借金一本化
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

utsuro

Author: utsuro
最近はネタ探しに始めたモニターにはまり、うつろに感想を綴っています。
ぼんやりと眺めながらも感じたことを正直に。

最近の記事
Twitter
はじめてました。
カテゴリー
Tag:地域別
Tag:色々ジャンル別
Tag:ブランド別
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
フリーエリア2
 | Home |  次のページ
【浜松町】牛タン×ワイン ふかざわ 浜松町本店 ~種類が豊富なじっくり熟成の牛タンメニューとレモンサワーを堪能♪



“牛タン専門店”と聞くと、厚切り牛タンと麦とろ飯のお店をイメージしますが、
なんとこちら、“牛タン”を使った趣向を凝らしたメニューが豊富。

牛タン=タン塩、厚切り牛タン炭火焼き
なんて牛タンステレオタイプな時代ではないのだと思い知らされました。
しかも、牛タンの特性が活かされた“創作牛タンメニュー”はどれも美味しい♪

好きだな~♡こういう何かひとつを徹底的に追求した
こだわりの専門店♪

ステレオタイプな牛タンメニューなどなく、シンプルながらも個性的。
あれこれ食べたい牛タンメニューが多すぎて、まだまだ気になるメニューがあるので
これは絶対再訪せねばと誓った夜。 (o'∀'人)



お店は、浜松町駅北口から徒歩数分。

“ムーンストリート”という名前に恥じない、シンボリックなビルでした。
振り向いたら、夜空に大きなお月さんいた。笑



エレベーターの扉が開くと、いきなりハンティングトロフィーよろしく
イカツい動物の角がお出迎え。

何の動物だろう?牛にしては角が長いよね? (´・ω・`)?

完全個室ということで、いろんなタイプの個室がありましたが、
掘りごたつなテーブル席へ。

“牛タン×ワイン”という店名の冠にたがわず、
たくさんのワインボトルも並んでいました。
あれ?そういえば誰かワイン飲んだっけか?笑



ノンアル派なワタクシですので、こういう居酒屋さんに行くと
ソフトドリンクの種類は少ないんだろうなと
特にメニューも見ることなく『ジンジャエールで!』とオーダーするのですが、
こちらのお店はノンアルドリンクが充実していて小躍り。 ヽ(´▽` )/~♪

『広島県瀬戸田産レモン』と『瀬戸内産海塩』使用した、
甘い×しょっぱいがクセになるうまさの
レモンシロップ?を使ったレモンサワーが4種類。



【塩レモンサワー】

コレはアレですね、夏の脱水症状対策にぴったりな甘じょっぱい味。
それがサワーで割られて、コクがあるけどスッキリ。

好きだな~この甘じょっぱさ♪



【お通し : 牛タンのリエット】

スタートのお通しから始まる牛タンメニュー。

パテよりも牛タンの繊維質がしっかり残る食感。
繊維を噛むほどに旨味がジュワ。



【スモーク牛タンのパクチーサラダ】

もちろんサラダにも牛タン♡

ハムのように、水分が抜けてぎゅっと食感も旨味も締まった牛タンが、
たっぷりの葉物野菜の上にトッピング。

最近は、ひとつのお店に1メニューは
パクチー料理が置いてあるお店が増えてきましたね。

パクチー好きとしては嬉しい限り、そして迷わずオーダー。



【ウーロン茶(HOT)】



【厚切り芯タンの炭火焼】

スタッフさんイチオシ№1メニュー。

冒頭でなんだかんだと言いましたが、
結局、牛タンは厚切り炭火焼きがウマいよね。 (*´艸`)

ってことを再確認させて頂きました。笑

牛タンの中でも、芯の部分『芯タン』を使用。
丁寧な熟成を思わせる、やわらかさの中にも凝縮された旨味と
サクっと小気味よい食感。



【選べる!牛タンのアヒージョ バケット付き】

アヒージョの具材に、小エビ、ブロッコリー、パクチー、トマト
の中から2種類が選べます。

小エビとパクチーをチョイス。
先程のサラダに続き、もちろんパクチー即決。笑



【牛タンメンチカツ】

メンチカツだって使うお肉はもちろん“牛タン”。

メンチカツやハンバーグは、なめらかになるまで練られたものより、
ごつごつした肉質の食感が残っているものがお気に入り。

牛タンメンチは、牛タンのサクサク食感が活きていて、
コレ、なんで今までなかったんだろうと目からウロコ。



【ラルポーク(肩ロース)のグリル】

“RAL(ラル)”とは、“REAL(レアル)”というスペイン語の略。
『最高位の、王位の』の意味。

こちら、ドライエイジングポーク、そう、熟成肉の“豚”。
熟成肉は“牛”の専売特許かと思っていましたが、
豚肉でもあるんですね。 (*゚O゚*)

