グルメを気軽に食べられるお店。

個性的なしっぽり個室がなんともくつろげて、
うっかり長居してしまうほどの居心地よさでした。 (*^^*)



吉祥寺駅・北口側、東急百貨店正面口の通りをサンロードへ向かう途中、
左手側の1階が靴下屋のビルの5階。

最初、住所だけを頼りにGoogleMapで行ったら
違うビルに迷い込んで遅刻するという失態。笑



完全個室に半個室、フロアのテーブル席と、
席はバリエーション豊富。

早い時間の来店や予約すれば、
利用シーンや人数によっていろいろ選べそう。

屋根裏部屋のようなナナメ天井と広い窓の
ちゃぶ台小上がりの隠れ家個室がかわいくてツボ。



【ウーロン茶(HOT)】

ほっこり個室にお似合いの?あたたかいお茶でスタート。

最近、都内も雪が振ったり気温が低い日が続くので
あたたかいお飲み物でとりあえず温まる。



【珍味5種盛合せ】

北海かずのこ 本仕込 吟醸醤油、ホタテの柚子和え、
あん肝のハリハリ醤油、自家製 北海・松前漬け、トロ白子ポン酢。

このあん肝が、食べるラー油のカリカリがのってて、ピリ辛で美味しい。
日本酒にぴったりなラインナップ。



【厚岸産 生牡蠣】

西厚岸・仙鳳趾(せんぽうし)産の真牡蠣。

前菜的にちゅるっとひと飲みでぺろり。
生牡蠣大好き~。



【札幌生ラーメンサラダ】

いつ見ても、サラダなのか炭水化物なのか、
謎な北海道ご当地グルメ。笑

今回はサラダ感覚で最初に頂きました。
さっぱり醤油系ドレッシングでちゅるり。
しかし、何度食べてもボリューム満点のサラダだな~。



【本日の特選 お刺身の盛合せ】

キンメ、コチ、ハタ、サーモン、平貝、甘海老、寒ブリ、赤サバ。

久しぶりに見たよ船盛り。笑

コチや赤サバといった珍しいお魚があって嬉しい。
こちらも北海道から一番セリ直送の朝〆旬魚を
水産卸し直営のお店だからこれだけの盛合せもお得にいただけます。



【ライムソーダ】



本日のメインのひとつ、『羅臼産地鮭のちゃんちゃん焼き』の準備が着々と。



ホイルに包まれたちゃんちゃん焼きがガスコンロで温められて、
湯気と供に香ばしいよい香りが漂った頃できあがり。



出来上がりを見計らってスタッフさんがやって下さるので
こっちは口を開けて待ってるだけでOK。笑



【羅臼産地鮭のちゃんちゃん焼き】

たっぷりの羅臼産地鮭と野菜、きのこが蒸されて
お味噌とチーズのよい香り~。

この焦げたお味噌の香ばしい風味が食欲をそそります。
白飯もってこーい!な美味しさ♪



【滋養鶏のザンギ】

北海道の唐揚げ、『ザンギ』。

しかりとした味の付いた大きな肉塊のザンギは、
ぷりぷりジューシー。



【トロはまぐりの酒蒸し】

旭川産の白ハマグリは、大きくて肉厚。

はまぐりの旨味たっぷりのお出汁といっしょに
余すことなくひと口でぱくり。

これは日本酒スキにはたまらないアテになりそう。
こちらのお店には日本酒マイスターもいらっしゃり、
お連れさんはお料理に合わせた日本酒をいろいろオススメして頂き
なんとも満足そう。 (*^^*)



【名物!蟹ぶっかけ出汁巻き玉子】

北海道産 ズワイガニ、紅ズワイガニのフレークがたっぷり乗った
出汁巻きがガスバーナーを携えたスタッフさんと共に登場。

ファイヤー☆っとカニを香ばしく炙るパフォーマンスはテンションあがる。



ジェンガのように積まれた出汁巻きにこぼれるカニフレーク。

炙られて香ばしい香り漂うこちらのメニューは、
いわゆる出汁巻きとは見た目も味わいも一風変わった味わい。



【ピーチソーダ】



【鯛出汁大根の魚味噌のせ】

“今月のおすすめ!北海道野菜”メニューの中からチョイスした
1日5食完全限定メニュー。間に合ってよかった。

大根のしゃっくりした食感が残る浅炊きだけど、
味はしっかり滲み込んでます。

和風の鯛出汁に魚味噌がぴったり。



【いか天のタルタルソース添え】

これね、“手づくりタルタル”に惹かれて、
イカ天はあまり期待せずにオーダーしたのですが、
鮮度の良さを感じさせるぷりっぷりのイカ天の食感にノックアウト!

上京して食べるイカ天は、ゴムみたいにいつ噛み切れるのか
やきもきしながら口の中に残る食感が苦手であまり食べないのですが、
これはアタリでした♪



【5時間煮込んだ角煮】

旭川産の地豚を使った期間限定メニュー。
“期間限定”に弱いワタクシ。笑

しっかり濃いめの味付けと脂身の甘みがたまらん。
厚みのあるカットだけど歯もいらない程やわらか。



【本日のおまかせ6種串焼き盛り】

ししとう、ぼんじり、つくね、皮、砂肝、もも。

なんとなく、北海道ご当地グルメが楽しめるということで、
焼き鳥(正確には“串焼き”ってちゃんと書いてあるけどw)といえは
室蘭焼き鳥の豚串かな~なんて期待してたけど
普通の焼き鳥でした。笑

九州産の赤鶏使用。
この辺も『北海道産じゃないんかーい!』って突っ込めるメニュー。

いろいろ突っ込んだけど、もも、ぼんじりなど、
ぷりぷりジューシーな美味しい串焼きでした。 (*^^*)



【富良野焼きそば】

初めて聞いた変わったご当地焼きそば『富良野焼きそば』は、
地元いちごジャムをソースに使用しているそう。

富良野=ラベンダーってステレオタイプな連想から
『ラベンダージャム?!』って早合点。笑

フルーツのコクがある甘しょっぱいソースが
少し太めのもちもちソース焼きそばにぴったり。



【カシスソーダ】



【鮭いくら親子丼】

羅臼産地鮭といくらたっぷりの贅沢親子丼。

北海道のいくらの特徴は小粒で皮も薄めのやわらかな食感。
あっさりした味わいのいくらと、
とろける食感の羅臼産地鮭がなんとも上品な親子丼。



あら汁のお吸い物付き。

お刺身などで出たアラを使ったあら汁は旨味たっぷり。
身体が温まる~。



【大人のバニラ ~貴醸酒添え】

『華鳩 貴醸酒8年貯蔵』をバニラアイスにかけて頂く
なんともオトナなデザート。

貴醸酒のボトルを見せて頂きましたが、
鳩のデザインがなんともかわいらしいボトル。
これはプレゼントにもぴったり。



普段デザートを食べない人も喜ぶスイーツ。



帰りに他の個室を見せて頂きましたが、
まあるいちゃぶ台のお部屋もあって、こっちもかわいいなと。

北海道の鮮魚やご当地グルメも楽しめてオトナの隠れ家的な使い方もできる、
吉祥寺ってオサレやな~と思わせるお店でした。




--------------------
北海道海鮮・個室情緒 ~23番地~ 吉祥寺店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 第85東京ビル 5F
--------------------














tag : 東京23区以外
 ≫和食 | 【2018-01-24(Wed) 22:57:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【芝浦】焼肉 Garden たまち ~厳選和牛をオサレ空間でタッチパネルでカジュアルに♪



芝浦と言えば、食肉市場も近くにある
こだわりの焼肉屋さんが多いエリアというイメージ。



そんな芝浦・田町駅からほど近くのこちらのお店は、
外観はシックで、扉を開けば1階は真っ白で清潔感あるカフェのよう、
しかし2階にあがれば、黒をベースにしたダウンライトで落ち着いたBarのようという、
利用シーンによって使い分けることが出来るなんとも使い勝手のよさげなお店。



1階も2階も、木目と煉瓦、グリーンと同じ要素を使って
どちらも温かみがあるのにこんなに雰囲気が違う演出が出来るのは、
こちらのお店を展開してるのがリフォームやリノベーションなど
住宅事業も手掛ける企業さんだからなのかも。



そんなお店コネタのような情報もさりげなく宣伝してる
タブレットを使ってタッチパネルで注文する、
なんとも合理的な焼肉屋さん。

いいねぇ~、こういう合理的なサービス大好きよ。

スタッフさんがテーブルにつかず離れずでサービスしてくれるお店もいいけど、
焼肉のように親しい人としっぽりとかワイワイ楽しみたい食事は
スタッフさんにあんまりウロチョロされたくない。笑
ピンポンで呼び出しするより、ダイレクトに注文できてスマート。



お店唯一の予約必須なラクジュアリー個室も
タッチパネルサービスならおこもり感もさらに満載でしょう。

直ぐに埋まってしまうので早めの予約が必須というこの個室。
次はこっちでしっぽり楽しみたいワ。



【そば茶】

大きなビルも多い芝浦方面の田町の街を
木枯らしに吹かれながら会社から帰宅を急ぐ
サラリーマンを眼下に見ながらお肉タイムスタート。

イマドキの焼肉屋さんらしく、ヘルシー系のお茶のバリエーションが豊富で
それこそメタボ世代のサラリーマンはありがたい。



【キムチ盛り合わせ】

キムチ、カクテキ、オイキムチ。

単品では、ニラキムチなんて珍しいキムチもありました。



【やみつきのりサラダ】

お店一番人気というサラダ。

韓国のりの風味と、白髪ネギ、ごまの相性が抜群の
まさにボウルいっぱいペロリとやみつきなサラダ。



【プレミアム8点盛り】

厚切りタン、上ハラミ、カイノミ、上カルビ(わきばら)、
カメノコ、シンシン(あしのおにく)、イチボ(おしり)、ランプ(おしり)。

盛り合わせは他に、6点盛り、プレミアム10点盛り、
本日のプレミアムおまかせ盛りとバリエーションもいろいろ。

お肉の部位に明るくない私は、こういう色んなオススメ部位を楽しめる
盛り合わせがあると本当にありがたい。



やっぱり赤身肉さいこう!