ハニーマスタードソース(たしかw)がグリルポークにぴったり。

こちらのお店では、豚肉が箸休めに。笑



【ジャスミン茶(HOT)】

お肉には、香りのよいジャスミン茶がぴったり。



【牛タン唐揚げ】

片栗粉の白っぽい衣は、唐揚げというより竜田揚げかな。

でも、サクっと軽い薄衣は、牛タンの食感を邪魔しないし
これは竜田揚げ方式でGJだと思う。



【塩レモンサワー(HOT)】

冷え性の私は、先ほどの『塩レモンサワー』が忘れられなくて、
柚子茶みたいに、これは絶対HOTでも美味しいんじゃないか思案。

HOTでもできますかとスタッフさんに尋ねてみると、
『温めるとちょっと塩味が強くなってくどいかもしれませんが、、、』と。

おお、やっぱり試してみたことあるんだ!

それでも構わないので是非飲ませて下さい!とお願いして提供されたのは、
『塩が強かったらこれで調整して下さい』と、蜂蜜が添えられていました。

確かに、温めると塩レモンの“塩”の部分が強くなって
レモンの酸味があるからか、えぐみに感じないこともないけど私は好きだな。
むしろ、この塩レモンジャム?をもうちょっと減らして、
レモン風味もほんのりくらいがちょどいいかも。



【お疲れさんに!クエン酸ソーダ】

そして、まだまだあるぞ、変わり種ソフトドリンク♪

クエン酸ソーダも甘じょっぱい感じ。
これはホントに、真夏に経口補水液代わりに飲みたい
身体に染み渡るドリンク♪



【牛タン十和田バラ焼き~ふかざわ風~】

“バラ焼き”とは、青森県三沢市を発祥とし、
十和田市などの南部地方へと広まったとされるご当地グルメ。
『十和田バラ焼き』は、2014年にB-1グランプリで
ゴールドグランプリを受賞したそうですよ。 (o’∀’人)

一般的には、十和田のバラ焼きは牛バラ肉で作るところを、
牛タンと半々で作るのが“ふかざわ風”。



このマウンテンが、、、



ガンガン火を通していくと、しゅるるるる~とこんな感じに。

お野菜がたっぷり摂れるヘルシー鍋。 ヽ(´▽` )/~♪

すき焼きの割り下ような甘辛い出汁でくったりとしたお野菜とお肉は、
そのまま頂いても白ご飯が欲しくなる日本人のDNAに響く味わいなのですが、



すき焼き風味とあれば欲しくなるのはやっぱりアレ。

ワガママでスタッフさんに『生卵』を所望。
お客の味の好奇心に、快く臨機応変に応えてくれる
お店ってステキ。 (*´艸`)

そして、もちろん美味しかった♪ ヽ(´▽` )/~♪



【レモンティーサワー】

はい、レモンティーです。 (о´∀`о)

カクテルで言うところのロングアイランド・アイスティーですな。
これはノンアルだから『美味しい~』で済むけど、
ロングアイランドのカクテルはめっちゃ強いので飲みすぎ注意。笑



【牛タン十和田バラ焼き~ふかざわ風~】の〆はおうどんさん。

稲庭うどんのような、白く透き通った平べったい細麺のうどん。
こちらをバラ焼きで残ったお出汁の中にIN★



バラ焼きで残ったお出汁はもっと少ない予定なのか、
『焼うどんのように水分を飛ばしながら炒めて下さい。』
と、スタッフさんに食べ方をレクチャーされたのですが、
たっぷりのもやしから出た水分でずいぶんひたひたに。笑

まあ、これはコレですき焼きうどんみたいで美味しいので
ちゅるちゅるるるるっと完食♪



【ジンジャエール】

いつもは最初の乾杯でオーダーするジンジャエールも
こちらのお店では出番が最後。笑

他に魅力的なソフトドリンクがいっぱいあるからね。



【セミフレッド・ドルチェ キャラメルチョコ】、【コーヒー】

〆のコーヒーは、メニューには載っていませんでしたが
スタッフさんに尋ねてみたらありますよと。

やっぱり和食でも〆はコーヒーが飲みたくなるから嬉しい。

デザートメニューに、アイスじゃなくてセミフレッドがあるのが、
デザートまでちゃんとこだわってくれてるんだなって思える。 (о´∀`о)