【フィレ(シャトーブリアン)】

いいお肉の代名詞『シャトーブリアン』。
ヒレ肉の中でも厳選の希少部位。



こういういいお肉は、スタッフさんに焼いてもらうサービスがある方が
最高の状態で味わえてよいのですが、
まあ、自分で焼いたお肉はかわいいもので多少失敗してもおいしいもの。笑

これも、リーズナブルだからこそ自分で焼くという冒険もできるというもの。



【ジンジャエール】



【厚切りタン塩】

牛タンはやっぱり厚切りがいい。

程よい厚みとまるっとした大きさもあり食べ応えも十分。



表面を軽く焦げ目がつくほどに炙るように焼き上げて
レモンを絞って頂きます。



【黒ウーロン茶】



【トモサンカク】

びっしりときめ細かいサシが入った『トモサンカク』。

モモ肉とは思えない霜降りカラーにおもわずサンチュもオーダー。
お肉を美味しく健康に食べる為には、野菜もたくさん食べないとね。



【サンチュ】

エゴマの葉と辛味噌もついて、
これだけでもサラダ感覚でもりもり食べられそう。



『トモサンカク』もサンチュも、
どちらも程よい厚みがあり大振りにカットされているので
野菜まきまきお肉まきまきにピッタリコンビ。



お肉も野菜もくるりとローリングしてパクリ。

トモサンカクのジューシーな肉汁まで余すことなく包み込んで
ヘルシーにもりもり頂きました。



【焼き野菜】

“青木農園の三浦野菜”と冠された野菜メニューに
どんな感じで登場するのかな?とワクワク待っていたら
なんとホイルに包まれて登場。

おお、なんかじらされてる感じで萌える。

網の上にホイル包みを置いて、ぷっくり膨らむまで待つこと数分。



ホイル包みを破り開くと、蒸気と供にふっくらみずみずしく蒸しあがった
ぴっかぴかの野菜達がお目見え。

彩りよい根菜やキノコ達、特にズッキーニが甘くてジューシー。



【ソーセージのチーズフォンデュ】

チーズフォンヂュといえば、野菜やパンなど
女性的な彩りもよいヘルシーなメニューというイメージがありますが、
こちら、やっぱり焼肉屋さんで若い男性向けなのでしょうか、
ソーセージがメインというわんぱくさ。



焼肉屋さんのチーズフォンデュは、
もちろんチーズを温めるのは網の上。



ソーセージも網の上で焼いてから、
ぐっつぐつのチーズを絡めてアッツアツを頂きます。

ぷりっとほとばしる肉汁に絡まる濃厚なチーズ。



【ジャスミンティ】

華やかな香りでさっぱりと。



【和牛にぎり(2カン)】

ちょっと想像と違う和牛にぎりが登場。

シャリの上のネタは、アラカルトメニューにもある
『和牛ローストビーフ昆布〆』がON。

アラカルトでオーダーしようかなと思ってたメニューだったので
ここで再会できるとは得した気分♪



【ソルティライチ】

甘いドリンクでデザートタイムに突入。



【森永アイスクリームトリオ(塩大福、草餅、マミー)】

田町と言えば、ご存じの人も多いかと思いますが、
駅前にドドンと森永製菓さんがある街でもあります。

ってことで、この森永アイスクリームトリオ、
特に『マミー』のシャーベットはなんとも懐かしい
ショリショリと甘い味わい。 (*´艸`)

お肉食べた後にさりげなく乳酸菌摂取。



2階はシックなBarみたいな雰囲気と形容しましたが、
実は焼肉屋さんなのに焼き場の無いカウンター席もあり
焼肉せずにお酒だけを楽しみに来るBar利用のお客さんもいらっしゃるそう。

店内も、ご近所と思われるサラリーマンさん達で賑わっていて、
厳選和牛をリーズブルで味わえるということで、
若いサラリーマングループがいたのも印象的。

焼肉なんて、上司におごってもらうものだと思っていましたが、(笑)
最近の若いサラリーマンは違うんですね~。

というか、このコスパのよさは上司におごらせなくても(笑)
普通に若い世代でもカジュアルにスマートに焼肉を楽しめるお店だと思いました。













--------------------
焼肉 Garden たまち
 ⇒ 公式サイト食べログぐるなび
住所 : 東京都港区芝浦3-14-17 肥後ビル 1F・2F
--------------------














tag : 浜松町~田町
 ≫和食 | 【2018-01-18(Thu) 21:47:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