こんなにバリエーション豊かな牛タン料理を堪能したのは
初めてではなかろうか!
ってくらい、楽しい牛タンNIGHTでした。




--------------------
牛タン×ワイン ふかざわ 浜松町本店
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都港区浜松町1-28-13 ムーンストリート大門 3F
電話 : 050-5591-0502
--------------------




スポンサーサイト




tag : 浜松町~田町
 ≫和食 | 【2017-03-11(Sat) 23:22:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【神田】堀 堀~hori hori~ ~神田駅前スグの好立地な個室居酒屋★お得なコースで幹事もラクチン♪



思い立ったらスグ宴会。

そんな時に便利な食べログさん。笑

場所の神田駅スグの個室な居酒屋で検索して
食べログ限定コースで予約して完了☆

人数少なければ幹事もラクチン~♪ ヽ(´▽` )/~♪



神田駅南口から高架沿いに秋葉原駅方面へ。

1階にローソンのネオンが煌々といているビルなのですぐにわかりました。



なにやら、手作りDIYでアレンジした古民家風なかわいらしい個室。

一番のお気に入りは、厚み20cmは超えようかという肉厚なお座布団。
おしりをぼむっと跳ね返すほどのクッション性は、
まるでバランスボールに乗っているかのような楽しさ。



【ジンジャエール】

本日予約したコースは、
【食べログ限定!歓送迎会コース♪絶品鍋付き10品5500円⇒4,500円♪】

飲み放題付きの幹事さん手軽なコース。

とりあえず乾杯のジンジャエールは
メニューを見なくてもオーダーできる手軽さ。笑



【ごま油風味のナムル】、【自家製食べるラー油の冷ややっこ】

2種類の前菜がスマートにひと皿にまとまった前菜。

ナムル大好きなので、山盛りもひと口でぱくり。笑



【炙りカリカリベーコンのシーザーサラダ】

温玉をとろりとくずす楽しみ♪

たっぷりの粉チーズとクレイジーソルトなスパイスが
もりもりとサラダを食べ進めさせてくれます。



【おすすめ鮮魚 お刺身5点盛り】

サーモン、タコ、ブリ、メダイ、カツオ。

厚切りなお刺身も目玉だけど、
アグレッシブな青シソの方が目立ってる
なんとも斬新な盛付け。笑

お造りのツマは食べないという人も多いけど、
シソ大好きなのでピンとハリのよいツマが添えられていると嬉しい。



【皮つき手作りポテトフライ】、【さくさくタコのから揚げ】

揚げ物まつりなひと皿。

ビール派が嬉しそうにつまんでおりました。 (*^^*)



【イベリコ豚の肩ロースグリル】

生ハムでおなじみの脂が美味しいイベリコ豚は、
グリル料理でもそのやわらかな肉質が活きてます。



【国産地鶏と季節野菜の鉄板焼き】

お鍋は想像のナナメ上をいく鉄板鍋でした。

国産地鶏な鶏肉にはサッと火が通っているので、
後は軽く温めるだけという手軽さも鍋奉行不在の宴会ではありがたし。笑



甘辛タレは濃厚だけど、キャベツやトマトが入ることで
野菜のフレッシュな甘みもプラス。

なんともご飯がススム鉄板鍋。



【トニックウォーター】

大好きなトニックウォーターが居酒屋さんに置いてあって嬉しい♪
もっといろんな居酒屋さんに置いてくれればいいのに~。



【炊込み御飯】

さっきの鉄板鍋のたっぷり残った甘辛味噌を〆に使うのかと思ったら、
なんとも意外な〆ごはん。

タコが入っていたので、たこ飯仕立てなのかな?

たっぷりご飯でお腹も満足。



【季節の甘味】、【ジャスミン茶(HOT)】

コースの〆デザート、季節の甘味は【パンナコッタ】。

ココナッツミルクの風味がしっかりしたムースに真っ赤なベリーのソース。
アジアン仕立てのパンナコッタでした。



にぎやかな声が店内に響いていたのでお客さんはたくさんいたようですが、
完全個室なので雑多感も見えないところがよかった。

個室も少数から多数までいろいろ対応できるようだし、
料理の品数もボリュームも満足なお得なコースだったし、
いろいろ使い勝手よさそうなお店でした。

今度はアラカルトで自慢の博多炭焼き串も食べてみたいな。 (o'∀'人)





--------------------
堀 堀~hori hori~
 ⇒ 食べログぐるなび
住所 : 東京都千代田区鍛冶町2-2-9 3F
電話 : 03-3526-4023
--------------------








tag : 神田
 ≫和食 | 【2017-03-04(Sat) 21:58:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【銀座】Adonis T table(アドニス ティ テーブル) ~ラグジュアリーな空間でゆったりのんびり和牛づくしのコースディナー♪



広々したテーブル、くつろぎのソファ。
隣のテーブルとのゆったりとした距離感。
1日3組のみの特別感。

“アドニス”ということで、ギリシャの白をイメージしたインテリアでしょうか。
ホワイトゴールドとやわらかなピンクは女神のようなエレガントさ。

ラグジュアリーな空間ももちろんですが、
なんと言っても一番はA5和牛づくしのフレンチコース。



和牛でしかもA5こだわりと聞くと、
霜降りじゅすぃーで重そうなイメージが先行するかもしれませんが、
コースを終えた後はあくまでもかろやか。

それは、コース構成に日本人がどうしても食べたくなる(笑)
パスタなどの“お食事”が無く、あくまでもお肉をいろんな手法で
のんびりと楽しませてくれるコースだから。



お肉よりお魚派の私なので、
『和牛のコースかぁ~ふーん』なんて感じでお店に向かいましたが、
帰る時には『いいねぇ!今度はアフタヌーンティーに来よう♪』と
すっかりお気に入りになっていました。 (*^^*)



お店は、銀座7丁目。

外堀通りから1本裏道に入ります。
お店の場所も隠れ家ちっく。



【Sans Alcool Duc De Montagne Classic】

はじまりは、ノンアルのスパークリングワインで。



【アミューズ】

牛ほほ肉のプチパイ。

美容に良い食材と、発酵バターのパイ生地で作る
“キレイになれるパイ”がお店の自慢のひとつ。

発酵バターは、酵素が作用することで栄養価が増すのだそう。
風味がよくて美味しいだけじゃないんだ!



【和牛のトウガラシの炙りカルパッチョ】

部位はハツ。
赤身の旨味がギュっと締まったさっぱりとコリコリ食感。
カルパッチョにぴったり。

バルサミコ、バジルソース、パルミジャーノと一緒に
たっぷりの野菜と頂くサラダ感覚のお肉料理。



【サンペレグリノ】

ガスミネはサンペレグリノがありました。



【パン】

リュスティックはオリーブオイルと一緒に。



【肩三角の燻製和牛】

夜のディナーメニュー、もうひとつの特徴は燻製肉。

月齢32か月の雌牛はキメ細かく、ふわりと漂う薫香がエレガント。
アクセントの竹炭の塩もまた健康的。



【スープ】

有機栽培のとうもろこしのポタージュ

とうもろこしだけで作った濃厚なポタージュ。
田中さん家のとうもろこし、甘くて香りもよろし。 (*^^*)



【ミスジのパイ包み】

A5和牛みすじのパイ包みに、
ロワールのホワイトアスパラ、ズッキーニ、紅芯大根のグリル野菜。

コクのある甘みのポートワインのソースが濃厚。
オリーブを乾燥させたパウダーがアクセント。

パイに包まれたお肉がやわらかで、
ミスジの赤身の繊細な旨味がギュっと凝縮されてる。



【白トリュフチーズケーキとガトーショコラ】

白トリュフ香るチーズケーキは、ワインのお供にもぴったりな
甘さ控えめの塩系スイーツ。

そして、ガトーショコラというよりトリュフショコラのような
生チョコのごとく濃厚でなめらか。
こちらもトリュフの香りがオトナなガトーショコラ。



自慢のお肉料理だけじゃなくスイーツも絶品とは!

と感動していたら、3月からティータイムにアフタヌーンティを始めるのだそう。
甘いもの好きとしては、このラグジュアリーなくつろぎ空間で
アフタヌーンティーが楽しめるとあれば気になってしょうがない。

次はアフタヌーンティーでお邪魔したいと思います♪



Adonis T tableの『T』は、TeaとTableの象徴ということで、
店内にはいろんなタイプのテーブルがありましたが、
やっぱり奥のゆったりしたテーブルがオススメ。

お気に入りのテーブルを狙って再訪したいと思います。 (*´艸`)





--------------------
Adonis T table(アドニス ティ テーブル )
 ⇒ 公式サイト食べログぐるなび
住所 : 東京都中央区銀座7-4-5 銀座745ビル 2F
電話 : 03-6274-6498
--------------------








tag : 銀座
 ≫各国料理 | 【2017-02-27(Mon) 22:02:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 | Home |  次のページ